1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

書店員:「書標(ほんのしるべ)」のレビュー

ジュンク堂
ジュンク堂|丸善ジュンク堂書店 書標編集室

物語戦略 岩井 琢磨 (著)

物語戦略

丸善ジュンク堂書店のPR誌「書標」2016年7月号より

本書は、競争優位を勝ち取るためにイノベーションなどと並んでシンボリックなストーリーを経営資源としてとらえ、うまく活用している実際の事例を紹介し、モデル化し提示している。
本書の中心概念であるシンボリックストーリーとは(1)企業の強みを象徴、(2)企業の戦略方針に合致、(3)思わず人に話したくなる、この三つを満たすものとして定義される。実例として登場するのが近大マグロであり、ボルボであり、ヴィトンであり、ノードストロームなどである。フレームワークを知っていようと、単純にマネが出来ないのがこの戦略の特徴であり、その企業独自のストーリーが必要になる訳だが、本書が興味深いのは、どのような企業であってもストーリーを創りだす事が出来るという点、さらにそれで終わらず、具体的にそれを可能とするためのフレームワークを提示している点にある。これらが顧客価値、競争優位性、儲けの仕組みを高めるのだ。
経営戦略とストーリーを結びつける試みについて近年少なからず書籍が刊行されている。楠木『ストーリーとしての競争戦略』(東洋経済新報社)は多くの読者を獲得したことも記憶に新しいし、川上徹也『ずっと売れる!ストーリー』(日本経済新聞出版社)なども文庫化された。本書も経営学の専門書にあって一般的に賛同を得やすい内容だろう。また、登場するエピソードはどれも興味深く、一度や二度見聞きした事のあるものがほとんど。これらの事実がまた本書を説得力のあるものにしている。雑学的に読むというスタンスでも面白い。

100 件中 1 件~ 20 件を表示