サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

2014/07/26 07:58

投稿元:ブクログ

本書は複数の児童精神科医らが執筆に携わった「子どものこころの発達を知るシリーズ」として現在までに21冊発刊されているうちの一冊。

巻頭の監修者の言葉が、本シリーズの在り方を端的に説明しているので引用する。
「親、教師、地域の保健福祉の担当者、そしてプライマリケアを担う小児科医をはじめとする子どもの心の健康を身近で支え、子どもの心の諸問題に最初にかかわることになる大人たちに、精神疾患やその関連領域の問題に関するバランスのよい情報を提供する目的」

上記のように、バランスよくコンパクトに尚且つわかりやすく、症状や原因、治療法、されるべき配慮や具体的症例など、必要最小限の情報が集められており、それぞれのテーマの全体像を網羅的に知るにはもってこい。
子どもの発達に関して多少の予備知識があったほうがわかりやすいかもしれないが、全くの初心者でも心配せずに読める良書。

他にも「虐待」「アスペルガー症候群」「自閉症」「チック障害」「うつ病」「知的障害」「虐待」「ひきこもり」などなど、アメリカのDSM-Vに合わせて分類や名称が変わってしまったものもあるが、発達や心の諸問題に関連のある様々な症状がテーマになって発刊されているので、大いに活用できるのではないだろうか。

機会があれば、その他のテーマもぜひ手にしてみたい。

2014/07/02 00:01

投稿元:ブクログ

近藤 直司 (著)
分離不安障害、パニック障害、心的外傷後ストレス障害などをとりあげる。児童・青年精神医学の立場から、不安や恐怖に苦しむ子どもたちとその家族を支援するために必要な知見について、わかりやすく解説する。

2015/03/04 09:31

投稿元:ブクログ

http://catalog.lib.kagoshima-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB15956634

2014/04/25 09:41

投稿元:ブクログ

先生方の努力には頭が下がるが、、、家族と教育関係者だけが知っていれば良い。と言う訳ではないでしょう。。。(でも、それは別次元の問題ですね)

合同出版のPR
「本書では、分離不安障害、パニック障害、広場恐怖と特定の恐怖症、社交恐怖(社会不安障害)、全般性不安障害、心的外傷後ストレス障害をとりあげます。児童・青年精神医学の立場から、不安や恐怖に苦しむ子どもたちとそのご家族を支援するために必要な知見について、できるだけわかりやすく解説します。」

4 件中 1 件~ 4 件を表示