サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2016/03/13 21:24

投稿元:ブクログ

ジョージェット・ヘイヤー1938年発行のミステリ。
しゃれた舞台劇のようで、アガサ・クリスティの軽めの作品がお好きなら、楽しめると思います。

1937年の初夏。
夜遅く、ある資産家の中年男性が殺された。
なぜかちょうどその頃、わずかな時間に、人の出入りが多かったらしい。
こっそり訪れたり、誰かをかばって隠し事をしたり。
甥で相続人のアーネストは詩人のような外見で無気力だが、口だけは達者で、周りを煙に巻く。
近くに住む若妻へレンは金髪で愛らしく感傷的で、留守がちの夫に疑いを‥?
ヘレンの姉サリーとアーネストは、ヘレンをかばいながら、謎を解こうとします。

入れかわり立ちかわり現れる、怪しい人物の行動が、ユーモラス。
入り乱れる証言を、冷静沈着なハナサイド警部と、陽気なヘミングウェイ巡査部長はどう捌くか?
古きよきロンドンの余裕ある雰囲気と、ロマンスの気分を味わえます☆

2015/07/22 20:10

投稿元:ブクログ

東京創元社さんの第三弾の翻訳を待ってたら、論創社さんの方から出るとは(笑)ハナサイド警視シリーズ。
各人の証言をつきあわせると、5分ぐらいの間に起きた(ハズ)の殺人事件について延々とこねくり回す。
ミステリとしては、このジャンル読み慣れてる人だとアレな感じですが、ロマンス小説好きな人はそっち方面でウハウハできるかと。(私はロマンスなノリ好きなので、そっちで会話劇を楽しみましたw)

2 件中 1 件~ 2 件を表示