詳細検索
注目のキーワード:
村上春樹
伊坂幸太郎
バベル九朔
探偵の探偵
幸せになる勇気
限定価格
無料本
鬼灯の冷徹
東京喰種トーキョーグール
ちはやふる

最大3,000ポイントキャンペーン(0627-30)

電子書籍

ばらかもん 13巻

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ビューアアプリについて

コミック 読割50

読割50とは?

紙書籍を購入すると同一の電子書籍が50%OFF!

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。

購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

読割50または読割50のアイコンがついている商品が対象です。
一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • 書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しくみる

ばらかもん 13巻

ヨシノサツキ(著)

【2016年上半期ランキング ポイント最大10倍!!】対象商品

こちらは「honto2016年上半期ランキングポイントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年6月23日(木)~2016年7月6日(水)23:59

商品説明

半田先生の帰省にくっついて、遂に東京デビューしたなる! 電車も、街並みも、動物園も…すべてが生まれて初めての経験だらけ! そんな中、半田は父にそろそろ東京に戻って来て欲し...続きを読む

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
PC EPUB 52.6MB 無制限
iPhone EPUB 52.6MB 無制限
iPad EPUB 52.6MB 無制限
Android EPUB 52.6MB 無制限

小分け商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

半田先生の帰省にくっついて、遂に東京デビューしたなる! 電車も、街並みも、動物園も…すべてが生まれて初めての経験だらけ! そんな中、半田は父にそろそろ東京に戻って来て欲しいと告げられる。半田が下した決断とは――…? 成長と、勇気と、決別の第13巻!

ユーザーレビュー

全体の評価 4.3
4.3
評価内訳 全て(12件)
★★★★★(3件)
★★★★☆(7件)
★★★☆☆(2件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

いいね

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2016/03/31 01:17

評価5 投稿者:T - この投稿者のレビュー一覧を見る

新年度私も踏み出したいと思った

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

13巻

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2016/03/21 14:16

評価5 投稿者:作曲好き - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回登場する舘永さんと半田先生、なるが本当に親子みたいに見えました。半田先生は彼女かなるのどちらかと最終的にどうこうなるのだろうか?そして何より今回は半田先生が意外な決断をする事に!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍 先生の成長

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2016/03/24 13:55

評価4 投稿者:あひる - この投稿者のレビュー一覧を見る

五島で人間的に成長したはんだ先生が遂に一つの決断をする巻。
ギャグテイストは薄い巻ではあるが凡人の将来へ現実的な葛藤とかではなく、シンプルに自分にとって大事なものとは何かを考え続けるこの作品の主人公の魅力が詰まっていた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

これから

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2016/03/15 13:08

評価4 投稿者:寧々 - この投稿者のレビュー一覧を見る

半田君のこれからどう進んでいくのかとちょっと心配だし、なるちゃんのこれからどう成長するのかも楽しみにしてます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価5 投稿元:ブクログ

2016/03/18 11:26

孝介の「あっはっはー来ちゃったっ」が梶くんで再生されて笑える(笑)この子の空気読め無さは突き抜けてて腹黒無邪気すぎて憎めない。個人的に桐恵さんもべ様でCVついてる(笑)
13巻まで来て、主人公である半田清舟のへたれっぷりの種類が変化している。彼は成長している、そしてなるも。子供の脊髄反射的な反応以外に「哀しい」「寂しい」「切ない」などの感情を表に出すようになっている。彼らは成長してる。良い漫画だよ…
書道家をやめると決めた半田に対しての川藤の怒りは、書道家の父を持ち、凡庸ながら誰よりも努力してきた半田を見ているからこそ、書道家として報われて欲しいと言う気持ちが強いからだろう。真摯に書道に向き合う半田を、川藤もまた尊敬の念を持って見ていたに違いない。

評価4 投稿元:ブクログ

2016/04/13 13:32

なる東京へ行く。の巻

東京へ帰るときはいつもシリアス展開が待っている!
新たな展開へってことですが、ヒロシが就職する頃には最終回を迎えそう・・・と少しの寂しさが。

評価4 投稿元:ブクログ

2016/03/25 18:01

おわー、お嬢の正体があの人だなんて全然気付かなかった! 先生と一緒に「わかるかー!」ってなっちゃった!!(笑) や、痩せましたね…!
でもお嬢エピソード面白くて、彼女のこと好きになってしまった…(笑) そりゃあんなにげっそり痩せたら、娘の体格を変えた半田清舟って誰だよ!ってなるよ(笑)

そして、なると先生とお嬢の三人が動物園に行った話もほんわかして良かったですね~! もう親子じゃん!(笑)
でもちゃんとなるもお嬢の正体分かってて、二人がくっついたらモヤモヤするって気持ちがあることに、なんだかちょっと感動しました。これ恋愛フラグなの? いいよいいよ年の差なんて超えちゃえよ! と応援したくなっちゃったわ(笑)

最後に自分の進む道を決めた先生。
うん、その道は先生に合ってると思う!
ってかずっと島に居て欲しいので、その道を選んでくれて嬉しいです(笑)
川藤くんが怒って行っちゃったのがちょっと心配ですが、まぁ長い付き合いですし、きっと大丈夫でしょう。
書道の先生ライフも楽しみですね。

評価4 投稿元:ブクログ

2016/03/12 21:00

展開にびっくり!!
先生の選択、まったく予想していませんでした。
でも、納得。ずっと自分の字って何なんだ?って言っていたから。

なるたちの事が、どんどん大事になっている先生、こんな関係素敵ですね。

評価3 投稿元:ブクログ

2016/03/16 03:40

先生の帰省のお供で、東京デビューを果たしたなる。ヽ(≧v≦*)ノ
大都会東京で先生の元お見合い相手・お嬢と出会い、3人仲良く動物園に行ったり、先生のお母さんのお手伝いをしたり。そして、ちょっぴり恋のモヤモヤも芽生えたり?
一方、父親から「東京に帰って来て仕事の手助けをしてほしい」と頼まれた先生は、書道家としての自分を見つめ直し…――なるとともに島に戻って、新たな生活を始める決意をする!p(゚∀゚〃)q

言われてみれば、たしかに先生は芸術家とは少し違うような気もするねぇ。かといって、真に“誰々の、何々の先生”というわけでもないし。
だからこそこの決断なんだなと、納得☆

次巻、新展開に期待♪-(^ε^)

評価3 投稿元:ブクログ

2016/03/15 21:57

なるにもっと東京を満喫してもらいたかったなー。
東京タワーとかスカイツリーとか花やしきとか。

半田先生の決断。
これからどうなるのかな。
次巻は11月か、、先は長い。。

評価4 投稿元:ブクログ

2016/05/22 20:05

先生の中で島の存在はもう一部となり、重要な存在として位置しているのが出た巻であった。田舎のスローライフのほのぼのした日常を切り取りながらも先生の答えの模索でもあり、この決断で、この決心であると思うのだが、文字を書くにしてもこの判断は少し詰めの甘さを感じさせるが、今後の行く末は作者のみぞ知るかな。お嬢が良いキャラだったので早々に登場して絡んで欲しい。あとは、できた大根でこのもん作るんだの台詞は振り返っても死亡フラグ立っているな。

評価4 投稿元:ブクログ

2016/04/09 15:52

書道家を支える側の話からの清舟の決意。ばらかもんが始まったときはここまで描かれるとは思ってなかった。田舎癒しマンガというよりは、最初から人を描いてたんだなぁ、と。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない
この商品の関連情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.