サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

 丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ~酔って読む・読んで酔う~ お酒と読書

 丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ~酔って読む・読んで酔う~ お酒と読書

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

ブックツリー

Myブックツリーを見る

本の専門家が独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの”関心・興味”や”読んでなりたい気分”に沿ってご紹介。
あなたにオススメのブックツリーは、ログイン後、hontoトップに表示されます。

オススメのブックツリー

検索結果 38 件中 1 件~ 30 件を表示

入社1年目から差をつける!現代のビジネスマンに必須の考える力が学べる本

お気に入り
17
閲覧数
1274

これからのビジネスマンには、言われたことをやるだけではなく、自分の頭で考える力を持っていなければ生き残っていけません。だけど、この力を習得するのは簡単ではありません。特に、社会人1年目のビジネスマンには難しく感じるでしょう。だけど、ここで紹介する本を読んで、書いてあること実践すれば自然と身につくはず。ぜひ、お試しください。

「思考すること」をたえず思考しつづけるために

お気に入り
28
閲覧数
2038

思考とはいったい何でしょうか。これを「考え」や「思い」などの言葉を使わずに説明することは可能でしょうか。私たちが了解している「思考する」は、「存在する」と同様に深遠なテーマなのかもしれません。この問題を、ご紹介する本とともに思考してみませんか。【選者:横田祐美子(よこた・ゆみこ:1987-:立命館大学専門研究員)】

私たちはなぜ物語に惹かれてしまうのか?はじめての「ナラトロジー(物語論)」

お気に入り
30
閲覧数
2501

物語は、私たちの心にいろんな感情を生み出します。文字を追うだけの行為になぜここまで心が揺さぶられるのか、冷静に考えるとちょっと不思議なものです。そんな疑問を解き明かす学問が「物語論(ナラトロジー)」。「何それ?」という方にもわかりやすい基礎的な手引書を精選しました。物語論を学べば、物語をより深く味わえるようになるはずです。

もし悩みがあるなら、この本があなたの味方になります

お気に入り
13
閲覧数
820

恋愛、家族、仕事、友人、病気、成熟・・・こんな世の中ですから、みんな何かしらの悩みがあるでしょう。同じような悩みでも「なんだそんなこと」とすぐに思える人もいれば、うじうじとずっと悩み続けてしまう人も。悩むのって人間らしいと思いますが、一人で立ち止まるのは、辛い。そんなとき、味方になってくれる本を紹介します。

次々に起こる心霊現象と不可解な殺人・・・オカルト×ミステリーの世界

お気に入り
18
閲覧数
1102

ホラーとミステリーは相性が抜群。不可解な状況にオカルト的な要素を加えれば、「心霊現象」のできあがりです。そんな心霊現象を作為あるトリックとするものもあれば、一部実際に起きた心霊現象を取り入れたり、いろいろなパターンや作例があります。ここではオカルト要素満載でありながらロジカルな本格ミステリーを紹介します。

「日本」と「近代」を考えるのにガッツリ読みたい5冊

お気に入り
30
閲覧数
1927

近代‐現代について考えることはもちろん生半可なことではない。だが、「まとめてみた」類の概説書や「教養」のための読書を通してではなく、ひとまず日本において、とりわけ「文学」やその近傍から、それを一度“ガッツリ”考えてみたい貴方には次の5冊をお薦めする。【選者:長濱一眞(ながはま・かずま:1983-:批評家)】

自分の中に新しく芽生えた価値観を確認するための5冊

お気に入り
6
閲覧数
468

コロナウイルスによって大切なものがはっきりしたり、世の中に対する見方が変わった方も多いかもしれない。いま書店さんはまだまだ閉店している所も多いが(2020年5月現在)、電子書籍含めて本が手に入る環境にあれば、今おすすめしたい5冊である。少し先の未来に、今回の苦悩の日々が決して無駄ではなかったと思える日が来ることを祈って。

