サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂書店・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

ジュンク堂書店 ロフト名古屋店店員

書店員:「ジュンク堂書店ロフト名古屋店」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|ロフト名古屋店

虫の虫 養老 孟司 (著)

虫の虫

虫の世界。虫は世界。

 『虫の虫』というタイトルの通り、「虫好き」と名高い養老孟司先生が、「虫」についてみっちりねっとり余すことなく観察した一冊である。
 「虫の本」だからといって、この本には「虫」についてだけ書かれているわけではない。正直に言うと、私は虫を侮っていた。虫は虫だけで語れないのである。
 きっかけこそ虫だが、虫のほんの小さな器官ひとつから人間の体のことや、生物の進化にまで話は広がる。
 虫が虫たる理由には、虫自身の事情だけではなく、当然ながら虫を取り巻く環境なども大きく関ってきている。
 しかし、それだけでは到底説明できないような変な生態を持った虫が多く存在するから、虫の世界は奥深く、だからあれこれと視点を変えて虫を観察するのだと言う。
 不思議なことに、読んでいるうちに、まるで人間まで虫に支配されているような感覚になるのが少し不気味で面白い。
 個人的な所感だが、思えば、人間を描写する時「本の虫」「腹の虫」などと言うように、しばしば「虫」という単語を用いられることも多いのだから、人間が虫によって操作されていてもおかしくないのかもしれないと思ってしまった。
 それどころか実は世界は虫のためにあるのでは……とついつい深読みしたくなってしまう、興味深い一冊だ。

100 件中 1 件~ 20 件を表示