サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

hontoレビュー

女騎士さん、ジャスコ行こうよ 1(MF文庫J)

女騎士さん、ジャスコ行こうよ 1 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
8 件中 1 件~ 8 件を表示

2015/02/15 16:56

投稿元:ブクログ

王女様に女騎士にオークとファンタジー的用語満載かと思ったら宇宙人だのアトランティスだのSF的なものも出てきたりと、とにかくいろんな要素が詰め込まれてました。もちろん、ジャスコ(的なナニカ)もね。他の方の感想にもあるけど、まぁぶっちゃけて言うと同著者で前に読んでた「まおちん」と同じようなノリですね。とんでもないところからのロングパスは健在だし。シリアスめいた展開は無きにしも非ずだけど、基本的には難しいことは何も考えずに読める作品だと思います。

2014/11/09 17:59

投稿元:ブクログ

まあ、いろいろといわれているように、出オチ話。
正直キャラに魅力がないのでキャラ小説としてのラノベという視点からは失敗作かも。
出てくるキャラが魅力的に見れれば感想変わるとおもうけど。魅力的に見える人には面白い作品かも。

設定は面白いとおもうんだけどね。くるものがないというか。

2014/10/11 12:53

投稿元:ブクログ

タイトルとその由来からくるインパクト勝ち。出オチ。中身は妙にエロゲーとオタク文化に詳しい幼女姫とそのお付きの女騎士が、亡命政府が乱立する異世界の田舎町で「いわゆるジャスコ」の進出を求めてあれやこれやする話。オタクや田舎のあるあるネタ話。あざとすぎる幼なじみや寒い町民に引かない自信があるなら挑戦してみるといい。

2015/05/29 23:11

投稿元:ブクログ

うん、これはひどい(褒め言葉)。異世界から来た姫と女騎士のジャスコ(田舎町にあるショッピング・モールを指す一般名詞)を巡る馬鹿騒ぎのお話。いや、まあね、リンイチローとクラウとポー姫という名前の時点でろくでもない展開は予想できるよね。

2015/06/01 04:03

投稿元:ブクログ

タイトルのインパクトが強すぎるが、中身は異世界&日常系ラノベ、と言えるだろうか。メタ的な記述もあるが、それが楽屋オチの多いバラエティ番組感も醸し、むしろ物語のリズムを崩しているようにも感じてしまった。キャラがちょい苦手かも。

2014/09/23 20:05

投稿元:ブクログ

岐阜の田舎町に異世界の姫と女騎士がやってくる。文化の違いに混乱するかと思いきや、姫は8歳にしてエロゲを嗜むバリバリオタクだし、街には同じような事情で色々な世界からの亡命者がたくさんいるしで、割と普通に迎え入れられる。

でも、民法は2チャンネルしかないし、アニメショップもないことを知らされて、がっかりする姫様。そこで登場するのが、田舎の社交場、ジャスコ! これはねー、田舎に生まれた者なら頷かざるをえないよね。

ジャスコとかでっかいホームセンタって、上京したら東京にはあんまりないことを知ってびっくりしたよね。そこに行ったら何でも揃うような施設があんまりないの。
ジョイフル本田とかカインズホーム的な施設は都会の象徴かと思ってたけど、実はどちらかと言うと田舎のものだったという。

姫様に「女騎士がオークに陵辱される低価格帯エロゲ」をプレイさせられたせいで、口癖が「クッ、殺せ!」になってしまった女騎士さんが可愛い。後半なんか、照れ隠しに言うようになっちゃってて訳分かんない。

「せっかくだし陵辱させてもらったらどうだい?」とか「草食系触手」とか「皆で会社を作り、夜は夜学に通い、銀行を駆け回って融資をしてジャスコ的な施設を建てたオーク」とか、この作品が発明したキラーワードはあまりにも多い。

そしてラストにちょっとしたバトル展開があるわけですが、ここで日常パートのギャグが霞むくらいの超驚愕展開があったりして、腰が抜けるかと思った。満点。これ満点。

2015/02/11 11:47

投稿元:ブクログ

 田舎ネタをベースにした、異世界からの訪問物語である。
 物語としてのまとまりにも問題があるが、何やり最終的に主人公陣の誰一人にも好感が持てないオチだというのが非常に不味い。
 後味が悪いというほどの内容ではないが、結末に到って読者はただポカーンとするしかない。誰にどんな形で感情移入すればいいのかわからないし、メタな視点を導入してまで引っ張った伏線も機能していないのだ。

 オークの素敵な挿し絵を評価に加味して星三つ半と評価したが、物語論的にも、キャラの描き方の点でも不味さが目立つ一巻だった。
 二巻での改善に期待したいところだが、ここからの立て直しは並大抵のことではないような。

2015/05/07 20:25

投稿元:ブクログ

割と嫌いではないが各キャラクターの掘り下げをもう少しして欲しかった。ひとくさり属性をアピールして人物描写を済ませてストーリーを追って終わらせている感じがします。
プロットを提出したら2週間であげてねと言われてしまい、なんとかなるかなぁと思ったけどならなかったイメージ。
他の方も書いていますがストーリーはマイルドなまおちんなのであちらちょっと濃すぎるのでもうちょっと薄くしてくれれば良いのにという方にはいいかもですね。

8 件中 1 件~ 8 件を表示