サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

内側から見たテレビ やらせ・捏造・情報操作の構造(朝日新書)

内側から見たテレビ やらせ・捏造・情報操作の構造 みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

2015/04/18 16:22

投稿元:ブクログ

テレビがかつてのように「メディアの王様」、「権力の監視者」であるためにするべきこと(作り手の意識)の提言。
また、視聴者へもテレビを疑ってみることを勧めている。

確かに昔に比べて、今のテレビ、特にバラエティーは面白くなくなった。また、東日本大震災以降、テレビの報道が持っていたプライオリティーは下がった。

しかし、なんだかんだ言われながら、私たちはまだテレビを見ている。

以下、引用省略。

2016/03/22 10:41

投稿元:ブクログ

秀作。
NHKも民放化してきており、 ニュース9は信用出来ないようになってきているらしい。
正しい事は何か、自分で見極めることが必要。
録画は、信用出来ない可能性がある。
違和感を持った番組、良いと思った番組は、視聴者センターにメールしよう。ツイッターで発信しよう。

2016/03/04 21:49

投稿元:ブクログ

バランスよく書かれていると思うが、一般的には左寄りとされるのだろう。版元が中公新書などであれば、そういういらぬ詮索もなかったと思う。

2014/12/29 18:50

投稿元:ブクログ

恐らく今年の読み納めとなる一冊はカミさんから読んでみろと薦められたこの本でした。元テレビマンである作者がテレビの内側というか?制作者のあり方やテレビ特にジャーナリズムのあるべき姿にフォーカスをあてた内容でした。確かにジャーナリズムの本質は事実をしっかり掴んで伝えるということに凝縮されると思いますが、ついつい視聴率を意識したエンターテイメント性の高い薄っぺらい内容をテレビ局側も視聴者側も求めがちになってしまうのでしょうね!ただ、国民が気づきにくい影響力の高い社会的事実や社会的弱者側に焦点をあてたドキュメンタリー番組をしっかり報道するというのもテレビのあるべき1つの姿であることは間違いないと思い知らされました。

4 件中 1 件~ 4 件を表示