サイト内検索

キーワードを入力

詳細検索

送料無料

全品ポイント2倍

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 桜色のハーフコート 杉原爽香三十四歳の秋 文庫オリジナル/長編青春ミステリー
桜色のハーフコート 杉原爽香三十四歳の秋 文庫オリジナル/長編青春ミステリー(光文社文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.9
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社文庫
  • サイズ:16cm/309p
  • 利用対象:一般

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

桜色のハーフコート 杉原爽香三十四歳の秋 文庫オリジナル/長編青春ミステリー (光文社文庫 杉原爽香シリーズ)

著者 赤川 次郎 (著)

爽香は無断欠勤している部下・宮本の自宅を訪ねた。玄関の前に立つと、娘の怜が飛び出して駆けていった。人気のない自宅に上がると、宮本の死体が—。怜と同様に、宮本の妻・正美も事...

もっと見る

桜色のハーフコート 杉原爽香三十四歳の秋 文庫オリジナル/長編青春ミステリー (光文社文庫 杉原爽香シリーズ)

596(税込)

桜色のハーフコート~杉原爽香三十四歳の秋~

540(税込)

桜色のハーフコート~杉原爽香三十四歳の秋~

ポイント :5pt / 紙の本より56おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • PC
  • iPhone
  • iPad
  • Android

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
PC XMDF 無制限
iPhone XMDF 無制限
iPad XMDF 無制限
Android XMDF 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

爽香は無断欠勤している部下・宮本の自宅を訪ねた。玄関の前に立つと、娘の怜が飛び出して駆けていった。人気のない自宅に上がると、宮本の死体が—。怜と同様に、宮本の妻・正美も事情を明かさずに行方をくらます。母娘の不可思議な行動の裏側に、複雑な家庭事情があると、爽香は敏感に感じとって…。読者とともに登場人物が年齢を重ねる人気シリーズ第20弾。文庫オリジナル、長編青春ミステリー。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2007/10/11 05:30

投稿元:ブクログ

年に1冊の「爽香シリーズ」第20弾。
最近、赤川さんの作品で読むのはこのシリーズだけになってしまいました。
テンポよく読みやすい。男女関係にしまりがないことと、いとも簡単な動機で殺人事件が起きてしまうといったところが、相変わらずですが、推理小説としての構成というか、からくりも、ずいぶんええ加減という印象になってしまいました。この先、どこまで続くんでしょうかね。

(2007/10/4)

2008/02/16 14:08

投稿元:ブクログ

今回も良かったですね〜毎年一冊は長いなぁ〜脇役の中川あたりがいい味だしてる。話はちょっと悲しいかな〜(T_T)

2007/09/07 18:20

投稿元:ブクログ

毎年恒例の杉原爽香シリーズ。
初めて読んだのは中3年のとき、サスペンス系だと知らずに読書感想文用として手に取りました。その後既刊を読破し中学生だった主人公もいつの間にか34歳。際立って面白い、というわけじゃないけれど買ってしまいます。

2009/03/08 00:23

投稿元:ブクログ

このシリーズを久しぶりに読んだけど
今までの登場人物がみんな活きているのね。
それってすごいよね。
結末はふ〜んって感じなんだけど
それまでの話の展開とか人物描写が
私をワクワクさせてくれる。
爽香はホントに苦労しすぎよ。
でも私の近くに爽香みたいな人がいたら、
私も頼っちゃうんだろうな。
今後ももちろん楽しみだわ。

2010/04/19 01:20

投稿元:ブクログ

このシリーズが初めてのせいもあってか読み進まん
赤川次郎さんの著書の一番いいところだと思ってる読みやすさがあまり感じられないからだと思う

2011/08/01 06:24

投稿元:ブクログ

シリーズの中でも,事件性の高い話が集まっている。
ホームレス
家庭内暴力(ドメスティックバイオレンス)
学校の荒廃
などなど、複数の事件が重なっている。

杉原爽香の活躍は続く。

最後が、大円団で,ハッピイエンドなところがやや余韻が足りないかもしれない。

連載と文庫という決まった枠がややじゃまな気もしました。
最後は、もう少し,丁寧な描写があってもよかったかもしれない。

読者の想像にまかせるというのも文学だとは思いますが。

2012/06/13 21:20

投稿元:ブクログ

あれから、もう1年経ったんだなあ・・・。

なんて、刊行されるたびに思っちゃいますネ。
今回は安心して読める話でした。
クスッと笑える部分もあったり。
なんとなくマンネリだけど、それもよし!
ラスト、全部の事件がいっぺんに解決しちゃうあたり、
爽香らしい終わり方だなあと思いました♪

来年は、事件じゃなくて、母親として子育てに奮闘する爽香が見たい!

2012/01/22 21:24

投稿元:ブクログ

いつの間にか爽香も34歳。
体面のことしか頭に無い大人、家庭内暴力、ひきこもり、天才子役……と、現代社会のホットな内容も取り入れつつ、人生を精一杯生きている主人公の人間的な強さを描いているところが好き。
赤川次郎の小説は、女性の強さ、男の弱さ、人間の情けなさ、したたかさがあり、登場人物に共感しつつも、軽く読めるユーモアがあって尊敬する。

2016/04/29 14:28

投稿元:ブクログ

爽香の部下宮本の無断欠勤が続き心配で家を見に行くと・・・そこには宮本の遺体と消えた母娘。娘はホームレスの人に守ってもらい、生活をします。そのホームレスの正体は女子高の理事長で、、、、痴情のもつれがすごいです。2つの女子高が関係している話なので、頭が混乱します。あとは、中川は本当に爽香が好きなんですね!!!今後の爽香と中川の関係も気になります。

2013/05/03 04:16

投稿元:ブクログ

爽香シリーズ第20弾、爽香、三十四歳の秋。爽香は無断欠勤している部下・宮本の自宅を訪ねた。玄関の前に立つと、娘の怜が飛び出して駆けていった。人気のない自宅に上がると、宮本の死体が―。怜と同様に、宮本の妻・正美も事情を明かさずに行方をくらます。母娘の不可思議な行動の裏側に、複雑な家庭事情があると、爽香は敏感に感じとって…。死体・怪我…爽香の周りの人間が起こす事件。

サイト内検索

キーワードを入力