サイト内検索

詳細検索

講談社BOOK特別価格

暮らし実用・児童書絵本・雑誌ポイント最大40倍(~9/1)

ドミニオンへの招待

立ち読みする

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2012/04/01
  • 販売開始日:2012/04/01
  • 出版社: ホビージャパン
  • ISBN:9784894259782

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

ドミニオンへの招待

著者 GameJAPAN編集部編

ドイツ年間ゲーム大賞を受賞するなど、全世界で大人気のカードゲーム「ドミニオン」の攻略本。基本セットに加えて、拡張セット「陰謀」「海辺」に収録さ れた全79種類の王国カード...

もっと見る

ドミニオンへの招待

484(税込)

ポイント :4pt / 紙の本より1,244おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win

ドミニオンへの招待

1,728(税込)

ドミニオンへの招待

ポイント :16pt

現在お取り扱いができません

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS .book 22.4MB 無制限
Android .book 22.4MB 無制限
Win .book 22.4MB 無制限

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ドイツ年間ゲーム大賞を受賞するなど、全世界で大人気のカードゲーム「ドミニオン」の攻略本。基本セットに加えて、拡張セット「陰謀」「海辺」に収録さ れた全79種類の王国カードのオールカードレビューや、デッキ構築のコツ、ドミニオン版「何を取る?」など、ゲームジャパン編集部ならではの切り口でドミ ニオンを攻略していきます。すべてのドミニオン・プレイヤーに送る、究極の1冊です。

目次

  • 序章 はじめてのドミニオン
  • 第一章 オールカードレビュー
  • 第二章 サルでもわかるデッキ構築のススメ
  • 第三章 ドミニオン版 何を取る?
  • ドナルドX. ヴァッカリーノ インタビュー
  • 新セット「錬金術」イラストレビュー1
  • 新セット「錬金術」イラストレビュー2
  • カード別FAQ
  • 索引

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2010/03/22 17:54

投稿元:ブクログ

ドミニオン、やったことがないのにこんな本を買ってしまう私はちょっと馬鹿。

でもおもしろそうですなあ。

2010/04/25 16:48

投稿元:ブクログ

ドミニオンのプロモーションカード、「へそくり」に付いている攻略本です(笑)
といっても、いうほど攻略してないですよねぇ。

カード1枚1枚の評価が10点満点でレビューされているわけですが、そうすると、「いつでも安定して使えるカードかどうか?」というのが、重視されます。
でも、ドミニオンの場合、おもしろさって、そこではなくて、組み合わせの妙にあるんだと思います。

一見して、使えなさそうなカードの使い道が見えてきた時の快感みたいな。

海賊船が横行する場で、村系と「橋」とドロー系のカードをかき集めて、相手に「銅貨」を圧縮してもらって、一気に「属州」を4枚ぐらいがめる時の気持ちよさみたいな。

もちろん、場には、全員に同じカードが提供されているわけで、なかなか、そう上手くはいかないわけですけど。

単純なところでは、

「礼拝堂」の圧縮とか。

圧縮をかけた後の「冒険者」とか。

圧縮つよい~とか思っていたら、ボコボコに「盗賊」にやられたり(笑)

いろんな人と遊んでいると、もう、目からウロコが落ちまくりですよ。
そういう、負けていても、

「こんどは、こんな風にやってみよう!!」

というところが、わたしにとっては、このゲームの魅力なのです。

でも、まぁ、それは、やってみないことにはねぇ。

パズル・クイズ ランキング

パズル・クイズのランキングをご紹介します一覧を見る