詳細検索
注目のキーワード:
池井戸潤
百田尚樹
有川浩
アンと青春
ガソリン生活
精霊の守り人
真夜中のパン屋さん
幸せになる勇気
ONE PIECE
鬼灯の冷徹

全品ポイント2倍(0620-30)

知性化戦争 上(ハヤカワ文庫 SF)

  • 発行年月:1990.6
  • 出版社:早川書房
  • レーベル:ハヤカワ文庫 SF
  • サイズ:16cm/523p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-010872-4

文庫

  • 国内送料無料

知性化戦争 上 (ハヤカワ文庫 SF)

デイヴィッド・ブリン (著), 酒井 昭伸 (訳)

紙書籍

1,037 ポイント:9pt

発送可能日: 購入できません

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

【星雲賞海外長編部門(第22回)】【「TRC MARC」の商品解説】

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

ユーザーレビュー

全体の評価 4.2
4.2
評価内訳 全て(4件)
★★★★★(1件)
★★★★☆(1件)
★★★☆☆(1件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

ネオ・チンパンジーたちの大活躍

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2002/01/13 22:22

評価4 投稿者:トリフィド - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ブリンの未来史、〈知性化〉シリーズの一作である。『スタータイド・ライジング』で描かれた〈ストリーカー〉事件は、およそ地球人類に関わるすべての事物に影響を及ぼした。この作品は、辺境の人類の植民星ガースでの物語である。

 〈ストリーカー〉が発見した情報を求めて、列強諸種属は地球の植民星にも攻勢をかける。ガースには鳥類型種族のグーブルーが襲来。防衛軍の健闘もむなしく、ガースはグーブルーに占領されてしまう。

 そして、人類とネオ・チンパンジーら地球勢力のレジスタンス、グーブルー側内部での権力闘争、人類に友好的な種属ティンブリーミーの妙な暗躍、そして謎の原住種属ガースリングと知性化協会の介入など、さまざまな勢力の思惑が絡み合い、波瀾万丈のドラマが繰り広げられることとなる。

 上下巻合わせて1100ページを越える分厚い本だが、一気に読んでしまえる極上のエンターテインメント作品に仕上がっている。

 『スタータイド・ライジング』のネオ・ドルフィンたちに代わって、この作品ではネオ・チンパンジーたちが大活躍である。『スタータイド・ライジング』では細切れに小出しにされていた、この伝統と慣習にがんじがらめに縛られた奇怪な〈知性化〉宇宙のさまざまな格式やら慣習やら規則やら風習やらが事細かに描かれ、その点も興味深い。そして、今まで名前だけ出てきていた、数少ない地球の盟友、ティンブリーミーがやっと登場する。彼らのろくでもない種属的性格には笑ってしまう。

 宇宙戦艦が大好きなわたしとしては『スタータイド・ライジング』も捨て難いのだが、純粋に物語の面白さと云う点では、この『知性化戦争』の方に軍配が上がる。読み終えてしまうのが惜しい作品である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ネオ・チンパンジー万歳!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2001/11/25 22:30

評価3 投稿者:Okawa@風の十二方位 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 bk1のレヴューアー、こじまさんも激賞の知性化シリーズ。
 これまではあまりの厚さにびびって読んでいませんでしたが、読み始めたら止まらない止まらない、「ネオ・チンパンジー万歳!」で、分厚い上下巻を一気に読んでしまいました。
 人類によって知性化されたチンパンジー達が、とにかくかっこいい。リメイク版「猿の惑星」を思いっきり見たくなるような大活躍です。ネオ・チンパンジーのファイベン君かっこよすぎ。人間は完璧に脇役ですね(^^;

世界観も奇抜なアイデアに満ちているわりには、作りこまれていてリアル。
この宇宙は、それぞれの異星種族(主族)達が、見出した動物を知性化して、「類族」という名で自らの勢力に引き込み、覇権争いを繰り広げています。この世界設定は、古代ローマ帝国の「文明化」や「パトローネス(貴族)・クリエンテス(一門の人々)」を換骨奪胎したもので、列強主族の勢力争いなんか、まさにローマ内のパトローネスの主導権争いそのもの。恐らく、そのまま歴史小説にしても十分面白いネタを、SFを使って壮大なヴィジュアルの世界に展開させた、凄いエンターテイメントです。

ストリーカーの謎が明らかになる、次の完結編が楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価5 投稿元:ブクログ

2007/10/06 15:33

 邦訳2作目なのですが、実は私はこちらを先に読みました。
 こちらは、ストリーカーの発見が地球にもたらした影響を描く作品とでもいいますか、ストリーカーは名前だけが出てきて、結局どうなったかは最後までわかりません。
 舞台は地球の植民星ガース。ストリーカーの発見から目の敵にされるようになった地球はいまや列強種族の攻勢おされる一方。そんななか、鳥ににた列強種族グーブルーがガースを侵略してきます。
 しかし頼みの綱の主族、人間は最初期のグーブルーの毒ガス攻撃でいきなりほとんど無力化してしまいます。そうなれば出番は類族であるネオチンパンジーに譲られます。
 地球の数少ない味方であるトリックスター、ティンプリーミー大使の娘アサクレーナらに率いられたネオチンパンジーたちがグーブルーたちを追い出すために活躍していくのが非常に面白い作品です。

評価0 投稿元:ブクログ

2010/11/27 00:00

http://shinshu.fm/MHz/67.61/archives/0000344163.html

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.