ミスリードが醍醐味!「信頼できない語り手」の叙述トリックを使った小説

お気に入り
18
閲覧数
1284

小説の叙述テクニックの一つ、「信頼できない語り手」が登場する小説を紹介します。登場人物やナレーターは、なんらかの理由で真実ではないことを語り、それにより読者のミスリードや困惑を誘います。語り手の供述と真実の間に生じる齟齬が、この手法のおもしろさです。彼らが真実を語らない理由に気づいたとき、人間心理の奥深さに感嘆するでしょう。

奇妙な世界観が映し出す・・・「人間の本質」にゾクッとする小説

お気に入り
357
閲覧数
20283

何かがおかしい、現実世界から一歩踏み外してしまったような奇妙な世界感のもと、人間の本質が描かれた小説を集めました。人の心は単純で、きれいなだけではないもの。ふとした拍子に予測できない動きをしたり、過ちを犯したり、弱さに逃げ込んだりします。物質的な恐怖よりもある意味怖い、人間の心を映し出すストーリーです。

読み継がれるには訳がある!あなたの人生に影響を与える名作小説

お気に入り
23
閲覧数
1985

時代を超え、長きにわたって読み継がれている名作小説。多くの人々に感動や影響を与え続ける作品には、読者を惹きつけてやまない魅力があります。ここではそんな名作の「名作たるゆえん」を紹介します。「タイトルは知っているけど、一度も読んだことなかった」という方はぜひ、この機会に手に取ってみてください。

あの頃のワクワクをもう一度!昭和女子に魔法をかけてくれるコミック

お気に入り
7
閲覧数
1059

押し寄せる暗いニュースや仕事ばかりの日々に疲れが溜まるこの頃。ドキドキやワクワクがもっとほしいのに、現実はなんとも世知辛い・・・。そんな悩める大人女子にオススメなのが、夢見心地な気分にじっくり浸れる個性的な少女コミックです。昭和に出版されるも今なお世代を超えて読み継がれる懐かしの名作を読めば、きっと明日も気分上々!

対策のヒントもある!?ウイルスとの戦いを描いたエンタメ小説

お気に入り
21
閲覧数
1424

ペストやスペイン風邪、エボラ出血熱に新型肺炎。時代時代で変異を繰り返してきたウイルスが人類に脅威を与えるたび、われわれは大きな犠牲を伴う戦いを余儀なくされてきました。ここでは感染源の発見、封じ込め、特効薬の開発など、医師や政府職員によるウイルスとの戦いを描いた小説を紹介します。心の持ちようなど、参考になることもあるはずです。

アメリカ思想史を日本語で学ぶための5冊

お気に入り
25
閲覧数
1558

「アメリカ思想史」と言われてもいまいちピンと来ないという方はきっと多くいらっしゃるでしょう。実はアメリカ思想史という領域はいま米国で盛り上がっているのですが、これを日本語で学べる本は決して多くありません。ここではそのなかから5冊をご紹介します。【選者:入江哲朗(いりえ・てつろう:1988–:アメリカ思想史研究)】

胸が締めつけられる・・・。センチメンタルすぎる百合漫画

お気に入り
37
閲覧数
2500

女性同士の恋愛、特別な結びつきを描いたジャンル「百合」。近年タイトル数も増え、人気を集めているジャンルですが、その中でもどこか切なく、センチメンタルな気持ちになる百合漫画を集めました。楽しいだけでは終われない少女たちの恋模様と、そこで描かれる感情の機微をお楽しみください。

あなたの語彙力、足りていますか?自分の意志をきちんと伝えるための本

お気に入り
62
閲覧数
2665

ビジネスメールで同じ言葉を多用したり、自分の気持ちを伝えるぴったりの言葉が見つからない・・・なんて経験は誰にでもあるでしょう。言葉の使い方はビジネスシーンのみならず、あらゆる局面で人間関係に影響をおよぼす重要なものです。ここでは語彙力がアップしたり、局面ごとに適切な言葉遣いができるようになる本をピックアップしました。

憂鬱な気持ちなんて、忘れちゃう!抱腹絶倒のエッセイ

お気に入り
166
閲覧数
13372

落ち込んだときには、どのように気持ちを切り替えていますか?「おいしい物をお腹いっぱい食べる」「カラオケで歌いまくる」「ショッピングに出掛ける」などなど。落ち込んだ気持ちを吹き飛ばす方法は、人それぞれあると思います。もしよろしければ、そこに「本を読んでお腹を抱えて笑う」という選択肢を追加してみませんか?

