サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂書店・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

書店員:「ジュンク堂書店福岡店スタッフ」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|福岡店/MARUZEN 福岡店(文具)

カモフラージュ 松井 玲奈 (著)

カモフラージュ

誰かに擬態するのは明日のため

元AKBの人気メンバーとして活動され、現在は役者をされている松井玲奈さんのデビュー短編集です。
どの話を読んでも満遍なく怖いです。秋本グループといえば、乃木坂48のメンバー高山一実さんが執筆した『トラペジウム』がヒットし、「表紙の女の子はどこか私に似ている」と、乃木坂48の西野七瀬さんが発言したことでも話題になりました。しかし、松井さんのこの短編集、絶対にモデルにはなりたくありません。なぜなら、全ての作品に縦横に張り巡らされた、松井さんの観察眼が鋭すぎて、自分や他者の身体に感じる違和感を否応なく何度も突きつけられるからです。このような方がかつて歌い、踊り、握手会でファンと触れ合っていたのかと思うと唖然とします。
傷を隠すための絆創膏。恋人と逢う前に行う歯磨きの儀式。眠っている夫の身体に見つけた桃の様な形状。他人と囲む鍋、メイドとして生きていくために食べなければならない人型のクッキー。誰が考案したのかわからないベーコンエッグおにぎり。私たちの毎日は誰かと触れ合わずには生きていくことはできなくて、しかしそれによって生まれる肉体と肉体の摩擦の一番いやな点を松井さんは正面から描いています。しかし、その摩擦によって生まれるのは絶望ではなく、未来です。
「いとうちゃん」という、メイドカフェで働く女の子の話があります。彼女は地方から、メイドになることを夢見て上京しました。彼女の頭の中には常に、「不思議の国のアリス」が憧れの世界としてありました。しかし「アリス」という名のメイドになることは叶わず、「いとうちゃん」というニックネームをつけられ、彼女はストレスからカロリーの高い賄いやお菓子を食べてどんどん肥えてゆきます。アリスのように別の世界に行きたい。しかし叶わない。太ったことで彼女はメイド喫茶での立場をあやうくしてゆきます。痩せればいいではないか、そう思う人がほとんどでしょう。しかし、結果彼女はそうしませんでした。彼女はアリスが不思議の国、知らない世界へと落下していったように、自分の身体ではなく、考え方を変えることで「違った世界の」アリスになることに成功します。これは、ショービジネスの世界を知っている松井さんだからこそ描けた、唯一無二のアリス論なのではないかと思います。
「好きじゃなくなった時間が長くなったら、私はきっとこの体に新しい好きとか嫌いを重ねて生きていくんだ。」というせりふもあります(「拭っても、拭っても」)。いきものが身近な誰か、憧れの誰かに擬態するのは、決して自分を消しているわけではありません。工夫することで明日の自分を作りだし、生きてゆこうとしているのです。それは姑息な手段ではありません。そのことを思い出させてくれる短編集です。

100 件中 1 件~ 20 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。