サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂書店・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

ジュンク堂書店 難波店店員

書店員:「ジュンク堂書店難波店」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|難波店

歎異抄の近代 子安 宣邦 (著)

歎異抄の近代

多層な読みに浮かび上がる親鸞の〈信〉

近代日本の知識人たちの多様な「親鸞」体験に、思想史家子安宣邦が対峙する。本書は、実に多層的で立体的な読書体験を与えながら、そこに浮かびあがってくるのは、やはり親鸞の〈信〉であった。
 蓮如が封印したといわれる『歎異抄』を現代に再生したのは、暁烏敏である。だが、『歎異抄』の「悪人正機」を強調する暁烏の読みは、己れの罪悪を徹底的に許されるものとして恐れない〈悪人ぼこり〉に陥っており、親鸞の〈信〉とは違う、と子安は言う。
暁烏の〈悪人ぼこり〉の元となっているのは、性欲に由来する罪悪感であり、それは、暁烏の『歎異抄』を読んだ倉田百三の『出家とその弟子』を経て、丹羽文雄の〈愛慾〉小説へと繋がっていく。
 戦後になると、野間宏は〈民衆とともに生きる親鸞〉を書き、〈大衆の原像〉を唱え続けた吉本隆明は、「ただ還相に下降する目をもって〈衆生〉のあいだに入り込んでゆく」親鸞を語った。
 子安は、処女作に『パスカル』、遺稿として『親鸞』を持つ三木清の「親鸞」体験を評価、「弥陀の本願は親鸞一人がためなりけり」に「弥陀即凡夫」の〈根源的な事実〉を見い出す滝沢克己のインマヌエル(神われらとともに在す)哲学に、自らの「親鸞」体験と同じ「重さ」を感じ取る。イエスと親鸞の邂逅である。
 子安の「歎異抄の近代」研究の出発点は、古書展における石和鷹の小説『地獄は一定すみかぞかしー小説暁烏敏』との出遭いだったという。そして、同じく古書店で滝沢克己の『「歎異抄」と現代』を買い求めたことが、最終章に到達させた。『歎異抄』は、そこで子安を待ち構えていたのだ。

100 件中 1 件~ 20 件を表示