1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

ジュンク堂 ロフト名古屋店店員

書店員:「ジュンク堂書店ロフト名古屋店」のレビュー

ジュンク堂
ジュンク堂|ロフト名古屋店

市民のための世界史 大阪大学歴史教育研究会 (編)

市民のための世界史

阪大の挑戦

 必修だから…受験のため…こうした理由で世界史を学ぶと、どうしても大量の年号や用語を「覚える」歴史になりがちである。そして、大学で歴史学を専攻でもしなければ、大半の人は歴史の勉強とは「覚える」ことだと思ったまま社会に出て行くことになる。これでは「過去の出来事を覚えて何の意味があるの?」といわれても仕方がない現実がある。大阪大学歴史教育研究会(歴教研)は、こうした状況を重く見、歴史教育のあり方を再考し、様々な意欲的な取り組みを行っている。大学教養課程の教科書として構想・執筆された『市民のための世界史』はそのひとつの成果である。
 従来の世界史は各国史の寄せ集めになりがちであり、これこそ歴史教育が用語の暗記と羅列に終始してしまう一因である。「つながり」と「ながれ」も地域(ヨーロッパ、イスラーム世界、東アジアなど)内レベルにとどまるものが多い。そして何よりも日本史が世界史から切り離されてしまっており、日本と世界が相互に与え合った影響や歴史的な意味が掴みづらくなっている。こうした現状の歴史教育の欠点と最新の研究を踏まえ、日本を含む東アジア史と西洋史との「つながり」と「ながれ」を把握できるようになることが意識されている。各国史の集合ではなく真の意味で「世界史」を学ぶことを念頭にしている。
 他の世界史教科書と比べれば、暗記しなければならないような用語や年号は圧倒的に少ない。この本が描くのは「覚える歴史」ではなく「考える歴史」である。「なぜ、そうなったのか?」「そうしたことで、どんな影響があったのか?」各節目毎に置かれた問いに対する答えを考えることで、過去の出来事のながれを掴むだけではなく、歴史的な思考力を高めようという試みもなされている。
 歴史の因果関係だけを示して「ながれ」をわかった気にさせてくれる本ではない。そういうものと比べると難易度は高いかもしれない。しかし、知識だけにとどまらない、そこから考える歴史を学びたいというならば、本書は優れた道標となってくれるであろう。

100 件中 1 件~ 20 件を表示