サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂書店・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

書店員:「ジュンク堂書店ロフト名古屋店」のレビュー

ジュンク堂
ジュンク堂|ロフト名古屋店

働きたくないイタチと言葉がわかるロボット 人工知能から考える「人と言葉」 川添 愛 (著)

働きたくないイタチと言葉がわかるロボット 人工知能から考える「人と言葉」

なんとイタチが主人公

あるところに「イタチ村」という村がありました。その村にはイタチたちが住んでいて、「もう働きたくないなぁ、働かなくてもいいようにならないかなぁ。」と考えていました。
ある日、村に魚の形をしたロボットが現れ、ひょんなことから、イタチたちにロボットを作る計画が持ち上がります。さて、なんでも言う事を聞いてくれるロボットをイタチたちは作ることができるのでしょうか…?

著者は、「白と黒のとびら」(東京大学出版会発行)や「精霊の箱 上・下」(東京大学出版会発行)で注目された川添愛氏。
理論言語学と自然言語処理という異なる言葉の世界を研究してきた著者が本書で明らかにするのは、『「言葉が分かる」とはどういうことか?』だ。
本書は物語の形式で解説が進むため、各章で繰り広げられるイタチのお話を通して、人間と機械の知性の比較や人工知能技術の現状を掴みやすい。
始まりはロボットをつくる場面だが、さらに読み進めると、自分自身の言葉の使い方やものの考え方を自然と振り返ることができる。
第三次人工知能ブームが到来した現在、人工知能が人間の知性を超えるのか、シンギュラリティの訪れは近いのかなどと各所で議論も白熱している。そんな今だからこそ、我々人間の「わかり方」や「わかる力」を問うた本書は幅広い世代に読んでほしい。版画による挿絵や装丁も、あたたかみがあり美しい。

PC書担当 中村

100 件中 1 件~ 20 件を表示