サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2014/11/20 12:23

投稿元:ブクログ

物語ではなくて、経営指南書であり啓発書。ストーリーが語られるのは前半のみで(買収騒動と著者生い立ちが中心)、後半からはクリフ社の経営哲学が熱く語られている。もっと情緒的な展開をするのかな、と思ったけど会社経営の現実はやっぱり厳しいんだろうな。

モノづくりへの真摯な姿勢を守り、広告が勝ちすぎる虚飾マーケティングを否定しながら、それを実践しているのは本当にすごい。質のよさと哲学が受け入れられれば、ちゃんと草の根から商品は売れていくのですね。

最終章で、チームワークをジャズセッションに例えていたのは印象的だった。

「偉大な会社はジャズ。先行する「音」に注意深く耳を傾けながら創り上げられる(p.373)」

「クリフ社の【核】はジャズ。それは美しいもの。製品そして人々を創出する、自由な即興演奏(p.388)」

食品メーカーの経営本に触れて、マイルスを聴きたくなったり、デレク・ベイリーの評論(http://www.amazon.co.jp/dp/4875024541)が読みたくなるのも珍しいのでは。

2015/03/16 07:03

投稿元:ブクログ

翻訳がわかりづらい。という感想が真っ先にくる。
>弁護士は【買い手の】X社と【成約のために】週末返上で興奮しながら働いていた。
のように訳者のつけ足した部分は全て【】で囲まれている。
また、「ネスレ」を「ネッスル社」、「ダノン」を「グループ・ダノーン」のような通常認知されている表記もしない。当然引用されている書籍名も「ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則」ではなく「良きものから偉大なものへ」のように勝手に訳したタイトルをつけている。ビジネスに興味がない人が書いたんだな、と思ったらサイクリングの荷物(バックパックに詰めるもの)として「Boxers(ボクサーパンツ)」を「複数の箱」、「Sunscreen(日焼け止め)」を「日よけ幕」と書いたりしててもうわけわからん。

あ、内容はいい話でした。1億2000万ドルのオファーを断るところから話が始まるビジネス書。アウトドア好き、オーガニック好きの人は是非。

2 件中 1 件~ 2 件を表示