サイト内検索

詳細検索

送料無料

エントリー限定! お店とネット利用で最大200ポイント(~9/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 世界一やさしい問題解決の授業 problem solving kids
世界一やさしい問題解決の授業 problem solving kids
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 395件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発行年月:2007.6
  • 出版社: ダイヤモンド社
  • サイズ:19cm/117p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:978-4-478-00049-6
  • 国内送料無料

紙の本

世界一やさしい問題解決の授業 problem solving kids

著者 渡辺 健介 (著)

「考え抜く技術」と「考え抜き、行動をする癖」を身につければ、日常生活で直面するさまざまな問題を解決できるようになる! 世界最高峰のコンサルティング会社で学んだ問題解決の考...

もっと見る

世界一やさしい問題解決の授業 problem solving kids

1,296(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「考え抜く技術」と「考え抜き、行動をする癖」を身につければ、日常生活で直面するさまざまな問題を解決できるようになる! 世界最高峰のコンサルティング会社で学んだ問題解決の考え方を、中高生にもわかるように解説。【「TRC MARC」の商品解説】

目次

  • まえがき
  • 1限目 問題解決能力を身につけよう
    • 自分で考え、行動する
    • こんな人たちを知りませんか?
    • 問題解決キッズはすごいスピードで進化する
    • そもそも問題解決って?
    • tool 分解の木
  • 2限目 問題の原因を見極め、打ち手を考える
    • お医者さんのように診断し、治し方を考える
    • 中学生バンド「キノコLovers」を救え!

著者紹介

渡辺 健介

略歴
〈渡辺健介〉ハーバード・ビジネススクール卒業。マッキンゼー・アンド・カンパニー勤務を経てデルタスタジオを設立。同社代表取締役社長。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー395件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

問題を簡単に解決する

2016/02/27 21:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:どや - この投稿者のレビュー一覧を見る

あなたは問題にぶつかったときにどうしますか

悩んで何もしない

考えるけど実行しない

実行するけど反省しない

それでは問題は解決しません

次の方法はどうでしょうか

問題の原因をできる限りたくさん挙げる

原因に対する打手をたくさん挙げる

実行のしやすさと効果の程度の2つの軸を使って打手を位置づける

打手に優先順位を付ける

優先順位の高い順から実行する

結果を予想と比べる

望む結果と今の結果の差の原因をできるだけたくさん挙げる

これを望む結果に追いつくまで繰り返す

上記が物語仕立てでわかりやすく解説されます

本書は問題解決の入門書といえます

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

たしかにやさしい

2015/10/19 08:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふる - この投稿者のレビュー一覧を見る

ほんとうにわかりやすい。
イラストも豊富でぱらぱらめくるだけでも楽しい。
中学生に読んでほしい一冊。
ただ、同じ著者の「自分の答えのつくりかた」のほうがボリュームがあるのでどちらか一冊ならこちらがいいかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

きのこ嫌い

2016/03/26 19:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あとむん - この投稿者のレビュー一覧を見る

問題解決少年ボーイ!
適度に考え、行動して、軌道修正して、、

きのこloverず。
モレなくダブりなく課題を分析
できるだけ広い視野から(ANAのマーケットのようにときには英語を勉強することひとつとっても。)
なにを実行に移すか。どのように?ときにはだれを使って?

意思決定ツール
・良い点悪い点リスト
・評価軸×評価

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/03/26 19:41

投稿元:ブクログ

ずっと放ったらかしにしていたけど、問題解決のために
問題を図にするというのとその方法は良かった
ただ、ちょっと分かりにくい言い回しなどもあり
もう一つのこの人の出している本の方がいいかも?っておもった。

2012/10/21 08:12

投稿元:ブクログ

図にするって普段からやってないと難しいから、癖付けしないとダメだなーー。
意識してやってみようと思う。

- 分解の木
- 仮説の木
- メトリクス
- 良い点、悪い点リスト
- 評価軸x評価リスト

2007/08/11 14:17

投稿元:ブクログ

読了。とてもやさしく問題解決の手順を書いている。さらに実行計画としてWBSまで書かれている。こういうことを子供のころから知っていたら人生だいぶ違ったかも。。。子供に教える機会があったらぜひ教えてみたい。[2007/08/11]

2013/09/09 23:17

投稿元:ブクログ

テレビで取り上げられて手に取ってみた本。いつも起こる問題を効率的に解決していくには...というのを、イラストと簡単なストーリーで解説している。後に受けたロジカルシンキングの元になっている本で、読み返したら面白かった。ロジックツリーは仕事でもプライベートでも、頭の中が混乱したときに整理ができる方法だと思った。

