サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. Todosloさんのレビュー一覧

Todosloさんのレビュー一覧

投稿者:Todoslo

1,396 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

服従

紙の本服従

2015/11/25 04:24

さらに優れた小説

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本書が発表された2015年1月17日に、シャルリー・エブドが襲撃されたのは運命的だ。優れた小説は今現在の空気を感じて描かれる。さらに優れた小説はこれからの出来事を鋭い予感で伝える。イスラムに心をとらわれた世界を映し出した本書が、後者に当てはまるのは間違いないだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ことり

紙の本ことり

2016/02/27 11:17

タイトルが秀逸

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

一見すると孤独な兄弟が小動物の世話をする、心温まるイメージが広がってくる。しかし表題に隠されたもう1つの残酷な意味が明かされた時、強く心を揺さぶられた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

14歳からわかる生命倫理

紙の本14歳からわかる生命倫理

2015/07/22 11:51

命までもが格差社会

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この本の著者は1975年生まれだ。1990年代就職氷河期に社会にでていったいわゆる「ロストジェネレーション」にあたる。新しい価値観や技術がひろがっていくなかで、取り残されたしまった人たちもいるはず。この本のなかには経済的な格差だけではなく、生命の格差にまで苦しめられる人たちが登場する。そんな弱者に光を当てようとすることは、決して無駄ではないだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

恋する原発

紙の本恋する原発

2012/02/08 00:43

遠い震災文学

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 高橋源一郎は1988年、「優雅で感傷的な日本野球」で三島由紀夫賞を受賞している。この小説は野球とは関係ないことを書いていくことで、野球を書くという特異な小説だ。
 今回のこの小説も、東日本大震災とまったくかけ離れたAV制作の場面が、延々と語られる。あまりに不謹慎と、感じる読者もいるかもしれない。しかし、3.11直後の、過剰な自粛・節電・「絆」の連呼は、表現の自由を侵害してしまうこともあるのだろう。物語終盤に、突如スーザン・ソンタグ(9.11直後に過剰な愛国心に反対した)がでてくるのは、これからの文学に対する作者の危機感の表れかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

火花 北条民雄の生涯

紙の本火花 北条民雄の生涯

2017/01/18 10:35

孤高の小説家

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

生まれた場所さえ消されてしまう差別や偏見に、強い憤りを感じた。23歳の短い生涯と書き残した作品の中に鮮烈な記憶を感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

川のうた

紙の本川のうた

2017/01/18 10:00

流れる川と血

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

静かな言葉の中にアフリカ系アメリカ人の誇りがつたわてくる。人種や国境を越えて、ありのままに生きることを考えさせられた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

悲しい色やねん

紙の本悲しい色やねん

2017/01/13 10:38

悲しいドンやねん

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

表題作は1988年連載の短編小説だ。エリート銀行員が親の跡目を継ぐどこかで聞いたような話だが、ラストの上田正樹の歌と南港のシーンは感動的だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

老ヴォールの惑星

紙の本老ヴォールの惑星

2017/01/12 10:30

2006年星雲賞受賞

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「漂った男」では、惑星全体が栄養で満たされた海を遭難する奇妙な世界だ。監獄よりも埋蟄よりも深い孤独を表現できるのは、著者が人の心を信じているからなのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

映画カントクは中学生!

紙の本映画カントクは中学生!

2017/01/05 09:51

未来への配給

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

14歳が監督した映画「やぎの冒険」にはたくさんの可能性が秘められている。自分の好きなことを追いかけることは、すべての世代に必要だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

どうしたらチェスできみのパパに勝てるか 50の必殺チェックメイト

未来への一手

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ペトロシアンやボビー・フィッシャーなど、世界中の名プレイヤーの技が登場する。技術だけではなく、チェスへの純粋な好奇心を感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

遠い街・恋の街

紙の本遠い街・恋の街

2016/12/31 06:01

懐かしい新しい6編

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

日本全国どこへ行っても同じ風景になってゆく、一抹のさみしさを感じた。旅をすること、新しい風景に出会うことの喜びも伝わってくる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

素粒子

紙の本素粒子

2016/12/29 13:30

オスカー・レーラー監督映画化原作

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

グリフィスのものがたりのように、登場人物たちの記憶がある散りばめられた構成は見事だった。孤独な兄弟の彷徨う様子は、今の世界そのものだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

初恋

紙の本初恋

2016/12/28 10:01

プラトンも夢見た

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「饗宴」に描かれているような、両性具有の魅力が伝わってくる。束縛から逃れようとするふたつの魂が見事に描かれていた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

子猫が読む乱暴者日記

紙の本子猫が読む乱暴者日記

2016/12/28 06:01

チクリとさす7編

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「デーモニッシュ・キャンドルズ」に登場するニカラグアの政治家を暗殺した吹き矢が印象的だった。猥雑な中でも時折知性を感じさせるところが良かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

街は気まぐれヘソまがり

紙の本街は気まぐれヘソまがり

2016/12/27 05:58

恐怖も涙も

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

帝銀事件の真犯人に迫る場面は、トッド・ブラウニング監督の映画のようで手に汗握る。「ズボンで着陸」にも登場するサンちゃnとの別れには胸が痛んだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1,396 件中 1 件~ 15 件を表示