1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

ジュンク堂 MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店店員

書店員:「MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店」のレビュー

ジュンク堂
ジュンク堂|MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店

赦す人 団鬼六伝 (新潮文庫)大崎 善生 (著)

赦す人 団鬼六伝(新潮文庫)

怪物VS怪物

団鬼六といえば、言わずと知れたSM小説の巨匠だが、ぼくたちの世代には『真剣師小池重明』の著者として認識されている。
書店店頭で派手に展開された幻冬舎文庫創刊ラインナップの中から何気なく本書を手に取り、天才棋士のとても実話とは信じられない破滅的な生き方にノックアウトされた人は、周りにたくさんいた。
「こんなとんでもない面白本を掘り出してくる幻冬舎アウトロー文庫は、片端から全部読まねば!」などという衝動に駆られたものだ。(もちろん実行していませんが)
『真剣師小池重明』を読むと、怪物のような主人公の行動ももちろん魅力だが、その怪物の全てを大きく包んでしまう著者・団鬼六の存在にも興味を抱かざるを得ない。
小池に何度も裏切られ、そのたびに腹の底からの怒りを覚えても、結局は赦してしまう。「器が大きい」という言葉では全く説明できない。団鬼六もまた怪物なのか? そんな感想を持った。

本書『赦す人』はタイトルだけで「小池重明との関係が語られているはず」と、ピンと来る。しかし、実はそれだけではない。団鬼六は生涯にわたって、凡人にはとてもまねのできない豪快さで、自分の周り全てのものを赦し続けていたのだ。
それにしても、団鬼六はやはり怪物だった。波瀾万丈の一生をなぞるだけで、小池重明にじゅうぶん匹敵する面白さ。巻を措く能わずとはこのこと。
父母を語るのっけから、国木田独歩や直木三十五が登場。その生涯は、メジャーからアングラまで錚々たる人々に彩られている。
本人はといえば、女遊びと投資と借金と夜逃げをひたすら繰り返す日々。つかの間の安息が訪れても、すぐさま自分でひっくり返してしまう。これも死ぬまで続く展開だった。

本書はほぼ全てが団鬼六本人からの聞き書きであり、事実の裏が取れていないエピソードも多いと、作中で著者は告白している。
それが、結果的に団鬼六自身が望んだ伝記=作家的想像力で装飾した物語となり、『真剣師小池重明』に匹敵するノンストップ読み物に仕上がっている。
とはいえ、著者の手腕も鮮やかで、例えば私小説と思われた晩年の短編がほぼ創作であったことを取材から見抜き、そこから団鬼六の愛憎、それをまた赦してしまう懐の深さへと話を展開していく。

ここはやはり一世を風靡したというSM小説にも手をのばすべきか?
いや、でもどうしてもその手の小説は読む気になれない。
……というような方にも普通におすすめできる一冊です。

100 件中 1 件~ 20 件を表示