2008/01/09 07:02

投稿元:ブクログ

図書館でも人気のある本。考える習慣が大切なのはわかっているのですが、ここまで考える習慣を獲得するのはなかなか大変そうです。図書館予約数は155(08/01/09現在)です。

2008/06/20 22:54

投稿元:ブクログ

問題をいかに解決するかを考えて行動に移す方法を簡単に紹介した本。

さらっと読めるけど、薄すぎるw

2007/08/28 07:28

投稿元:ブクログ

いわゆる論理的思考の方法を、小、中、高校生にもわかりやすいように書いた本。ツリーとかMECEとかです。内容はとても易しく、けっこう普通。しかし今までこういう本はけっこう読みましたが、じゃあ実際に使ってみようと思わせ使わせたのはこの本が初めてのような気がします。という意味で星4つ。なぜそうなのかを少し考えると、物語調で印象に残るのと実例があるために自分に置き換え易いからでしょうか。あと、本を読むことではなく読んだ後に実践することに主眼を置いているという意味で、本が薄いのが良いのかもしれません。そうは言ってもこの薄さにしては少し高いと思います。カラーとか紙質とかが理由なのかもしれないが、明らかに低年齢だけを想定読者としていないと思うので、少しずるい感じがしました。

2008/12/03 01:20

投稿元:ブクログ

・問題の原因分析
 −ロジックツリー
・目標と現状を認識し、達成方法を考える。
 −目標からの逆算思考

この著書は、中学生向けの本として問題解決方法や目標からの逆算思考について書かれていますが、
とんでもない私や周りの大学生、ないし社会人にだって読んでもらいたい本だと思いました。

ものすごく分かりやすくロジカルシンキングについても書かれています。
むしろ、こういう本の方が、実戦においても思い出しやすく使いやすいのではないのかと。
本で覚えたノウハウって実戦で実践しなければ何の意味もないわけだし。
そういう意味では、誰もが一回目を通して損はない本だと思います。

お勧めです!

2015/09/10 20:58

投稿元:ブクログ

中身を確認せず、タイトルだけ見て購入したら、子供向けの本でした。著者がマッキンゼー出身で、出版元がダイヤモンド社だったので、てっきりビジネス書だと勘違いしてしまいましたが、子供たちに論理的思考法を学ばせるための教材でした。
学校で出される問題には必ず答えがありますが、世の中は明確な答えのない難問で溢れかえっています。学校でこのような授業があれば、社会に出てからきっと役に立つでしょう。子供の頃から多面的に物事を見て、本質を見極め、自ら考えて行動する癖がついていれば、指示待ち、受け身体質の大人にならないですむような気がします。学校教育の場で、このような授業を取り入れるケースが増えると良いですネッ。



べそかきアルルカンの詩的日常
http://blog.goo.ne.jp/b-arlequin/
べそかきアルルカンの“銀幕の向こうがわ”
http://booklog.jp/users/besokaki-arlequin2

2008/12/22 08:11

投稿元:ブクログ

再読。慶應の高校生向けのテキスト。

問題解決のための思考方法を高校生向けにわかりやすく解説。
ビジネスマンんもとてもわかりやすいので、新卒テキストにいい。
まず問題解決とは、現状理解→原因特定→打ち手の決定→実行 のプロセスであるとし、それぞれのプロセスについての思考の道具やコツを紹介。
このプロセスを通さずに現状理解からすぐにうち手の実行にいくパターンは意外と多いけど、これだとコインの裏表的解決になる(19)。

分解の木を活用して、なぜできないか?を分解していく(26)
原因分析のための、はい&いいえの木、課題分析シート(49)。
うち手の選択(65)
実行プランの策定(69)

2012/01/16 17:12

投稿元:ブクログ

ロジカルシンキングの入門書として評価が高いようなので手にとってみた。
既に他の書籍で学んだことが多く、新たな知見はあまりなかったが、本書ほどシンプルで誰にでも分かるように努力して書かれたものには初めて出会った。著者の心意気が素晴らしい。
将来、子供にも読ませたいと思う。

図書館にて。

2016/06/17 07:45

投稿元:ブクログ

問題解決能力を身につけるための教科書。
確かにこれは教科書だった。
すぐに生活に取り入れられそうなメソッドだと感じた。
座右に置いて、問題解決するときに「あの表はどう書くんだっけ?」なんて手にとりやすくしておきたい。
内容が中学生を主人公にしてあるものだから、おもしろかった。中学生ってこんなんだったなぁなんて思ったりして。中学生に戻りたい(笑)

ビジネス実務・自己啓発 ランキング

ビジネス実務・自己啓発のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む