サイト内検索

詳細検索

小説&文庫&ラノベポイント2倍(~9/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 噓はオアシスに眠る
噓はオアシスに眠る(ヴィレッジブックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

噓はオアシスに眠る (ヴィレッジブックス)

著者 ジュリー・ガーウッド (著),鈴木 美朋 (訳)

警察やFBI、様々な法執行機関に携わる大家族に育ちながら、コンピュータビジネスで成功を収める異色の才媛ジョーダン。親友と兄の一人の結婚式で風変わりな大学教授と知り合った彼...

もっと見る

噓はオアシスに眠る (ヴィレッジブックス)

929(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

警察やFBI、様々な法執行機関に携わる大家族に育ちながら、コンピュータビジネスで成功を収める異色の才媛ジョーダン。親友と兄の一人の結婚式で風変わりな大学教授と知り合った彼女は、両家の祖先にあたるスコットランド氏族に因縁めいた伝説があると聞き、教授の住むテキサスの田舎町へやってきた。だが直後、教授の他殺体が発見され、ジョーダンに嫌疑がかけられる。報せを受け現れたのはFBI捜査官のノア—彼は兄の同僚であり、抗いきれない魅力でジョーダンの心乱す男だった。そんな矢先、新たな死体が見つかり、素朴な町は意外な素顔を見せはじめ…。ロマンスの名手が贈る話題作。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

ヒーローとヒロインの魅力が発揮されていない感じ・・・

2010/01/27 23:27

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:めるる - この投稿者のレビュー一覧を見る

警察やFBI、様々な法執行機関に携わる大家族に育ちながら、コンピュータビジネスで成功を収める異色の才媛ジョーダン。親友と兄の一人の結婚式で風変わりな大学教授と知り合った彼女は、両家の祖先にあたるスコットランド氏族に因縁めいた伝説があると聞き、教授の住むテキサスの田舎町へやってきました。だが直後、教授の他殺体が発見され、ジョーダンに嫌疑がかけられてしまいます。報せを受け現れたのはFBI捜査官のノア・・・彼は兄の同僚であり、抗いきれない魅力でジョーダンの心乱す男でした。そんな矢先、新たな死体が見つかり、素朴な町は意外な素顔を見せはじめ…。

ついにあのノア・クレイボーンがヒーローに!! と期待しすぎたのが悪かったのか・・・。

シリーズ1作目から、脇役として登場していたノア。プレイボーイっぷりを見せてくれていた彼が、とうとうヒーローとして恋に落ちる! その様をたっぷり楽しませてもらおうかと思っていたのですが・・・。

ロマンスもサスペンスも、いまいち盛り上がりに欠けたように感じました。別に面白くないわけではないけれど、淡々と話が進んでいく・・・そんな感じでした。

あのノアですから、熱ーい、甘々なロマンスを期待していたんですけどね。もっとジョーダンに対する感情で戸惑い、もんもんと悶える彼が見たかった(笑)。

場面場面ではクスッと笑ったり、家族のやりとりで心温まったり、悪くはなかったのですが、ドキドキ感が少なかったのが残念です!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/01/18 09:01

投稿元:ブクログ

ノアがヒーローなのでどんな話になるかとても期待していたわりには普通だった。
でも、こんなに期待していなければ、ミステリーとしては面白いと思う。
登場人物がたくさんで、みんないい人そうで、誰が犯人わからない怖さが、ちょっとありました。

2009/12/25 03:15

投稿元:ブクログ

とうとう出ましたジョーダンとノアのカップル。期待はずれだったなぁロマンスもサスペンスも。ノアだろ?もっとドキドキヒヤヒヤさせてくれなくちゃなぁ。しかし彼女の手術中 ノアの悲壮感漂う場面はグッときた・・・。犯人はかなりの自己中な奴だったなぁ。ブキャナンパパも微妙に絡んだお話。

2010/08/01 14:10

投稿元:ブクログ

[ 内容 ]
警察やFBI、様々な法執行機関に携わる大家族に育ちながら、コンピュータビジネスで成功を収める異色の才媛ジョーダン。
親友と兄の一人の結婚式で風変わりな大学教授と知り合った彼女は、両家の祖先にあたるスコットランド氏族に因縁めいた伝説があると聞き、教授の住むテキサスの田舎町へやってきた。
だが直後、教授の他殺体が発見され、ジョーダンに嫌疑がかけられる。
報せを受け現れたのはFBI捜査官のノア―彼は兄の同僚であり、抗いきれない魅力でジョーダンの心乱す男だった。
そんな矢先、新たな死体が見つかり、素朴な町は意外な素顔を見せはじめ…。
ロマンスの名手が贈る話題作。

[ 目次 ]


[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

2010/10/30 17:39

投稿元:ブクログ

この作家さんの作品はヒストリカルから入りましたが、嗜好の変化か今ではロマンティック・サスペンスと呼ばれる「ブキャナン家」シリーズが一番好きです。
なかでもこのタイトルのヒーロー、ノアは1作目から私的一押しキャラ。ブクログ登録は遅いですが、実際は発売日と同時に書店に走りました。それくらい出版されるのを待っていました。
一気に読ませる作家さんの力量は相変わらず健在です。ただシリーズ1作目や2作目と比べると内容が薄いかな、と思わなくもない。
あくまでもロマンス小説だから、本格的なサスペンスものを求めている方には物足りないかと。
次作で再び脇役に回ったノアたちがどう描かれるのか興味が尽きません。
つまるところ、私はこのシリーズが大好きらしい。

2011/03/31 21:13

投稿元:ブクログ

異色の才媛ジョーダン。両家の祖先にあたるスコットランド氏族に因縁めいた伝説があると聞き、教授の住むテキサスの田舎町へ。だが直後、教授の他殺体が発見、ジョーダンに嫌疑が。
報せを受け現れたのはFBI捜査官のノアー。兄の同僚であり、抗いきれない魅力でジョーダンの心乱す男だった。

ブキャナン家シリーズ現代版。FBI.
コンテンポラリーですが,ヒストリカル作品の子孫たちが現代で活躍。

ヴィレッジブックス ランキング

ヴィレッジブックスのランキングをご紹介します一覧を見る