漫画が生み出される瞬間!漫画家と漫画編集者の仕事に漫画の変遷、装丁など

お気に入り
1
閲覧数
131

今までそれほど読んでこなかった漫画にすっかりはまっている日々、きっかけは今回1冊目に紹介するインタビュー集でした。実際に漫画を手に取るようになって、選び始めは名作も新作もジャンルの区別も知らず大海原のようだったのが、漫画家や編集者、物語の舞台などポツポツ小島が見えてくるように興味は広がるばかり。漫画を取り巻く5冊を。

「やっぱり私は書店が大好きだ!」と再確認した今おすすめする5冊

お気に入り
2
閲覧数
210

コロナの影響で行きたいのに行けなかった場所No.1は書店でした。多くの書店が休業し、書店未訪問は人生最長の2ヵ月間。隣駅の書店で文庫売り場の前に立ったときのなんとも言えない安堵感。やっぱり書店さんが好きです。感染リスクを抱えながら営業してくれた地元の書店も大切ですね。今回は書店好きとしておすすめしたい本です。※本ブックツリーの内容は、執筆時点(2020年5月19日)の情報に基づいております。

ゲームでコミュニケーションや知識創造を加速させろ!

お気に入り
2
閲覧数
406

会議を始めとしたコミュニケーションの場は仕事や勉強のためとはいえ、つまらなくて良いわけではありません。みんなの意見や知識を引き出すためには、「伝えたい!」「教えたい!」といったモチベーションを高める楽しさが必要です。それがゲーミフィケーションです。書評のゲーミフィケーションと言われる「ビブリオバトル」。今回はゲームとは何か?そのコミュニケーションへの応用という視点で選んでみました。

28projectで生徒を支える!品川女子学院中学校で出題された文章

お気に入り
1
閲覧数
127

今回は「自ら考え、自らを表現し、自らを律する」を校是とする品川女子学院中学校の入試問題で出題された文章をご紹介します。生徒の28歳をイメージし、そこから逆算して人生設計を考えるライフデザイン教育「28project」が特徴です。生徒の卒業後まで考える教育姿勢そのまま、卒業後も深いかかわりを持てるのが魅力的。

「感性の旅人」たちの本

お気に入り
4
閲覧数
868

歴史や異文化を深く知るには、なにより「感性」が重要だ。現場に立ち、五感すべてを開いて風景と対峙するような。あるいは、犬のように路地をうろつきくんくんと嗅ぎまわるような。自己を再認識し、さらに相対化する視座も、そんな旅の態度があってこそ身につくのだろう。ここに挙げた5冊は、その好材料を提供してくれるはず。

人間はずっと人生を嫌ってきた――古今東西のペシミズム

お気に入り
50
閲覧数
2024

人間はずっと人生と世界を嫌悪してきた。ここで紹介するのは、そんな嘆きと呪詛のほんの一部だ。人間には明も暗もあるが、今回は主に暗部ばかりに惹かれる人のために選んだ。ただ、人間が残してきた暗い思想の意味を考えるのは、決して陰気な物好きだけの仕事ではない。【選者:大谷崇(おおたに・たかし:1987-:ルーマニア思想史研究)】

偏差値も上昇中!法政第二中学校で出題された文章

お気に入り
0
閲覧数
51

今回紹介するのは、神奈川県の武蔵小杉に位置する法政大学の付属校・法政第二中学校。2016年に共学化し、近年偏差値も上昇しています。やはり付属校というのもあって人気が高まっているようです。校舎も改装されて設備・学習環境は好評。部活動にも力が入っており、文武両道の充実した学校生活を送ることができます。※本ブックツリーの内容は、執筆時点(2020年5月11日)の情報に基づいております。

