サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂書店・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

ジュンク堂書店 松山店店員

書店員:「ジュンク堂書店松山店」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|松山店

傷を愛せるか 宮地 尚子 (著)

傷を愛せるか

救護者、立会人、予言者

旅先、臨床現場での出来事、感じ入った映画や情景をつづった、精神科医のエッセイ集だ。
タイトルに疑問を感じ手に取る。

傷は愛するものか。
治癒する側にとって、患者の傷を愛することは必要か。
なぜ問うのか。
問うて誰に何を確かめたいのか。

いざ読んでみると語り口は軽快で、視覚的で美しく、すいすい読める。決して「症例集」ではないことがそれを手伝い、読み手の層を拡げ、私のようなただの書店員も購読者になる。
映画「海を飛ぶ夢」、「春夏秋冬、そして春」など、目や心に静かに訴える作品が紹介されている。
味わい深いと思った装丁が何を模しているのか、読み進めるうちに知ることになった。

結局のところ、著者は永遠に自己に問い続けるだろう。その行為自体がアイデンティティーなのかもしれない。
問い、自分の座標を確認し、「傷を愛せないわたしを、あなたを、愛してみたい」と言う。
人間は人間であることから逃れられないがために苦しむ。
凄惨な爆心から目を背けず、痛みに寄り添い、和らげ、あなたは幸せになれるよと予言し、祈る、そんな著者の真摯な横顔は美しい。

100 件中 1 件~ 20 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。