サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

紙の本

戦前のプロ野球選手、かっこいい!

2014/11/08 19:05

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:もぐたん - この投稿者のレビュー一覧を見る

単純に思った。戦前のプロ野球選手はかっこいい!自分には野球しかないと、世の中から冷たい眼で見られていた職業野球に身を投じる潔さに感動。

彼らにとっての最高のヒノキ舞台が、木造でオンボロの洲崎球場だった。東京湾沿いの埋め立て地にあったので、満潮時は海水が球場に入って来たらしい。そんな場所、今なら草野球でも使わない。当時のプロ野球の地位を象徴するエピソードだ。

最初(2イニングス)は漢字が多かったけど、だんだん本のペースに乗せられた。プロ野球選手のエピソードが多くなって、自分が当時の選手の輪の中にいるような気がした。

沢村、景浦、スタルヒンだけでなく、名もない選手たちのおかげで、私たちは今日も野球ネタで盛り上がることができる。

ビバ!職業野球!オンボロの洲崎球場で座布団を飛ばしたくなった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/05/18 09:22

投稿元:ブクログ

職業野球創世記の伝説の球場、洲崎球場を軸に、プロ野球立ち上げからの歴史を追う。良質なドキュメンタリーを見ているような、映像が浮かぶような一冊。

2015/02/16 15:16

投稿元:ブクログ

東京下町、戦前は遊郭で賑わった洲崎にプロ野球専用の球場ができたのは、昭和11(1936)年のこと。沢村栄治がノーヒットノーランを演じ、伝統の巨人阪神戦がここではじまった。しかし、わずか1年後の昭和12年にできた後楽園球場にその場を奪われ球史から消えてゆく。今年2014年は、巨人が誕生してから80年、来年は阪神がそれに続く。「悲劇の球場」の詳細を野球少年だった著者が丹念な調査のもと蘇らせる。

2015/12/30 16:29

投稿元:ブクログ

 子どもの頃に読んだ、プロ野球の歴史に出てきた話がたくさんあった。馬刺で沢村の腫れがひいたとか。
 ただ、洲崎球場のことは、名前くらいしか知らなかった。
 歴史を掘り起こした一冊として印象に残る。
 願わくば、戦後の混乱期についても、この雰囲気で歴史を語ってほしい。

 

2015/01/06 01:14

投稿元:ブクログ

プロ野球勃興期の昭和11年から13年までのわずかな期間に,東京は木場に存在した洲崎球場を徹底的に取材した結晶.
生まれたての「職業野球」と蔑まれたプロ野球がいかなる想いを抱え,必死にその時代を生きたかという息遣いが聞こえてくる,非常に臨場感のある描画だった.

洲崎球場のあった東京の東部はブルーカラーの集まる地帯であり,もともとは新聞を読まない層の集まる箇所であった.この本を読んでいると,プロ野球の発展は新聞社の拡販とどう切っても切れない繋がりがあったことがよく分かる.下町の人々が,戦争の足音が次第に大きくなる時勢のなかで野球に熱狂した様子の伝わる名著だと思う.

2015/11/28 16:39

投稿元:ブクログ

東陽町の江東運転免許試験場の近くに洲崎球場の跡地を示す記念碑があることは知っていた。
昭和の一時期、後楽園が完成するまで、プロ野球のカードが行われていたのは知らなかった。そして、沢村栄治の伝説の投球のほとんどがそこでの出来事であったことを知った。

6 件中 1 件~ 6 件を表示