自粛で自宅時間がいっぱいあるから今、新しい若い漫画を読もう

お気に入り
0
閲覧数
158

自粛時間、長いですよね・・・これ、元に戻るのに何年かかるんですかね。人の移動とか密集とか、2019年までの感覚になれる日は来るんでしょうか。まさかこんな世界になるなんて、誰も予想してなかったですよね。本当に現実って想定を超えてくる。うっかりするとすぐ鬱々した気持ちになっちゃう。でもせっかくなら少しは自分にプラスになることも探したいです。一人の時間はいつもよりたっぷりある、だから普段とはちょっとだけ違うものを手に取ってみたいと思います。※本ブックツリーの内容は、執筆時点(2020年5月2日)の情報に基づいております。

このまま忘れられるのはもったいない!読みやすくてスタイリッシュな森瑤子

お気に入り
0
閲覧数
103

バブルの時代、男女の世界観を描かせたらこの人の右に出る者はいないという森瑤子先生。早くに亡くなってしまいましたが、作品は未だ色褪せません。すごいのは、きっちり時代をリアルに描写してるにもかかわらず、「古くて読めない」にならないことです。スマホどころか携帯電話もない時代を、それも都会の最先端を描いているので随所に古臭さは当然あります。服装の描写やブランド品の小道具なども実に具体的で(がっつりした毛皮のコートとか)、だからこそ「昔のセンスだなあ」と感じることもあるんですが、それも含めて味になっています。新作が発表されなくなって久しいせいか、最近はあまり手に取る人も少なくなってきているようですが、もったいない!これぞ男女のエンタメ!です。ぜひこの機会に。ちなみに長編の作品もありますが、断然短編がお勧めです。

異なるラスト、どっちがお好み?映画ファンも新たな気持ちで楽しめる原作小説

お気に入り
4
閲覧数
1248

小説の映画化は、原作通りとはいかないこともしばしば。しかしラストを原作と違うものにした場合、ファンからの賛否両論は避けられません。原作を未読の映画ファンにとってみれば、別のラストを知る楽しみが生まれることも。ここでは、映画版とは結末が異なる原作小説を紹介します。

ディストピアマンガの力業をとことん味わう!

お気に入り
1
閲覧数
672

ディストピアマンガには、何かしら人の想像力を突き動かすものがあります。人間性が押し潰されるような過酷な世界で生き抜くたけじゃなく、世界を変えていく何かを持った主人公たち。そんな世界や人生にリアルを感じる私たちという存在にも、気づかされてしまう。強烈なイマジネーションとプロットと絵の力を持ったマンガ家5人の作品を選びました。

アンタゴニズム(敵対性)と政治について考えるブックリスト

お気に入り
22
閲覧数
1532

近年、活発な批判や対立はあまり歓迎されない雰囲気がある。このかんの感染症対策をめぐる政府の無責任かつお粗末な対応についても、「いまは批判してる場合じゃない」と言って、これを諌めようとする人たちがいる。しかし対立や批判、すなわち敵対性とは、政治にとって本質的なものではなかっただろうか?アンタゴニズム(敵対性)と政治について考えるためのブックリストをお届けする。【選者:山本圭(やまもと・けい:1981-:立命館大学准教授)】 ※本ブックツリーの内容は、執筆時点(2020年3月1日)の情報に基づいております。

眠る記憶をざわめかせる、ざわめく記憶を眠らせる

お気に入り
10
閲覧数
589

歳を取ると、自分の忘却力に驚かされる。忘れるのはやはり忘れたい記憶が多い。でも、記憶を失うのは、個人でも、集団でも、地域社会でも、国でも同じである。失われた記憶をざわめかせるもの、また、忘れられない記憶を眠らせてくれる営みをめぐる5冊を選びました。【選者:福島勲(ふくしま・いさお:1970-:仏文学者・文化資源学者)】

モチベーションを上げたい方、必読!信念を持って歩み続ける男たちの物語

お気に入り
15
閲覧数
1702

遠い目標に向かって日々努力していると、先が見えずに不安を感じることもあるでしょう。そんなときにオススメのノンフィクション本を紹介します。著者たちと一緒に、まるで荒波に揉まれる小舟に乗っているようなヒヤヒヤ感を味わってみてください。読後の爽快感とともに、モチベーションが高まって次の一歩を踏み出す準備ができているはずです。

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。