サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. コミックエッセイ
  4. 北海道民のオキテ 「おせちは大みそかに食べる!?」他県民びっくりの道民の生態

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

北海道民のオキテ 「おせちは大みそかに食べる!?」他県民びっくりの道民の生態
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/04/10
  • 出版社: KADOKAWA
  • サイズ:21cm/127p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-600298-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

北海道民のオキテ 「おせちは大みそかに食べる!?」他県民びっくりの道民の生態

著者 さとう まさ (原作),さとう もえ (原作),たいら さおり (漫画)

お赤飯に入っているのは甘納豆。「アキアジ」といえば鮭のこと…。それって常識? 北海道出身の嫁と暮らし始めた夫が、北海道民の楽しく笑える日常を漫画で紹介する。【「TRC M...

もっと見る

北海道民のオキテ 「おせちは大みそかに食べる!?」他県民びっくりの道民の生態

1,080(税込)

ポイント :10pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

北海道民のオキテ

1,080(税込)

北海道民のオキテ

ポイント :10pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

お赤飯に入っているのは甘納豆。「アキアジ」といえば鮭のこと…。それって常識? 北海道出身の嫁と暮らし始めた夫が、北海道民の楽しく笑える日常を漫画で紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

さとう まさ

略歴
〈さとうまさ〉福島県出身。
〈さとうもえ〉北海道出身。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

文教堂カルチャーエージェント 新千歳空港店

ご当地物のコミックエッセイですが、とにかく面白い!

文教堂カルチャーエージェント 新千歳空港店さん

いわゆるご当地物のコミックエッセイですが、とにかく面白い!一度読んでは又、読み直してしまいます。私も生粋の道民ですが「え?これ北海道弁になるの?」なんてことも。
そしてこの本あの「ミスター」の推薦本!野球のミスターではありませんよ。北海道民にとっての「ミスター」とは「水曜どうでしょう」の鈴井貴之氏のことです。本書でも「どうでしょう」ネタあり。

私的に「え?」はゴミステーションの件。これって北海道だけなんですかね?「投げる」は方言だとは知っていましたが・・・。私も普通に言いますよ「ゴミをゴミステーションに投げてきて」=「ゴミをゴミ集積所に捨ててきて」・・・

道民の私が読んでも面白いこの本。あらためてこれも方言だったのかなんて発見。地名クイズ・・・解けないのが有りました・・・道民ソウルフード・・・思わずにんまり・・・北海道在住の方はもとより内地の(道民本州のことをこう呼ぶ)方にもぜひお勧めです。

ちなみにこの本、当店では北海道旅行の「おみやげ」となっています。店頭で立ち読みされたお客様がそのまま「おみやげ」に。売れています!!

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

北海道あるあるネタ

2015/08/31 23:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:matsupon - この投稿者のレビュー一覧を見る

最近良く行く様になった北海道独特の文化?を知るのに最適な一冊。そうだったのか…と思う事から思わずツッコミを入れたくなる様な事まで色々と網羅されています。ご当地あるあるネタ本は色々と出ていますが、マンガで絵も内容もなんともゆる〜い感じなので個人的には気に入っています。続編出ないかなぁ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/06/08 07:50

投稿元:ブクログ

函館蔦屋書店で買ったのだが、Kindleでも売っていた。北海道には「ささる」という助動詞があるらしい。「押す」について「押ささる」、「書く」について「書かさる」となり、自発的に動作してる(可能?)をあらわすらしい。「刺す」に対して「刺さる」があるが、そういう関係か。

2016/04/08 06:53

投稿元:ブクログ

北海道民と結婚して、驚いた事。

冬場は暖房がんがんでアイスを食べる、は知ってましたが
凍結のテロップが出たり、マイナスが略されたり、な
日常は…。
考えればあるだろう、とは思うのですが
言われるまでは全然気がつかない現実w

ジャガイモ好きにはたまらない感じもしますが
ここまでレパートリーがあるかどうか。
出しも食べる、はちょっと納得。
保存食をたくさんおいておく、から考えるに
食べられるものは食べる、という気持ちなのかと。

2014/05/07 17:44

投稿元:ブクログ

仕事の参考図書に。

北海道礼賛タイプかな…と思っていたが、
そうではなくて、おもしろかった!

どさんこではない人が、どさんこである
奥さんを観察したレポートだからか、
北海道の特異性を、変に褒めもせず、
もちろん貶めもせず、気持ちよく読めた。

なんといっても、もえさんがかわいい。

2014/06/19 02:48

投稿元:ブクログ

書店で積まれてたのでついで買い。
都道府県による違いみたいなものをとりあげた作品のひとつ。
ありがちなことですが……同じ道民としても初耳なことがたくさんあります(笑)。

「北海道には○○な風習があります」(それどこだ!?)
「納豆に砂糖を……」(入れないよ!?)
「○○のことを△△と言います」(それおばあちゃん世代だよ……)

的な。

あと、ケンミンのSHOW的なTV番組を見ていても時々思う「東京の人って自分たちを標準だと思ってるよね」的な。てーきーなー。
でも、生粋の東京民ってどのくらいいるんだろうとも考える。
そして、それを言ってしまえば、北海道民も日本各地から人が集まって、まだたったの150年。
だから、北海道内でも北と南と東ではずいぶんと違う。それを同じ「北海道ネタ」として扱うから、違う地域の人が「え!?」って思うんじゃないかしら。
作中の留萌出身の人が言う北海道ネタは、私にしてみれば福岡の人が鹿児島のネタを振られて「九州ってそうなんでしょ?」と言われるようなもの。


ただ、ゴミ置き場を「ゴミステーション」って言わないのかとショックは受けた。
だってあれはゴミステーションだろう!

2014/06/06 18:33

投稿元:ブクログ

道外出身の夫(まささん)から見た、道民特有の行動、気質、冬のことなどについて書かれている本である。
きっと道外出身者には、道民特有のこれらのことがこういう様に写っているのがわかるような気がした。かといって貶していないのが良い。
妻(もえさん)のおおらかな性格が見えていた。

コミックエッセイ ランキング

コミックエッセイのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む