サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(0810-13)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 42件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/06/08
  • 出版社: 河出書房新社
  • レーベル: 河出文庫
  • サイズ:15cm/247p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-309-41375-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

火口のふたり (河出文庫)

著者 白石 一文 (著)

結婚式を控えて、従兄の賢治と久しぶりに再会した直子。しかし彼は、かつて快楽のすべてを教わった、直子の初めての男でもあった―。挙式までの五日間、理性と身体に刻まれた記憶の狭...

もっと見る

火口のふたり (河出文庫)

税込 649 5pt

火口のふたり

税込 649 5pt

火口のふたり

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 7.7MB
Android EPUB 7.7MB
Win EPUB 7.7MB
Mac EPUB 7.7MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

結婚式を控えて、従兄の賢治と久しぶりに再会した直子。しかし彼は、かつて快楽のすべてを教わった、直子の初めての男でもあった―。挙式までの五日間、理性と身体に刻まれた記憶の狭間で、ふたたび過去へと戻っていくふたり。出口の見えない、いとこ同士の行きつく先は?恋愛小説の名手・白石一文が描く、極限の愛。【「BOOK」データベースの商品解説】

「私、賢ちゃんの身体をしょっちゅう思い出してたよ」 挙式までの5日間、抗いがたい欲情に身を任せる、いとこ同士の賢治と直子。出口の見えない、男と女の行き着く先は? 不確実な世界の、極限の愛と官能を描く。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

白石 一文

略歴
1958年福岡県生れ。文藝春秋勤務を経て、2000年『一瞬の光』でデビュー。09年『この胸に深々と突き刺さる矢を抜け』で山本周五郎賞、10年『ほかならぬ人へ』で直木賞受賞。近著に『翼』『幻影の星』。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー42件

みんなの評価3.0

評価内訳

紙の本

人はいかに生きるか!この疑問を徹底的に追及した作品です。

2016/11/02 10:20

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、白石一文氏の比較的新しい作品です。内容は、結婚を控えた従妹の直子と主人公の賢治は久しぶりに再会します。そこで、二人は昔のように、挙式までの5日間、婚約者が出張に出ているのをよいことに、体を重ねあいます。読者からの感想として、「これは近親相姦のエロ小説だ」という旨の意見が結構あるようです。しかし、私は、この主人公の境遇、従妹の直子の置かれた立場などを考えると、これは表面的ではない、背後に深い意味があると思えてなりません。それは、「人は如何にして生きるのか」という問いではないでしょうか。意見が大きく分かれる作品ではありますが、ぜひともご一読いただき、自ら確かめていただきたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

破滅的な愛の行方

2022/05/06 07:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

いとこ同士という背徳的な関係と、日本の国土の不確かさが上手くマッチしていました。いつか終わりが来ることを覚悟の上で、つかの間の快楽を享受するしかないのかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

繊細さはないけれど良かった

2021/02/16 21:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオバロニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

他人と結婚するまでの僅かな時間を惜しむように元恋人同士が、寝る間も惜しんで好きなものを作っては食べ、あてもなく出掛けて、セックスを繰り返す話。やってることはウエットなのに、どこかドライな描写で、性と生に変に意味を持たせようとしてない所は好感が持てる。

終盤で災害をトリガーにしていて、扱ってるトピックの割に展開が雑(に見える)なところが評価が分かれるポイントなんだろうなと思うけど、人ひとり描くのに災害なんて過ぎ去っていくイベントでしかなくて、そういうどこか捨て鉢だけど確かな虚無感と生の実感とがない交ぜになった感じが心地良いのかな。。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

あの震災のあと……

2021/01/28 16:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エムチャン - この投稿者のレビュー一覧を見る

というリアル感は、あるのだけど、男性のポリシーのない性格も、結婚式数日前の女性のあまりにも身勝手な行為にも、とてもではないが、納得できなかった。純愛なんて呼べないと思うし……。あと味の悪さだけ……。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/03/13 18:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/30 23:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/28 16:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/05/18 22:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/08/01 01:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/03/24 19:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/06/10 08:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/04/03 19:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/08 16:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/05/17 13:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/03/07 07:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。