1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

ジュンク堂 那覇店/MARUZEN那覇店(文具)店員

書店員:「ジュンク堂書店那覇店」のレビュー

ジュンク堂
ジュンク堂|那覇店/MARUZEN那覇店(文具)

なぜ、いま東アジア共同体なのか 東アジア共同体研究所 (編)

なぜ、いま東アジア共同体なのか

「沖縄を平和の要石に」という考え方

著者の中心である鳩山元総理は現在、東アジア共同体研究所の創立者にして理事長。
これは平成25年設立のシンクタンクで、昨年には琉球・沖縄センターができました。
その際の講演では、あの「最低でも県外」を総理在職中に果たせなかったことを、沖縄の人たちを前にはっきりと言葉に出して謝罪し「これからは本当に沖縄のために」と強い決意を表明されました。

さてこの「東アジア共同体」とはいったい何なのか、何を目指しているのでしょう。
そんな必要あるのか? という考え方ももちろんあると思います。
しかし、一つの海を取り巻く周辺諸国が共同体を構成することは決して特殊なことではありません。
そういうわけで「東アジア共同体」というものも非現実的なことではなく、研究の価値は大いにあるようです。

ここでは内容から一つだけご紹介します。

~沖縄を平和の要石に~
東アジア共同体の拠点を沖縄に置き、軍事力ではなく平和の要石としたい。

これが鳩山さんのいまの考えです。
沖縄サミットのときに「万国津梁」という言葉が有名になりました。
世界の国々の架け橋となるという意味なのですが、これは沖縄が琉球王国の時代からあった言葉です。
KeystoneofthePacificという言葉よりもずっと前からあったのですよね。

もちろん考え方はいろいろです。
200を超える国が存在するこの世界で、絶対的正義とか、完璧な正解は存在しないかもしれません。
だからこそ、そんな「いろいろ」を読み聴きして、研究していくことも大切です。戦うだけではなく。

社会科学書担当 成田すず

100 件中 1 件~ 20 件を表示