サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂書店・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店店員

書店員:「MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店」のレビュー

ジュンク堂書店
MARUZEN&ジュンク堂書店|梅田店

松本清張映像作品サスペンスと感動の秘密 映画の創り手たちが語る松本清張映画化作品の全て 桂 千穂 (著)

松本清張映像作品サスペンスと感動の秘密 映画の創り手たちが語る松本清張映画化作品の全て

野村芳太郎監督!

「松本清張の登場で乱歩の時代は終わった」、「横溝ブームは社会派ミステリへのアンチテーゼ」、「社会派ミステリーが主流の中でデビューした島田荘司は激しいバッシングを浴びた」というような歴史観を刷り込まれて育ったせいか、ずっと「清張憎し」の感情が強かったのですが、しかし松本清張原作映画だけは違います(ただし、野村芳太郎監督作に限る)。
どれこれも迫真の物語と映像美で、何度見直しても飽きません。野村監督の傑作も清張原作映画に集中しているように思っていて、実は市川崑監督の金田一映画よりも思い入れが強かったりします。
しかし、野村芳太郎についてまとまった本がない! これは本屋勤めの人間としては由々しきことでありました。そんな状況へ登場した本書。編集意図としてはやはり野村芳太郎がメインのようで、200ページ中100ページ以上が野村監督作についてであり、岩下志麻や川又昂へのインタビューなど豪華な内容を堪能できます。
未ソフト化の「迷走地図」以外は、全てDVDを揃えているので、改めて全部見直さなければ、と思いました。

100 件中 1 件~ 20 件を表示