ネットストア

今なら全品送料無料¥0

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)
詳細検索

ネットストア予約ポイント2倍

水のかたち 上

  • 取扱開始日:2012/09/25
  • 出版社:集英社
  • サイズ:20cm/388p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-771469-2

  • 国内送料無料

水のかたち 上

宮本 輝 (著)

紙書籍

1,728 ポイント:16pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

東京の下町で暮らす平凡な主婦、能勢志乃子。50歳の誕生日に、近所の古い喫茶店で、年代ものの文机と茶碗と手文庫を貰い受ける。後日、その茶碗の驚くべき価値が判明して、志乃子は...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

東京の下町で暮らす平凡な主婦、能勢志乃子。50歳の誕生日に、近所の古い喫茶店で、年代ものの文机と茶碗と手文庫を貰い受ける。後日、その茶碗の驚くべき価値が判明して、志乃子は骨董の世界に足を踏み入れていく。予期せぬ出会いと友情が引き寄せる、新たな人生の喜び―生の希望に満ちた、傑作長編小説。【「BOOK」データベースの商品解説】

平凡な主婦・志乃子は、50歳の誕生日に、年代ものの文机と茶碗と手文庫を貰い受ける。後日、その茶碗の驚くべき価値が判明して、志乃子は骨董の世界に足を踏み入れていく…。『エクラ』連載に加筆し書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

宮本 輝

略歴
〈宮本輝〉1947年兵庫県生まれ。広告代理店勤務を経て、執筆活動へ。「泥の河」で太宰治賞、「螢川」で芥川賞、「優駿」で吉川英治文学賞を受賞。2010年、紫綬褒章を受章。

書店員レビュー

ジュンク堂書店大分店

50歳の主人公、主婦の志乃子。…

ジュンク堂書店大分店さん

50歳の主人公、主婦の志乃子。
とても魅力的な彼女につながる、心優しく素敵な人たち。
骨董、ジャズ、敗戦後朝鮮から帰国した人々の歴史、糖質制限食。
一見つながりのわからないこれらの要素が
志乃子を中心に絡み合いながら、物語は進んでいきます。
読み終わったとき、心が洗われたようなさわやかな気分になりました。

大分店 千綾

ユーザーレビュー

全体の評価 3.7
3.7
評価内訳 全て(39件)
★★★★★(6件)
★★★★☆(13件)
★★★☆☆(12件)
★★☆☆☆(2件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

評価3 投稿元:ブクログ

2015/08/15 13:51

今回は奇しくも終戦記念日にフィリピンに旅。

本の中で、終戦時の北朝鮮からの帰国する、ということが語られるなんて知らずに持ってきた本に、いろんなことがリンクする。

軍票、殺戮、戦争って人をなんでそんなにもおかしくしちゃうんだろうか?という意味のわからない行為。

フィリピンで観るBBCは、観ていて苦しい。
戦没者慰霊祭を一時間かけてしっかり中継し、靖国を参拝する長い列を写す。
反省の意を、繰り返すまじ、という最高裁判官の言葉も、報道してくれるものの、その列のインパクトは、世界の人たちに、日本はまだ、あの頃の天皇を神と崇めて戦争に邁進したあの精神を持ち続けているのだ、と、思わせるかもしれない。と思う。

肩身がせまい。@フィリピン。

2015.08.15 @puerto Princesa

評価3 投稿元:ブクログ

2015/06/12 18:56

50代の女性が主人公。
巡り合わせ良く幸運を掴んでいく中の心情を描いた話。
自分のおかれている幸運?な状況を気づくのにひよい本かな。
ただ、少しうまく回りすぎている感は否めない。

評価4 投稿元:ブクログ

2012/12/09 19:44

50才の志乃子におこるさまざまなこと。
茶碗は、美しい心映えを持つ彼女への神様からの贈り物?
糖尿病治療の方法に興味あり。
料亭料理こんなふうに食べてみたい。

評価4 投稿元:ブクログ

2013/01/11 09:41

志乃子ってすごい強運の持ち主!?
運だけでなく人や物をみる能力が備わっているということだとは思うけれど。おもしろいように人から人へとつながっていくし、この人ならという雰囲気もありそう。そんな人になりたいなぁ。
糖尿病の糖質制限食。父親から聞いていたから「ほほ〜、マジ効くのか」とビックリ。

評価4 投稿元:ブクログ

2013/01/31 10:47

何度も読み返す気がする1冊。
宮本輝の最近の作品はつまらなくなったと思っていたが、久しぶりに一気に読んだ。

ミルクティー、コーヒー、ジャズ、骨董・・糖質制限と知識が増えた。
キュウリサンドを作ってみたいくなった。

ところどころに出てくる名言は、某団体の会員ならよく聞く言葉。

評価3 投稿元:ブクログ

2013/04/17 12:16

なんかイマイチな感じで、ずっとこんなんかなぁと思ってたら
後半、宮本輝さんっぽくなってきた!
下巻に期待!!

