サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂書店・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

ジュンク堂書店 三宮店店員

書店員:「ジュンク堂書店三宮店」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|三宮店

半島へ 稲葉 真弓 (著)

半島へ

『半島の生活』。

半ばは思いつきで、半ばは説明できない確信に導かれて、「私」は半島での暮らしを始める。これまで定期的には訪れていた。半島に土地を購入し、自分の家を建てたからだ。
 風光明媚な半島の自然とすぐ近くにある森の神秘に囲まれて、日々の生活が淡々と、簡潔な文章で綴られる。時には家のそばの沼で埋められたボートの舳先に「舟の来歴」を思ってみたり、年老いた母を招待して、一緒にホタルの群れを見たり。 
 小説の中ほどから、重点は「私」の内面へと移る。不法投棄のごみの山とそこで起こった悲惨な事件への思いをきっかけに、若くして自ら死を選んだ親友のこと、肉体の老いに対してそれを認めようとしない精神とのギャップや、いくら住んでいるとはいっても、「地元」の人たちとは心底打ちとけ合えない「よそもの」の感覚、どんどんとネガティブな感覚が「私」を埋め尽くしてゆく。
 でもこれは最初から分かっていたことではないか、それをこれまでは隠しておこう、若いつもりでいよう、などと無理をしてきたのではないか、どこにも落ち着けない、さまよう魂の行き場はどこにあるのだろう。
最後に「私」はある決断をするが、それを導いてくれたのは「半島」の自然であり、「森」の生活だったのだと思う。二十四節気の暦に彩られた季節の移り変わりと、それぞれの事情で移り住んできた「ご近所」の人たちとのふれあいの賜物だと。

100 件中 1 件~ 20 件を表示