1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

ジュンク堂 福岡店/MARUZEN 福岡店(文具)店員

書店員:「ジュンク堂書店福岡店」のレビュー

ジュンク堂
ジュンク堂|福岡店/MARUZEN 福岡店(文具)

ハサミ少女と追想フィルム (角川ホラー文庫)佐島 佑 (著)

ハサミ少女と追想フィルム(角川ホラー文庫)

かわいすぎるハサミ少女と送る不思議なキャンパスライフ

「ねえ、遊んでくれるの?」

なんとなく美術大学に入学した都築道郎は、怪しげな先輩・檜垣と一緒にホラー映画を作ることになる。映画の資料として渡されたホラー映画を観ていた道郎だったが、突然の落雷と共に画面から大きなハサミを持った少女・カルミンが飛び出してくる!元の世界に戻ることの出来ないカルミンと一緒に過ごすことになった道郎は、この世のものではない存在『ハザマ』が起こす不思議な事件に遭遇するようになり……。

大学デビューに失敗した青年・道郎と、ホラー映画の世界より飛び出してきた不思議な少女・カルミンが送る、青春ホラーミステリー。作品としてはホラーよりも青春に比重をおいており、道郎の大学生活をメインにストーリーが進んでいきます。ホラー要素は薄めで、ホラーがかなり苦手でない限りは問題なく読める内容になっています。また、文体が軽妙で読みやすく、気がついたらかなりページが進んでいたのには少し驚きました。

道郎をホラー映画作りに誘う先輩・檜垣や、道郎のゼミ仲間で好奇心旺盛な女の子・速水理緒、そして『江古田の魔女』こと何でも屋の星野朱里など、個性豊かな人物たちが登場する本作ですが、個人的なお気に入りはやはりハサミ少女カルミン。この小説の半分はカルミンのかわいさで出来ている!!(キッパリ)

冒頭の台詞はそんなカルミンの一言。カルミンの遊び=ハサミによる惨殺なんですが、こちらの世界でのカルミンは人や物に触れることが出来ません。その事実を知ったカルミンは泣き出してしまう訳ですが、これはある意味こちらを殺しにきている(笑)。なおチャーハンを食べれなくて泣き出すシーンもかわいい模様。

100 件中 1 件~ 20 件を表示