評価4 投稿元:ブクログ

2013/02/09 18:54

50歳の主婦が主人公の話。大きな事件が起こるわけでもないし、神秘的な世界が広がるのでもないのに、どうしてこんなに読みたくなるのだろう。
「流転の海」シリーズが好き。でも、今回の話もかなりいい。
本文に出てくる音楽や陶芸、料理の世界もかなり心惹かれる。

評価5 投稿元:ブクログ

2013/01/05 21:29

130105*読了
ハラハラドキドキするわけではないのに、おもしろい。夢中で読んでしまう一作。
平凡の中に入り込んでくる、非日常の欠片。
わたしもこの人生で何かを彫ることができるのだろうか。

心は巧みなる画師のごとし
この言葉を胸に、わたしも願いを現実にしたい。

評価5 投稿元:ブクログ

2012/12/16 14:52

リンゴを背負った牛の微笑みって分かるようで分からない、そういう笑い方をする平凡な主婦志乃子が、文机、鼠志野茶碗、手文庫を貰ったことから次々と開けていく世界に、正直こんなことってあるのかとも思いつつ、わくわくドキドキしました。どんどん素敵に広がっていく人の縁の必然と偶然!また、古き時代からの呼びかけのようなものが現在に繋がっていく糸のようなものの不思議さ!、謎解きの面白さも伴って、ぺージをめくる手を止められませんでした。後半が楽しみ!
モアちゃんのライブを聴いてみたいです。
有元利夫氏の表紙も素敵です。

評価3 投稿元:ブクログ

2013/04/27 09:43

正直者が馬鹿を見ない!
こんなことあったらいいな、というお守り的小説。
toi! toi! toi!

評価4 投稿元:ブクログ

2015/08/05 15:34

内容(「BOOK」データベースより)

東京の下町で暮らす平凡な主婦、能勢志乃子。50歳の誕生日に、近所の古い喫茶店で、年代ものの文机と茶碗と手文庫を貰い受ける。後日、その茶碗の驚くべき価値が判明して、志乃子は骨董の世界に足を踏み入れていく。予期せぬ出会いと友情が引き寄せる、新たな人生の喜び―生の希望に満ちた、傑作長編小説。

平成27年8月1日~5日

評価3 投稿元:ブクログ

2013/05/22 11:23

50才になったばかりの女性が主人公。
この主人公も茶目っ気があり可愛らしい。
悪い人が出てこない!と思いながら読んでいたけど
謎の美女がちょっと悪い感じ?
北朝鮮からの引き揚げは下巻で絡んでくるのかな。

評価2 投稿元:ブクログ

2014/10/06 00:11

悪い意味で宮本輝らしい作品。
本筋のストーリーは、それなりに面白そうであるが、ジャズの話や糖尿病の話など、本筋とたいして関係のなさそうな話が結構延々と続く。
そのへんは、斜め読みした。
興味のある人には、それなりに興味深いくだりかもしれないが、興味のない人間にとっては、全くどうでもいい話。
宮本輝作品特有の辟易感を感じた上巻だった。

評価4 投稿元:ブクログ

2013/09/06 19:39

宮本輝は密かに?大好きな作家。
何が?って一番はタイトルかも。
どのタイトルにも惹かれております。

お話しは。
ちょうど50歳のお誕生日目前の主婦『志乃子さん』
お姉さまの『美乃さん』
お友達の『沙知代さん』=『モアちゃん』

年を重ねた大人が興味を持ち始める???
古美術、戦後、ジャズ、持病、介護・・・。

【50の坂】

更年期を迎える主婦と糖尿病を宣告されたご主人。
ご飯・麺類・澱粉×
魚・肉・海藻・豆腐・チーズ・野菜・ナッツ類・納豆○
お酒は焼酎かウィスキー・糖質ゼロビール○
糖質制限して二人して痩せている・・・ぅダイエットのお話しかも???

もらい?探し?受けた【鼠志野】のお茶碗からのお話しです。

評価5 投稿元:ブクログ

2013/01/14 13:42

主人公は50歳の普通の主婦だし、このタイトルと装丁の感じからして
正直あんまり期待はしていなかったんだけど
その普通のおばさんが、文机と手文庫、茶碗を手に入れてから
どんどん世界が広がっていき、人との継がりも
あれよあれよと増えていき、面白いように人生が変わっていくのが
ま、ちょっとうまくいき過ぎって感もあるが
読んでて楽しかった。胡瓜のサンドイッチ食べたい。

名言も多く、「心は巧みなる画師の如し」だとか
沙知代の主人や三好のおじさまの言葉
早苗のおばあさんの茶畑、白糸さんの様子
りんご牛の話どれも本当に胸に来た。とにかくいい。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.