サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ちこさんのレビュー一覧

ちこさんのレビュー一覧

投稿者:ちこ

15,053 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

既存の金融知識を超えた「お金2.0」について丁寧に解説した書です!

15人中、11人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本書は、既存の金融知識を超えた「お金2.0」について解説した書です。「お金2.0」と言ってもあまり馴染みのない方も多いと思いますが、これはビットコインなどに代表されるような金融の新しい形態です。これこそが、現代資本主義を揺るがす大きなパラダイム転換と言われています。本書では、お金の仕組みや経済の構造から始まり、技術進化によって生まれた新しい金融形態までを、丁寧にわかりやすく解説してくれます。時代に乗り遅れないためにも必読の書と言えるのではないでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「うまくいかない」と悩むすべての人へ向けた自己啓発書です!

11人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本書は、「何をやってもうまくいかない」と日々悩んでいる人たちに向けた自己啓発書です。同書の著者は自ら「自分は大人の発達障害ではないのか?」と疑っており、そんな中で自分自身でできることを探しながら、何とか人生を切り開いてきた経験から書かれた書です。著者は「同署は、日本一意識の低い自己啓発本です」と言っておられますが、そんなことはありません。なかなか志は高く、立派です。加えて、書かれたことは誰にとっても分かり易く、実践しやすいのもとてもよいところです。人生について悩んでいる人には、一度、読んでいただきたい書です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本極上の孤独

2018/05/07 08:13

「一人でいる」ということの再発見

12人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本書は、「孤独」や「一人でいる」というとネガティブに捉えがちな現代社会を生きる私たちに新しい意味を与えてくれる作品です。「孤独」と言えば、「孤独死」、「閉じこもり」など一般に悲観的なニュアンスが非常に強いのですが、それは自分自身を周りに合わせてた生き方をしているからだと筆者は言います。自分自身が信じるように生きることほど、素晴らしいことはなく、そうすれば当然「一人でいる」時間も多くなります。現代を生きる人々に新しい生き方を説いてくれる良書です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

圧倒的にアウトプットが変わるノウハウを教示してくれます!

11人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本書は、精神科医である樺沢氏によって脳科学の視点からアウトプットを効果的に変えてくれるノウハウを紹介した書です。少し考え、工夫することで、相手に対する書き方、伝え方、動き方が根本的に変化し、圧倒的な効果を期待できるようになると筆者は言います。では、こうした圧倒的な効果をもつ書き方、伝え方、動き方とはどういうものなのでしょうか。詳細は、ぜひ、本書を読みください。非常に有用な情報が満載されています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

今、一体「大東建託」で何が起こっているのかを丁寧に検証します!

11人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本書は、アパート経営でおなじみの「大東建託」の現状を検証した画期的な書です。今、大東建託の商法で、アパート経営で大失敗して、大きな損失をした人々が増加しています。社会問題にもなっているアパート経営商法で、一体、今、何が起こっているのでしょうか。本書は徹底的な取材をもとに、詳細な分析を通じて、明らかになった大東建託の内幕を明かした画期的な書です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本しょぼい起業で生きていく

2018/12/18 10:55

「組織がいやなら起業しよう!」と起業を進めてくれる書です!

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本書は、組織になじめなかったり、自分の会社をもちたいけれど、お金もノウハウもないという方々に向けて書かれた起業ノウハウを教示してくれる書です。立派な会社はなかなか難しいですが、「しょぼい会社」であれば、誰でも手軽に起業できることを説いています。また、「しょぼい会社」ほど不況に強く、つぶれにくいとも言います。一体、ノウハウもなくどうやって起業できるのでしょうか。詳細は、ぜひ、本書をお読みください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

経済学の枠組みが分かり、実生活に非常に役立つ書です!

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本書は、経済学の概要を約10時間程度で学んでもらおうという画期的な参考書です。著者によれば、現代社会は様々な知識が飛び交っていますが、それを構造的に深く理解するには経済学の枠組みを理解している必要があり、そのために短時間でそれが学べる書を編纂したということです。実際、本書を読んでみると分かりますが、経済学の各テーマが非常に簡潔に分かり易く解説されています。ぜひ、多くの方々に読んでいただきたい一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

これまでに見たことがない画期的な書です!

