サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂書店・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

書店員:「担当者」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|プレスセンター店

星星の火 2 福田和代 (著)

星星の火 2

通訳捜査官・城正臣と、相棒の上月刑事が帰ってきた!

通訳捜査官・城正臣と、相棒の上月刑事が帰ってきた!
警視庁の通訳センターで、中国語を担当する型破りな通訳捜査官・城正臣は、奥さんに逃げられ、4歳の娘を抱えて育児と仕事に奔走する「イクメン」。
官舎の隣に住むのは、保安課に勤務するカタブツの刑事・上月千里。

前作『星星の火』(双葉社文庫)で、池袋に根づく中国人社会にどっぷりとつかった彼らが、今度は謎の組織「赤い虎」に対峙します。
いちど罪を犯したけれど、なんとか立ち直ろうともがく李学智、彼の更生を支援する運送会社の社長、ふたたび悪の世界に引きずりこもうとする房啓天。
売春組織の摘発や、殺人事件の捜査を通じて、城と上月は少しずつ「赤い虎」の正体に迫るのですが――。

今回のテーマは、「更生」と「コミュニケーション」です。著者は、『バベル』(文藝春秋)、『怪物』(集英社)など、人と人をつなぐ「言葉」と「コミュニケーション」をテーマに取り上げてきましたが、『星星の火』シリーズで登場した「通訳捜査官」の存在にも、ぜひご注目ください。
中国と日本。今後いっそう身近に感じることが予想される「隣人」の存在に、思いを馳せる一冊です。
前作『星星の火』と合わせて、ぜひ。

100 件中 1 件~ 20 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。