サイト内検索

詳細検索

送料無料

2016年7月期メディア化特集(~7/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 芸術・アート
  4. 一〇〇年目の書体づくり 「秀英体平成の大改刻」の記録
一〇〇年目の書体づくり 「秀英体平成の大改刻」の記録

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.9 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2013/10/21
  • 出版社: 大日本印刷
  • サイズ:26cm/145p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-88752-257-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

一〇〇年目の書体づくり 「秀英体平成の大改刻」の記録

著者 大日本印刷株式会社 (著)

大日本印刷の前身である秀英舎が独自に開発し、多くの出版物に使われてきた書体、秀英体。議論と試行錯誤を繰り返し、2005年から7年の月日をかけて行われた秀英体の改刻の軌跡を...

もっと見る

一〇〇年目の書体づくり 「秀英体平成の大改刻」の記録

2,160(税込)

一〇〇年目の書体づくり 「秀英体 平成の大改刻」の記録

540(税込)

一〇〇年目の書体づくり 「秀英体 平成の大改刻」の記録

ポイント :5pt / 紙の本より1,620おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

大日本印刷の前身である秀英舎が独自に開発し、多くの出版物に使われてきた書体、秀英体。議論と試行錯誤を繰り返し、2005年から7年の月日をかけて行われた秀英体の改刻の軌跡を紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.9

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/01/08 18:31

投稿元:ブクログ

貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784887522572

2013/10/25 18:05

投稿元:ブクログ

「10書体延べ12万字」気が遠くなりそう、、、

DNPアートコミュニケーションズのPR
「本書は、百年以上にわたって日本語書体のスタンダードとして愛されている「秀英体」のリニューアルプロジェクト「平成の大改刻」の記録をまとめたものです。これまで秀英体が抱えていた課題に対して、書体デザイナーがどのような改良を加え、エンジニアがどのように製品化していったのか、書体分析から緻密な検証作業に至るまで、10書体延べ12万字の7年間に及ぶ書体開発の過程を紹介します。秀英体ユーザーであるブックデザイナーへのインタビューや、1876年(明治9年)のDNP創業以来の書体開発の歴史など、秀英体をより深く知るための内容も充実しています。

近年のデジタル化の進展により、テレビやパソコン、ゲーム機やスマートフォン、デジタルサイネージなど、文字を表示する機器が次々と登場してきました。多様な機器で書体を最適に表示するため、DNPの書体開発チームは伝統ある秀英体の何を継承し、何を変え、どのようにリファインしたのか、そのエッセンスを分かりやすく伝える内容になっています。」
http://www.dnp.co.jp/news/10093015_2482.html

デザイン・色彩 ランキング

デザイン・色彩のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む