サイト内検索

詳細検索

送料無料

2016年7月期メディア化特集(~7/28)

大江戸えころじー事情
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.11
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:19cm/335p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-210414-8
  • 国内送料無料

紙の本

大江戸えころじー事情

著者 石川 英輔 (著)

太陽エネルギーを最も有効活用していた江戸時代の暮らしを紹介。化学エネルギーの導入で進歩と便利さが追求されていった現代までの変遷にも触れつつ、私たちの暮らしの未来を考える。...

もっと見る

大江戸えころじー事情

1,944(税込)

ポイント :18pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

太陽エネルギーを最も有効活用していた江戸時代の暮らしを紹介。化学エネルギーの導入で進歩と便利さが追求されていった現代までの変遷にも触れつつ、私たちの暮らしの未来を考える。図版資料多数。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

「3000万人の先祖が運営したほぼ完全な循環型社会」だった江戸時代の日本に,自然環境との共生の道を探る

2001/03/01 22:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:小山 信幸 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「大江戸えねるぎー事情」にはじまる,江戸期の考察を通じて現代の環境問題対策のヒントを探る,“大江戸シリーズ”の最新刊。
 太陽エネルギーの利用に焦点をあて「太陽エネルギーだけで生きるための知識と経験の集積」,「現実に3000万人の先祖が運営していたほぼ完全な循環型社会」であった江戸時代の社会と暮らしを,豊富な図版と文章で紹介する。稲を例にとれば,労働集約的に人手をかけて生産した米を食料とし,ワラを用いて加工品を作って使用,使い尽くした後の排泄物と廃棄物は肥料にして再生産に回す。
 人力と植物を介し「ここ1〜2年の太陽エネルギー」だけを用いて,自然環境に負荷をかけずに繁栄できた社会が江戸時代だったとする。著者が繰り返し指摘するように,いまさら江戸時代の暮らしには戻れないのは確か。しかし本書が紹介する,当時の人々の豊かな暮らしぶりは,現代の右肩上がり,効率優先の常識に,根本的な疑問を痛烈に投げかける。
(C) ブックレビュー社 2000-2001

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/04/14 12:33

投稿元:ブクログ

江戸時代が太陽エネルギー(人間の労力も含む)を活用する完全な循環型社会だったということについて、豊富な挿絵や引用などを使って教えてくれる。その後提言が入る。

変な題名だし表紙だけど中身は真面目で3.11後の将来を考えるのにもぴったり。

消費者の好みにこまごまと合わせることで量の不足を不便に感じないようにする錦絵の原理、っていいな。

日本史 ランキング

日本史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む