8人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本書は、表題には「会計の世界史」とありますが、本文には難しい会計用語や数字はほとんど出てきません。また、覚えにくい外国人のカタカナの名前もほとんど出てきません。本文は、だれにでもわかる非常にわかりやすい文章で書かれ、それでいて会計学や簿記、財務、ファイナンスについて非常によくわかるのには驚きです。ぜひ、一度手にとって見てください。きっと驚かれること間違いなしです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人を上手く動かし、最高の成果を上げるテクニックを紹介した書です!

10人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本書は、人を上手く動かすことで、最高の成果を上げるテクニックを紹介した書です。実は、本書の内容はその多くが著者の実体験や失敗の経験から来ているということで、非常に説得力があります。著者は言います。「苦手なヤツほど、徹底的に利用せよ」と。「そのためには、相手の欲望を見抜き、腰を低くして、助けを求め、味方にしていくことである」と。目からウロコのテクニックが満載の作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

数学が苦手!という人はぜひ、読んでみてください!

8人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本書は、数学は絶対に苦手!という人のために編まれた書です。著者は「中学や高校で数学に挫折してしまった大人の人たちに向けた最速・最短で数学のやり直しができる本である」と豪語します。そういう人たちは、一度、だまされたと思って同書を読んでみてください。著者の言葉が本当であったことが身をもって実感できます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日本人のルーツを最新理論を用いて再検証します!

7人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本書は、日本人のルーツを最新理論を用いて再検証した画期的な一冊です。内容は、「太古の狩人たち――旧石器時代の日本列島人」、「人類の起源と進化」、「アジアへ、そして日本列島へ」、「日本人起源論――その論争史」、「縄文人から弥生人へ」、「倭国大乱から日本人の形成へ」から構成されており、読み応えは十分で、日本人の祖先とその渡来過程が非常によく理解できます。ぜひ、多くの方々に読んで頂きたい一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

増税の裏に隠された真実を暴きます!

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本書は、現在の日本政府が、なぜ、これほどまでに増税をしようとしているのか、その裏に隠された真実を暴こうとした画期的な書です。実は、2018年10月、国際通貨基金は、各国のバランスシートの分析結果を公表し、その結果、日本は負債と資産とを差し引いた純資産はほぼプラスマイナスゼロという状況であったことが分っています。しかし、現在の政権は、財政赤字、財政逼迫と声高に叫び、増税を訴えていす。そこにはどのような真実、裏が隠されているのでしょうか。詳細はぜひ、本書をお読みください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本いま君に伝えたいお金の話

2018/09/08 13:42

お金に困らない「お金の話」です!

8人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本書は、私たちが将来、お金に困らないために、お金についてもっとよく知っておこうという目的で編まれた書です。著者は元通産相の方で、その後、長年投資ファンドを運営されてきた、まさにお金の達人とも言える方です。同書には、お金は寂しがりやで、お金が集まれば、それが自然に仲間を増やしてくれること。お金は一旦手放せば、自然に増えていくこと。お金はある時には凶器にもなり得ること。そういった目からウロコの知識が満載されています。多くの方に読んでいただきたい書です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

株式投資のすべてが分かります!

8人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本書は、株式投資について初心者でも非常に分かり易いように書かれた解説書です。実は、著者は都内のメーカーに勤める傍ら、株式投資をして3億円を稼ぎ出した経験をもっています。そんな著者が、全く株式について知らない高校生と大学生の息子にその投資術を教えるという設定で書かれていますので、本当に分かり易いです。イラストや図が豊富に使われ、見ているだけでも理解できそうなくらいです。株式投資の基本・入門書として一度、手にとってみられては如何でしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

経済学の根源を問う希代な書です!

7人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本書は、人間のための経済学を目指す著者による、経済学とは一体、何のための存在するのかという学問の根源を問う希代な書です。著者は、小さいころ、母親から、お金で買えないものこそ大切にしなさい、と繰り返し言われたそうです。そして、経済学の道に進んだ今、著者は現代の新自由主義経済という考え方には馴染めず、それとは逆の真に人間のための経済を追及しています。そんな著者の考えの根本にある思想をまとめたのが本書です。なかなか読み応えのある一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

15,053 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。