サイト内検索

詳細検索

小説&文庫&ラノベポイント2倍(~9/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 暗黒のスタートライン
暗黒のスタートライン(光文社文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1996.9
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社文庫
  • サイズ:16cm/334p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-72277-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

暗黒のスタートライン (光文社文庫 杉原爽香シリーズ)

著者 赤川 次郎 (著)

暗黒のスタートライン (光文社文庫 杉原爽香シリーズ)

596(税込)

暗黒のスタートライン~杉原爽香 二十三歳の秋~

540(税込)

暗黒のスタートライン~杉原爽香 二十三歳の秋~

ポイント :5pt / 紙の本より56おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2010/12/30 02:18

投稿元:ブクログ

これ迄の9巻の中で、最も面白かったです。全巻の伏線が効いていたように感じます ( ´ ▽ ` )ノ
最後の手紙のところまでに、タイトルの意味を理解できなかったのは、悔しかったかな ( ̄ー ̄)

2010/04/07 10:53

投稿元:ブクログ

杉原爽香シリーズの中でも一番ダーク、一番辛い話になります。タイトルの通り暗黒であり、でもそこがスタートラインなんですよね。

読んだ誰もが明男に憤りを覚えると思います。私は中丸教授よりも強くそれを感じました。
母親思いのあまりに、母親が爽香に攻撃していても止めない挙句に中途半端に別れも告げずに、母親の気に入っている女と付き合い、そしてやっぱり別れも告げず、中丸夫人と不倫に陥っていくという。そんな事をしながらも爽香に連絡するとはどういう事だと。
結果から言えば殺人を犯しておいて、あいつなら何とかしてくれるって思って頼っていったんでしょう。殺人まで隠してくれるとでも思ったのか。
もし最初混乱していただけと言っても一人でマンションにいれば冷静にもなるでしょうし、誰に迷惑がかかるのかも自分が何をしでかしたかもわかるだろうに、女遊びまでする始末。
挙句に罪をかぶってくれる人がでればそれに乗じる…ひどい男だなぁ。なのにそんな男がいいんですよね。

あと次に腹が立つのが祐子。
元彼にあたる犯罪者から連絡がきて困るのはわかるが、態度とか言動とか信じられない。しかも中丸にほいほいついていくし…自分のことを悲劇のヒロインとでも思っているのか、自分を守ることに必死であざとさが気に入らない。

そんな中で爽香には今日子っていう友人がいてよかったなと思います。親も理解のある人で、厳しい話ですがここだけは和みました。
一番辛かったのは最後の爽香から明男にあてた手紙。
彼が殺人を犯したと知っていて見逃すなんてできなかった。でも彼が自分を選んでくれるという自信もなかったのだろうなぁと思う。だから手紙という手段を選ぶしかなかったんだと。
爽香がおきるまで待っていた時間、明男は何を思ったんだろう。
でもこれをきっかけに彼は凄く変わることになるので、罪を償う形でよかったです。気が弱いから一生背負うなんて無理でしょう。

最後に、兄充夫と則子はこのまま絶縁でいいんじゃないかなと。
そんな遠い縁でいじめられたりなんてしないよと、困った時だけくるなと、いらだつ夫婦ですね!

2010/08/15 15:47

投稿元:ブクログ

とても暗黒ですな
そうまでして明男をかばう理由はあるのか!?
最後はいのちまでかけるし・・・
若草から明男はダメンズだと思ってたさ
でもそれでもいいとこもある
優しいあまりにっていうのが
赤川次郎の男性像だったのだけれど
爽香シリーズはとてもリアルに作られているので
こんなもんなのか
と思ってしまったね

2011/07/18 04:11

投稿元:ブクログ

実際には犯罪行為となるようなことが、小説で書かれていることにやや違和感があります。
いくつかの殺人事件をめぐる犯人隠匿。

男の甘えは、ちゃんとした女性が指示をしないと何ともならないのか。
女性の指示が、男の甘えを助長しているのか。
とても考えさせられる作品です。

いいかげんな人間が、ちゃんとしたことができるためのきっかけと、
ちゃんとした人間が,いいかげんなことをしてしまうきっかけが、
1つのことかもしれないと感じました。

杉原爽香の英断で、結末を迎えます。
どこから、ここまでの構想が涌いてきたのか不思議な話です。

杉原莢香の物語で,一番深刻な巻なので、色は「暗黒」なのだということがわかります。
スタートラインは巻末なのでしょう。

2016/01/24 14:34

投稿元:ブクログ

爽香も遂に卒業し社会人として働き出しました!1巻から読んでいると感慨深いですね~。今回は、明男が殺人の容疑者として手配されます。困った明男はまた爽香を頼ってきて、爽香も断れずに手を貸してあげます。サクっとよめるこのシリーズですが、最後はどんでん返し!驚きました。そこまで爽香は首を突っ込まなくてもいいのに。普通に幸せな生活を送ってほしい。最後の手紙に爽香なりの覚悟がみえました。タイトルの暗黒のスタートラインはこれからの事を言っているのかと思うと怖い。次の巻を早く読みたいです。

2013/03/31 19:07

投稿元:ブクログ

爽香シリーズ第9弾、杉原爽香、23歳の秋。大学を卒業した爽香は古美術店に勤めることになる。彼女に元BF明男から突然の電話。在学中から付合っていた中丸教授夫人・真理子が明男と密会中にホテルで殺されたという。明男の無実を信じて、爽香の親友を巻き込み隠れ家にかくまうが、そこから明男が姿を消した直後、第二の殺人が…。爽香シリーズで一番重たい気分になる作品、ある意味で裏切った明男を、見切って捨てる場面があってもおかしくなかった。1996年9月11日発売。

2013/06/11 23:27

投稿元:ブクログ

結末を知ってから読んだのでなければ、もっと衝撃を受けたであろう。よくデザインされている。
ただ、最後にもう少し明男の心理を描いて欲しかった。爽香の深い悲しみも。惜しい、四点。(笑)

光文社文庫 ランキング

光文社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る