1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

ジュンク堂 三宮駅前店店員

書店員:「ジュンク堂書店三宮駅前店」のレビュー

ジュンク堂
ジュンク堂|三宮駅前店

ONE PIECE 巻12 (ジャンプ・コミックス) (ジャンプコミックス)尾田 栄一郎 (著)

ONE PIECE 巻12 (ジャンプ・コミックス)(ジャンプコミックス)

祝!ギネス世界記録認定

 2015年7月1日現在、77巻まで刊行されている『ワンピース』ですが、あえてこのタイミングで12巻を取り上げてみました。なぜかといえば、私がルフィに惚れたのがこの巻を読んだときだからです。
 グランドライン突入直後に遭遇するアイランドクジラのラブーン。彼は50年前に交わした約束を信じて、ある海賊たちを待ち続けていました。噂では、その海賊たちはすでにグランドラインから逃げ出し行方知れずになっているとか。ラブーンも噂の内容は理解しているのですが、約束を忘れたところで生まれ故郷のウエストブルーに戻れるわけもなく、やり場のない感情をぶつけるかのようにレッドラインへ体当たりする毎日なのです。そこへ現れた麦わらの一味。ラブーンの面倒を見続けている医者クロッカスの話を聞きながらしんみりとしていたところへ、なぜか一人メリー号のマストをへし折ってラブーンの背中をひた走るルフィ。そして、ここでしか登場しない大技「ゴムゴムの生け花」が炸裂!!
 最初に読んだとき、まったく意味不明な行動に度肝を抜かれました。そして、その後に「おれはお前のライバルだ」と宣言し、この場所で待ち続けるための新しい約束を交わす。決して「仲間」とか「友達」というナマ優しい言葉を使わずに「ライバル」という言葉を選ぶあたり、凄い力技を使っているようで、おそろしく繊細な気遣いがなされています。まさに『ワンピース』という作品が持つ魅力を端的に表現している名場面ではないでしょうか。よかったら再読してみてください。

100 件中 1 件~ 20 件を表示