サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂書店・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

書店員:「ジュンク堂書店福岡店スタッフ」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|福岡店/MARUZEN 福岡店(文具)

アニマル・ファーム (ちくま文庫)石ノ森章太郎 (著)

アニマル・ファーム(ちくま文庫)

本当に怖いもの

本著はジョージ・オーウェルの「動物農場」、小松左京の「くだんのはは」、
そして「牡丹燈籠」を原作、またモチーフとして石ノ森章太郎がコミック化したものである。
表題の「アニマルファーム」は人間に使役され続けた動物たちが反旗をひるがえす物語だ。
リーダーシップをとった豚を筆頭に、人間と戦い、そして勝利をおさめた彼らは自由となり、平等で幸福な生活を得るはずだった。
戒律を定め、組織化し働き続ける動物たちはこれからどうなっていくのか。
平等を謳うロシア革命がスターリンの独裁体制へと変質していく様子を描いた風刺的な作品であるが、そういった歴史的背景を知れば、より動物たちの台詞に込められたものがみえてくるだろうし、たとえそれを知らなくとも、きっと読者は最後のページにぞっとするものを感じずにはいられないだろう。
「くだんのはは」「カラーン・コローン」は怪談でありそしてSF的な要素もある作品だが「アニマルファーム」とは違った「人」の恐ろしさがみえてくる。
濃厚な1冊をぜひ楽しんでいただきたい。

100 件中 1 件~ 20 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。