サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

レビューキャンペーン(5/1-31)

レビューアーランキング
先月(2017年4月)

レビュー

hontoに投稿された本、雑誌、電子書籍のレビューやレビュアーのランキングページです。丸善、ジュンク堂、文教堂の書店員のレビューも掲載しています。著名人のレビューも随時更新中です。

今週のイチオシレビュー

ペナンブラ氏の24時間書店

ペナンブラ氏の24時間書店 - ロビン・スローン(著),島村浩子 (訳)

本が好き、が嬉しくなる一冊。

評価 4 投稿者:kou - この投稿者のレビュー一覧を見る

本屋ネタのよくある作品?とんでもない。あなたは、本を広げて冒険の世界に出入りする子どもでしたか。今は大人になって、理屈っぽくなっていませんか。大丈夫。この本を読み始めたら、主人公と一緒に本の匂いを嗅ぎ、気付けば謎解きのクエストの真っ最中です。大丈夫。大人になってもワクワクの種は、あなたの心に眠ってます。本が好きで良かった。それが嬉しくなる一冊です。

妖精大百科

妖精大百科 - 水木 しげる(著)

水木先生の子供向け妖精図鑑

評価 4 投稿者:赤運太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

1984年に発行された「妖精なんでも入門」の復刻新装版、
口絵カラー、二色刷り・モノクロ混合184ページです。

【第1章 妖精の世界へようこそ】では妖精たちの性格や文化など、
【第2章 いろんな妖精たちを紹介しよう】ではそれぞれの妖精の
伝わっている国や特徴について、水木氏の味のある挿絵と日本の
妖怪との比較・考察を交えて簡単に楽しく語られています。

一般的な妖精のイメージである可愛らしく羽の生えたフェアリーや、
シルフやドライアドの様な美しい精霊はほとんど紹介されておらず、
悪戯好きで気まぐれ、時に恐ろしく謎めいた、どちらかというと妖怪に
近いものを好んで紹介している著者らしい内容です。

とはいえ子供向けなので、ホラー系のデュラハンやバンシーなどは
収録されておらず描写もマイルド、いつものゾッとする様な凄みを
期待すると物足りなく感じると思います。
唯一「ナックラビー」は中々グロテスクで、昔話の「山姥」の
様なやり取りが語られており、楽しめました。

ただ、やはり本格的な本と比べると説明文が短くシンプル過ぎ、
特に「赤帽子」の項は爪や武器・鉄の靴、帽子を血で染める特徴に
ついても語られておらず、少々残念でした。
また、ハードカバーではないのは良いとしても、表紙画は
「妖精なんでも入門」のままで復刻して欲しかったです。

本格的な妖精図鑑としては物足りませんが、妖精入門の児童文庫と
しては十分な内容だと思います。
なにより私の様な初見の読者も、本書を懐かしむファンにとっても
この値段で復刻版が楽しめるのは素晴らしい事です。
この本を遺して下さった水木先生と復刻してくれた小学館に感謝です!!

まど・みちお人生処方詩集

まど・みちお人生処方詩集 - まど みちお (詩と絵),市河 紀子 (選詩)

詩って奥が深い

評価 4.5 投稿者:やっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

『ぞうさん ぞうさん おはながながいのね そうよ かあさんもながいのよ』
誰もが一度は口ずさんだことがあるこの詩歌。
詩人、まどみちおさんの作品です。

詩のテーマになっているのものはバラエティ豊かで、アリ、小鳥、のような生き物たちから、にじ、空気、ボール、さまざまです。

飾らない素直な言葉たちが、わたしの胸まで真っ直ぐに届きました。

書店員レビュー 丸善・ジュンク堂・文教堂

著名人レビュー

「哲学からサブカルまで」書評一筋半世紀、読書人のレビューをhontoで紹介!
「哲学からサブカルまで」
書評一筋半世紀、
読書人のレビューをhontoで紹介!

「読書人」は、いわゆる知識人階級だけでなく、市井の読書層まで含めた「日常的に読書をたしなむ人々」の意味をもつ中国語に由来します。文学・芸術、学術・思想から一般書、サブカルチャーまで幅広く、文化界の最新トピックスを、第一線の研究者や著名作家による定評ある署名入り書評と、巻頭のロングインタビューや対談、座談会などで詳細に紹介します。署名入り書評掲載点数は日本一で、創刊1958年の伝統ある新聞です。


マンガHONZ×honto
読みたい本が、きっと見つかる!

マンガHONZとは、毎年数多く出版されるマンガの中から埋もれている良著をそっとすくいあげ、世に広く紹介することを目的としたサイトです。マンガを心の底から愛する、厳選された読み手が、心からお薦めできるマンガだけを選び抜き、紹介しています。 緻密に描かれたマンガ、個性が光る著者。独特の視点から選び出したマンガリスト、編集者やマンガ家自身など作り手による思いなども紹介していきます。マンガの世界をご一緒に楽しみましょう。

著名人レビューやインタビューの一覧を見る

レビューの書き方 あなたもレビュー書いてみませんか?

レビューは商品ページまたはMy本棚から投稿できます。

商品ページからレビューを書く

1. 商品ページの「レビューを書く」をクリック

2. レビュー・評価ページで「ニックネーム、タイトル、内容、評価」を入力すれば完了です

My本棚からレビューを書く

1. My本棚の「レビューを書く」をクリック

2. レビュー・評価ページで「ニックネーム、タイトル、内容、評価」を入力すれば完了です