サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂書店・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

ジュンク堂書店 那覇店/MARUZEN那覇店(文具)店員

書店員:「ジュンク堂書店那覇店」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|那覇店/MARUZEN那覇店(文具)

テロリストの息子 ザック・エブラヒム (著)

テロリストの息子

悲しみが報復の渦になる前に

著者ザック(以下Z)はアメリカ人のイスラム教徒の家庭に生まれました。
実の父親がZがまだ子どもの時にテロ事件を起こしてしまいました。
一度目はユダヤ系活動家の暗殺。そしてもうひとつは、日本でも大きく報道された1993年の「ワールドトレードセンター爆破事件」です。
父親はこの裁判により終身刑プラス15年という判決を受けて収監されています。
爆破事件の映像は今も鮮明に覚えています。あのテロの計画犯のなかにわたしとほぼ同世代の子どもをもつお父さんがいたなんて、考えもしませんでした。

Zとその一家は、父親の非道な行いによってもみくちゃの人生を歩むこととなります。
暗殺事件をもって父親をヒーローと崇める者もあれば、イスラム教徒に対する激しい憎悪をぶつけてくる者も。
さらに学校でのいじめや、母親の再婚相手による虐待。
Zがまっすぐに生きていく要素なんか何もないようにさえ思える、悲惨な少年時代が本人の言葉によって語られます。
でもZは人を殺したり傷つけたりする大人にはなりませんでした。
いま彼は、多くの人々に語りかけます。
「父は道を見失ってしまった。だからといって僕が自分の道を見つけられなくなる、ということはなかった」

テロの連鎖はこのまま止まらないかもしれない。次は日本だってありえなくない。そんな絶望感がわき上がることがあります。
けれど、テロ事件が起こるたびに、被害者と加害者、そしてたくさんのZの家族が増えていくのだと思うと、絶対にこれはどこかで止めないといけません。
Zの言葉や生き様は決して奇跡なんかじゃなく、差別や憎悪、報復の連鎖を断ち切るために必要なことを体現しているんだと思います。
 社会科学書担当 成田すず

100 件中 1 件~ 20 件を表示