詳細検索
注目のキーワード:
池井戸潤
百田尚樹
有川浩
アンと青春
ガソリン生活
精霊の守り人
真夜中のパン屋さん
幸せになる勇気
ONE PIECE
鬼灯の冷徹

TAC_『おとな旅プレミアムシリーズ 発売記念フェア』

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 男性向けコミック
  4. 魔法先生ネギま! 17 (講談社コミックス)

魔法先生ネギま! 17 (講談社コミックス)(少年マガジンKC)

  • 発行年月:2007.1
  • 出版社:講談社
  • レーベル:少年マガジンKC
  • サイズ:18cm/190p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-363774-8

コミック

  • 国内送料無料

魔法先生ネギま! 17 (講談社コミックス Shonen magazine comics)

赤松 健 (著)

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

「魔法先生ネギま! 17 (講談社コミックス)」が含まれるセット商品

魔法先生ネギま!(週刊少年マガジンコミックス) 38巻セット(少年マガジンKC)

魔法先生ネギま!(週刊少年マガジンコミックス) 38巻セット

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

ユーザーレビュー

全体の評価 4.2
4.2
評価内訳 全て(7件)
★★★★★(3件)
★★★★☆(4件)
★★★☆☆(0件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

進み続ける選択

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2007/02/09 23:57

評価4 投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 使い古された言葉ではあるが、誰かにとっての正義が他の誰かにとっての正義とは限らないわけであり、自らの道を貫けば誰かの道をふさぐ結果になりかねないことは確かなことだと思う。
 しかし、これを”悪”と呼べるのは、多神教的な考え方のような気がしないでもない。一神教では、神に対する敵対者が悪であり、それは解釈の違いによってもたらされる種類のものではないと思う。ネギは、宗教を持っているのかいないのか、という疑問がふと湧いた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価5 投稿元:ブクログ

2007/01/22 18:11

「世界に魔法使いの存在をバラす計画」を阻止するため、超と戦うことを決意したネギたち!! 彼らの打倒・超作戦がうまくいき阻止成功かと思いきや、超は当たった瞬間、3時間後の世界に転送されてしまうという銃弾で反撃開始!次々と減りだす仲間たち。ついにその銃弾はネギをも襲う!! ネギに対抗策はあるのか!?

評価5 投稿元:ブクログ

2007/01/30 18:56

超側最大の切り札である「最強の弾丸」を前に、次々と脱落していく魔法使いとまほら生徒たち。
そして休息を終え、復活したネギがいよいよ超との最終決戦。
対決中に現在と回想を交互に進行させる演出は見事。
ここまでを深く積み重ねた読者ならば、正に今回は最高の巻では。

評価4 投稿元:ブクログ

2007/02/17 22:51

いよいよ学園祭編も終盤。
これでもか!ってくらい絵が細かいです。
この細かさが好きなんだよな。うん。

評価5 投稿元:ブクログ

2007/01/26 16:29

ネギま!

本当にこの作者は、「ボス戦」を書くのがうまい。
丁寧に張られた伏線がゆっくりと解きほぐされながら、
決戦に向けてのテンションが最高まで高められていく。

かわいい女の子がたくさん出てくるマンガとして評価されることが多いが、
主人公ネギのビルドゥングスロマン(成長物語)として、
まぎれもなく完成度の高い少年漫画だと個人的には思っている。

評価4 投稿元:ブクログ

2007/08/21 10:30

絵の中の女の子がかわいく少々お色気ぎみだがひとりひとりの人物の設定がしっかりしている。一クラス分、31人だったかな。戦闘シーン、主人公の成長していくさま、おもしろい。

評価4 投稿元:ブクログ

2015/10/16 23:11

歴史の改変を目論む超鈴音たちとの戦いも、いよいよ大詰めです。

ネギの考えた戦いをイヴェントに変えてしまうという作戦に、超も乗ってくることになり、火星人のボスとして演出を盛り上げます。戦いは進み、千雨は茶々丸と、楓は真名との決戦に臨み、クーフェイやハルナ、そして裕奈たち一般人部隊も、巨大ロボットと戦いを繰り広げます。

そしてネギは、アスナと刹那、それに小太郎の助けを借りて、ついに超との戦いにまでこぎつけます。航時機カシオペアを使いこなす超に一歩も引かず、超も身体に施された呪紋による魔力を解放して、全力でネギに対峙します。

今回は全編バトル・アクションです。それぞれがそれぞれの役割を果たし、舞台が整った上で、ネギの最終決戦の火蓋が切って落とされるという王道の展開に引っぱられて、一気に読んでしまいます。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

  • 買い物カゴに入れる

    発送可能日: 1~3日 納期・配送の目安について

  • 買い物カゴに入れる

    ギフト購入する

    購入前にご利用中のデバイスが
    対応しているかご確認ください。

    PC iPhone iPad Android

    電子書籍版を立ち読みする

    hontoアプリの確認

    立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

    • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

    最新の「honto」アプリをご利用の方

    立ち読みする

    最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

    hontoビューアアプリ

    ビューアアプリについて

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.