サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂書店・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

ジュンク堂 那覇店/MARUZEN那覇店(文具)店員

書店員:「ジュンク堂書店那覇店」のレビュー

ジュンク堂
ジュンク堂|那覇店/MARUZEN那覇店(文具)

証言と遺言 福島 菊次郎 (著)

証言と遺言

「一番小さな声」を聞く写真集

2012年公開のドキュメンタリー映画「ニッポンの嘘」で鮮烈な印象が残るかたも多いかもしれません。福島菊次郎さんは90歳を超えてなお活躍を続ける現役フォトジャーナリストです。
表紙の写真は、広島で被爆し、原爆症に一生苦しみ続けた中村さんというひとりの男性。
こうして繰り返し襲ってくる発作に生活もままならず、悲惨な人生を強いられました。
原爆投下時に命を取り留めても、このようになってしまった犠牲者は数知れません。
菊次郎さんのようにそれを記録し、伝え続けてくれる人がいなければ、知られることすらなかったかもしれません。
常に弱いものの側に立ち、その一番小さな声を代弁しようとすること。
それがこの本にこめられた精神で、そこには「復興」とか「繁栄」といった温かく華やかなものからこぼれ落ちてしまった人たちの存在がぎっちりと、ものすごく濃密に焼き付けられています。
だからこれは犠牲と苦しみの写真集です。
その写真を通して感じる、たとえば動悸のような、あるいは震えのようなもの。これが「声なき声が伝わってくる」ということなのかもしれません。
戦争で一番に犠牲になり、最後まで救われないのは誰だろう?
それは、この写真集を手にしたときにずっしりと感じる重みが教えてくれます。

社会科学書担当 成田すず

100 件中 1 件~ 20 件を表示