サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. あやかし姫陰陽師 1 降伏寸前!?君の鬼門は恋とキス

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

あやかし姫陰陽師 1 降伏寸前!?君の鬼門は恋とキス(コバルト文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.1 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発売日:2014/10/01
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: コバルト文庫
  • サイズ:15cm/302p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:978-4-08-601832-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

あやかし姫陰陽師 1 降伏寸前!?君の鬼門は恋とキス (コバルト文庫)

著者 せひら あやみ (著),紫真依 (イラスト)

鳥や獣の声を聞き、人の過去未来を見る―。「青眼の力」を持つモグリの姫陰陽師・紫理は、今宵も人々に害をなすあやかしを追っていた。その物の怪を見とめた瞬間、ふいに凄腕美形の官...

もっと見る

あやかし姫陰陽師 1 降伏寸前!?君の鬼門は恋とキス (コバルト文庫)

648(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

あやかし姫陰陽師 降伏寸前!? 君の鬼門は恋とキス

540(税込)

あやかし姫陰陽師 降伏寸前!? 君の鬼門は恋とキス

ポイント :5pt / 紙の本より108おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「あやかし姫陰陽師 1 降伏寸前!?君の鬼門は恋とキス」が含まれるセット商品

あやかし姫陰陽師 (コバルト文庫) 3巻セット(コバルト文庫)

あやかし姫陰陽師 (コバルト文庫) 3巻セット

商品説明

鳥や獣の声を聞き、人の過去未来を見る―。「青眼の力」を持つモグリの姫陰陽師・紫理は、今宵も人々に害をなすあやかしを追っていた。その物の怪を見とめた瞬間、ふいに凄腕美形の官人陰陽師・遙貴が現れて!?後日、逃した物の怪の「祓」に協力することにした紫理は、依頼者・遥貴との間に驚きの「未来」を垣間見てしまい…!?高め、認めあう絆、惹かれあう二人―。平安あやかし恋絵巻!【「BOOK」データベースの商品解説】

「青眼の力」を持つモグリの姫陰陽師・紫理。人々に害をなすあやかしを追っていると、凄腕美形の官人陰陽師・遙貴が現れた。後日、逃した物の怪の「祓」に協力した紫理は、遙貴との間に驚きの「未来」を垣間見てしまい…。【「TRC MARC」の商品解説】

鳥獣の声を聞き、人の過去未来を見る「青眼の力」を持つモグリの姫陰陽師・紫理。逃した物の怪の「祓」に協力することにした紫理は、依頼者の陰陽師・遥貴との間に驚きの「未来」を垣間見てしまい…!?


【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.1

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2015/07/16 21:24

投稿元:ブクログ

「青眼の力」を持つ、普段は女房としてお勤めしつつ、夜はモグリの陰陽師をしている紫理と、正規のお役所勤めの陰陽師の遙貴とその親戚兄妹が宮中へ向かうあやかしを退治するお話。

紫理が天然で、遙貴が振り回されてるのがなんともニヤニヤしちゃうところですが、清光も雅光もいい味出してます。雅光は遙貴の気持ちを知ってて、くっつけようとしてそうな感じもしますけど、ちょい腹黒さんかな。

前作よりかは面白いと思いますけど、イラストの遙貴がちょっとイメージと違うかも。なよっとしてる感じがしたのが残念。

2015/01/04 22:54

投稿元:ブクログ

『皇帝陛下のお気に入り』は、設定が斜めすぎる微妙な作品だったが、今度は最初からまともなストーリー展開のお話になりそうで、楽しみ。
前のシリーズのような、妙な設定のギャグはなく、王道な陰陽師ものになりそうな予感。
とはいえ、陰陽師としては肝が据わっているけれど、恋の手練手管を知らない純真無垢なヒロインが、男心をかなり勘違いのボケをかましながら、ドキドキハラハラというかなり背中の痒い展開。
天然系のヒロインが好きではない方にはおすすめできないが、私は可愛くて好きだ。
http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-4182.html

2014/10/05 22:03

投稿元:ブクログ

3人の男性陰陽師のなかにモグリの女の子陰陽師という設定。
ですが、陰陽師らしくない。怪異の調査にきてるのに主人公を口説きだしたり、二人きりで形代作りの特訓(折紙)をはじめたりと遊んでるように見える。主人公も男性陰陽師に恋手習いとか教えてもらっちゃいます。
恋愛ものとしては普通におもしろいと思うけど、主人公が天然すぎてついていけませんでした。

コバルト文庫 ランキング

コバルト文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む