サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂書店・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

書店員:「ジュンク堂書店福岡店スタッフ」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|福岡店/MARUZEN 福岡店(文具)

ライオンはとてつもなく不味い (集英社新書)山形 豪 (著)

ライオンはとてつもなく不味い(集英社新書)

※グルメ本ではありません

少年時代を西アフリカで過ごし、日本での学生生活になじめなかった著者は青年期をタンザニアで過ごした。現在は南アフリカを拠点とするカメラマンとして活躍し、本著には「死ぬ間際のライオン」や「目を見開き唸り声を上げるカバ」、「母親のもとへと駆けていくチーターの子」など、非常に魅力的な写真が掲載されている。
ところでライオンの肉を食べたことのある日本人ははたしてどれくらいいるのだろうか。
ちなみにその肉はタイトル通り、とてつもなく、不味いらしい。
どういう経緯でライオンの肉を食するに至ったのかと興味本位で手に取ったわけだが、結果として、自らの生活圏にライオンがいるアフリカの人々と、檻やファインダー越しでしか接することのない我々の捉え方には大きな開きがあることを改めて認識することとなった。
威嚇するカバやサイを前にしても、ファインダー越しに対峙していると、感覚が麻痺してしまうというから恐ろしいことこの上ないが、知識さえあれば危険を回避できる可能性の高い野生動物よりも、結局は一番人間が怖いのだという事例も多々紹介されており、様々な角度からアフリカの姿を垣間見ることのできる1冊であった。

100 件中 1 件~ 20 件を表示