サイト内検索

詳細検索

全品ポイント2倍(~8/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 亜麻色のジャケット
亜麻色のジャケット(光文社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1990.9
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社文庫
  • サイズ:16cm/321p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-71199-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

亜麻色のジャケット (光文社文庫 杉原爽香シリーズ)

著者 赤川 次郎 (著)

亜麻色のジャケット (光文社文庫 杉原爽香シリーズ)

555(税込)

亜麻色のジャケット~杉原爽香 十七歳の冬~

540(税込)

亜麻色のジャケット~杉原爽香 十七歳の冬~

ポイント :5pt / 紙の本より15おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2007/08/27 14:22

投稿元:ブクログ

 美術館でデート中の河村刑事が布子先生にプロポーズした!しかし、そこへずぶ濡れのジャケットを抱えた女が・・・。
 その女は記憶喪失で警察に保護されたが、目を放した隙に逃げられてしまった。
 その女を中心に爽香達はまた事件に巻き込まれていく。

2008/09/07 02:23

投稿元:ブクログ

杉原爽香、十七歳の冬。

爽香の中学時代の恩師安西布子と河村刑事は、
美術館で久々のデート。
彫刻が置かれた庭で河村が意を決して布子にプロポーズをしたとたん、
ずぶ濡れの若い女性が助けを求めてきた。
何者かに池へ突き落とされたその女の手には、亜麻色のジャケットが…。

2011/01/21 19:35

投稿元:ブクログ

17歳の冬。
闇組織(?)に巻き込まれたり、高校生らしい恋愛模様があったり。
ちょっとハラハラして面白かった。

2011/07/03 22:43

投稿元:ブクログ

解説で順序よく読めと、文芸評論家は書いている。 そんな馬鹿な。
赤川次郎はそれだけの人間なのだろうか。

杉原莢香は、何歳から読んでも面白い。
まったく逆順に読んでも面白い。

大人になってしまった人は,子供には戻れない。
杉原莢香を読む時は,子供へと戻って行く読み方もできる。
そういう楽しみ方があるので、最新刊から読む事をお勧めします。

この亜麻色のジャケットまで来た時に, あいかわらずひょうひょうと生きている姿を見て, 生きていることが大事なんだと分かるとよい。

解説は文芸評論家に書いてもらわない方がよいかもしれない。

2014/10/04 10:26

投稿元:ブクログ

軽く読めるけれど、内容は結構重たい。
さらっと書かれているけど、もっと書き込めばずしりと重くのしかかるような悲しい話でした。

2015/12/30 14:56

投稿元:ブクログ

爽香シリーズ第三弾です!爽香も17歳になりました。突拍子もないことをする所は変わりませんが、頼りになる存在です。今回は友達が人質となったり、ハラハラする展開ですが、安心してください、ちゃんと解決します!笑。それにしても毎回誰かが亡くなるのにそれでも明るい爽香のメンタル強いですね。

2012/06/15 01:10

投稿元:ブクログ

再読。
解説に″事件とともに成長していく‥″とあったけど、毎年殺人事件が起きて、人が死んでゆくのを傍目に、一つずつ歳を重ね、大人になっていく登場人物を見ているのは、なんというか‥。
そわそわしていまい、なんともやりきれない感じ。
まぁこれもミステリー小説には必ずと言ってもいい程の付き物。
そのハラハラ感が好きなんだけどね。

今回は特に爽香と今日子の強さが滲み出ていた。
それに比べ、光男は‥。
得てして、この頃の恋愛は実らないものなのですかね?

2013/03/31 19:41

投稿元:ブクログ

爽香シリーズ3作目(爽香17歳の冬)爽香の恩師・安西布子と河村刑事が美術館で久々のデート中、ずぶ濡れの女性が助けを求めてきた…今日子も災難に遭う。微妙な年頃のサスペンスがいっぱい。

光文社文庫 ランキング

光文社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む