サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. プリムローズ・レーンの男 上

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

プリムローズ・レーンの男 上(ハヤカワ文庫 NV)

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/10/09
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 NV
  • サイズ:16cm/360p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-041321-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

プリムローズ・レーンの男 上 (ハヤカワ文庫 NV)

著者 ジェイムズ・レナー (著),北田 絵里子 (訳)

オハイオの田舎町で「プリムローズ・レーンの男」と呼ばれてきた世捨て人が殺された。なぜか一年じゅうミトンをはめていたその老人は、殺害時、すべての指が切り落とされミキサーで粉...

もっと見る

プリムローズ・レーンの男 上 (ハヤカワ文庫 NV)

821(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

プリムローズ・レーンの男(上)

745(税込)

プリムローズ・レーンの男(上)

ポイント :6pt / 紙の本より76おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS .book 無制限
Android .book 無制限
Win .book 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

オハイオの田舎町で「プリムローズ・レーンの男」と呼ばれてきた世捨て人が殺された。なぜか一年じゅうミトンをはめていたその老人は、殺害時、すべての指が切り落とされミキサーで粉々にされていた。ノンフィクション作家のデイヴィッドは、編集者にこの事件を調べるよう求められた。愛妻の死後、断筆を続けていたが、この事件には何か特別なものを感じる。作家は調査の乗り出すが、信じがたい事実が次々と明かされ…。【「BOOK」データベースの商品解説】

オハイオの田舎町で「プリムローズ・レーンの男」と呼ばれてきた世捨て人が殺された。愛妻の死後、断筆を続けていたノンフィクション作家のデイヴィッドは、編集者にこの事件を調べるよう求められ、調査に乗り出すが…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

評価それ自体が面白みになる類の話。

2015/09/20 02:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:えにぐま - この投稿者のレビュー一覧を見る

上下合わせてのレビュになります。
帯が「二転三転四転五転!?」と煽りに煽ってましたが、
まぁその看板に偽りは無いでしょう。
確かにミトンをはめた男が殺された事件から、話が大きく、しかし着実に進みます。
一見地味に思える殺人から膨らんでくのは作者の狙い通り。
謎がでかすぎると話の土台自体を見失って肩透かしになる話はありますが、
この作品はしっかりまとめたと自分は思いました。
たぶんこういう作品に興味を持つ方は、そういうメタな楽しみも含めていると思いますので、
もう敢えて余計なことは言いません。
自分としては十分及第点。
普通の探偵小説を期待してブーブー言う人はいるかもしれないですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

裏表紙のあらすじは違うかな

2016/06/30 17:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hal0609 - この投稿者のレビュー一覧を見る

まだ上巻だけですけど、読んだ感じは帯通りで、村上春樹が書いたミステリーな感じ。あまりミステリーには力が入らず、一部では主人公と妻の出逢いから始まる過去のパートと妻を喪ってからの現在のパートが描かれます。
どうやら主人公の妻がキーマンなのだろうと思いつつ読み進めているのですが…。
あと気になるのは、この作者、一部二部とも落ちを一番最初に割って語り始めます。何故こんなことするんだろう?
もう一つ、カットバックが多いけど、今の所お話は二転三転などしてません。帯のあおりもやりすぎですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/09/08 20:33

投稿元:ブクログ

犯罪ミステリかと思いきや『わたしは真悟』的世界に迷い込んだり、その後は帯の謳い文句通り二転三転四転五転の転がりっぷりに心地良く振り回される。ラストのオチはなんとなく読めそうな気はするが果たしてどうなるか。

2015/03/19 11:37

投稿元:ブクログ

ミトンの手袋をし、外部と一斉接触を絶って暮らしている老人が殺される、という掴みがうまい。ここから事件記者である主人公が謎を追うことになるのだが、この謎が実に錯綜し重層的に描かれていく。主人公の奥さんの自殺、そしてその奥さんに似たヒロインの出現・・・。過去の事件、さらにそれ以前の主人公の半生、現在の事件、と物語はどんどん映画のようにオーバーラップの手法を用いて進む。さらに主人公の薬による幻覚も交じり、一人称の視点がまるで自分の体験のように事細かに描きこまれていく。読みにくい部分もあるが、謎に引き込まれる。後半の展開に期待。

2014/11/28 18:15

投稿元:ブクログ

これもすごい!
大昔と昔と現在の犯罪が互いにリンクし、全く先の見えない緊張感。
描写の時系列も飛びまくるが読みにくくはない。
このまま突っ走ればいきなり「ピルグリム」を越えて今年ナンバー1確定……、

ハヤカワ文庫 NV ランキング

ハヤカワ文庫 NVのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む