サイト内検索

詳細検索

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

全品ポイント最大50倍(1202-08)

All You Need Is Kill 2(ジャンプコミックスDIGITAL)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 43件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報
この商品の関連情報

一覧を見る

コミック

電子書籍

All You Need Is Kill 2

著者 桜坂洋(原作),竹内良輔(構成),安倍吉俊(キャラクター原案),小畑健 (漫画)

コトイウシ島で繰り返される「ギタイ」との戦闘。ふたりの兵士、キリヤ・ケイジとリタ・ヴラタスキ、その距離は徐々に近づいていく――。明日への希望が見えたその時、ふたりが辿り着...

もっと見る

All You Need Is Kill 2

400(税込)

ポイント :3pt / 紙の本より60おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

All You Need Is Kill 2 (JCヤングジャンプ)

460(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 52.6MB 無制限
Android EPUB 52.6MB 無制限
Win EPUB 52.6MB 無制限
Mac EPUB 52.6MB 無制限
エントリー限定!電子書籍ストア ポイント最大50倍キャンペーン

こちらは「電子書籍ストアポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

コトイウシ島で繰り返される「ギタイ」との戦闘。ふたりの兵士、キリヤ・ケイジとリタ・ヴラタスキ、その距離は徐々に近づいていく――。明日への希望が見えたその時、ふたりが辿り着く運命とは…。完結巻。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー43件

みんなの評価4.1

評価内訳

電子書籍

何度も死ぬ兵士

2015/08/31 23:46

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミキ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ちょっと残酷な内容だと思いましたが、読み応えがありました。気弱な兵士がだんだん最強なヒーローに成長していきます。ヒロインは可愛いです

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読みやすい

2015/08/20 00:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:KK - この投稿者のレビュー一覧を見る

絵は相変わらず綺麗だし、話の流れも非常に良かったと思います。
結末のとらえ方は人それぞれと思いますが。。。映画よりもこちらの方が面白かったと感じています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

そういうオチなのね

2015/09/15 00:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:amane - この投稿者のレビュー一覧を見る

予備知識なく、前編後編イッキ読み。

原作を知らないので、そういうカンジの展開になるのかーとボンヤリ。
話の流れや展開のフンイキは前編の方が好きかも。

しかし絵の美しさは流石の小畑先生!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/24 21:48

投稿元:ブクログ

映画の原作のコミカライズを一気読みしたけど、なんとなく主役の俳優が違いすぎるので映画館で無くもう少し忘れてからDVDで観ようという気になってしまった。その前に、原作小説も買ってるので読もうとは思うけど、もう一ひねり欲しかったなぁ

2014/07/19 12:48

投稿元:ブクログ

リタは入隊後半年で時のループを経験する。アンテナのついたギタイを倒した後、前日にループする。
やがてループを抜け出すために必要な法則を見出し、たったひとりで戦い続けたリタだったが、ジャパンでの戦いでケイジと出会う。
ケイジとリタが共闘することで、時のループから抜け出すことができるのか。

2014/08/25 19:28

投稿元:ブクログ

読み終わった感想としては、おもしろかった。でも、これ、永遠にこの地獄が続くよなぁと。
また、偶然がおこって、タイムリーパーが2人になって、次の代のタイプリーパーに引き継がれるみたいな悲劇が永遠に続いていく話かと。

そして、よく考えたら、まったくお話自体、終わってないじゃないかと。

では後は、ちょっとネタバレな感じで。

2014/07/13 10:32

投稿元:ブクログ

小畑さんなので読んでみた。美しい。仕方ないかもだけど漫画的には展開早かったかなと思う。リタもそうだというのは想像ついたけど、ラストはそうなるのか、と素直に驚きながら読んだしきれいにまとまっていたなーと思う。映画の広告見るたびこの話と映画でどう変わってるのか気になる。

2015/08/14 23:14

投稿元:ブクログ

君が終わらせて

絵が綺麗ですが、ほぼ後半のキモイトしかいないです。かっこいいというより、キモイト。

2014/07/23 06:21

投稿元:ブクログ

泣けた!
よくできたSFを読ませていただいたという感じ。
脇キャラも萌えな感じで、とても「日本」らしくていいです。
が、拒否反応しめす人も中にはいるだろうな、と。
152cm37kgであのむっちり感はないですよ~、小畑先生~。ま、マンガなのですけどね。
戦争中ということで、体重がああいう設定なら、ツルペタンコチャンにしなきゃ。
なんか照れちゃって、真面目な感想書けないけど、いいお話を読ませてもらったなぁ~って、くやしいけど気分いいです。

2014/06/22 02:05

投稿元:ブクログ

終わりまで読むととても感傷的な物語だった。哀しいなあ。だからこういう結末は必然だしそうとして描かれているのもわかるけど、読みながら何か大逆転案があるんじゃないかと思ってしまう感情のやり場としてもう少しだけ逃げ道を丁寧に封じてほしくはあったかも。

2014/07/14 11:08

投稿元:ブクログ

同じ世界を繰り返す理由が明らかになる。全2巻なので、説明不足の感はあるが、テンポの良さは長所。主役級のキャラは一巻より魅力的になってるけど、脇役の存在感は薄れる。

2014/11/24 10:06

投稿元:ブクログ

これはもう単行本でいうところの1巻丸々と、
2巻の半分ぐらいまではWEBで無料で読めたんだけど
もちろんオチが気になって借りました。

健蔵は読んでないので1巻から借りといた。

「え!?これ2巻で終わりなの!?」とガッカリしてたけどw
面白いからねw

原作はライトノベルなんだってね。
しっかし実写化取られるの早かったなーwww

その割にあんま話題にならかったよね?

原作読んでないから何とも言えないんだけど
原作も主人公若い新兵なんじゃないの?
そうじゃないとあのストーリー面白くなくない?????
トムクルーズは無理あるだろって思ったwww
もっと若いのいなかったのかよw

映画は観る気おきんわ~。
取られた感が強いしwww

やっぱ日本人に作ってほしかったなー。
CG技術なら負けないでしょう?
主人公以外外国人だけど脇役ばっかだし
だから日本で撮ってほしかった感。

そしてあの手の役はやっぱり安定の藤原達也www
女の子は日本に可愛いハーフ芸能人沢山おるやん?
その中から何でもええと思うで???


漫画自体はもちろん面白かった。

2015/07/14 18:49

投稿元:ブクログ

意外な結末。
救いがあるようで、救いがないようで。

二人が出会って、二人で過ごす時間、すごく素敵だった。リタの孤独が解消された瞬間が、たまらないし、せつない。

2014/06/21 21:09

投稿元:ブクログ

繰り返す戦場.
そこで「最強の兵士」であるリタ・ヴラタスキに声をかけられる.
「貴様,今何周目だ?」

ループに巻き込まれた原因と
ループを抜ける方法,そして….

良かった!

2014/07/02 09:25

投稿元:ブクログ

そうかー、こう来たか(^^;。
舞台が殺伐としていて、
展開も殺伐としてて、
ラストに救いがない…。
お話は面白いけど、ちょっとキツかったですねー。
原作小説を読んでみたくなりました。

どう見ても雰囲気が違うハリウッド版、
観に行くべきか行かざるべきか…。

SF ランキング

SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む