サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

なれずもの(文庫ぎんが堂)

なれずもの みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2015/01/10 00:28

投稿元:ブクログ

中島らもの最後の対談集。
真面目(?)な話からバカバカしい話まで、普通に会話が続いているだけと言えばそれまでだが、これがすこぶる面白い。対談相手も個性的で面白い。
元は『夢を叶えられない人のための本を作りたい』というコンセプトで始まった本らしいが、所謂『応援ソング』的な押しつけがましさは一切無く、ゆる〜く笑えるノリなのが如何にも中島らもらしい。
多分こういう人はこの先、出てくることはないだろうなぁ……だってねぇ、『前科一犯ついたから、お粗末ではございますが、ちょっとならず者になった。だからうれしい(笑)』なんて言える人はいないよw
ところで、『宗教とか思想とか主義とかいうのは砦やねん。心はその砦の中でヌクヌクしてるわけやないですか』でふと思い出したのが、倉橋由美子が『安保時代の青春』で書いた『思想は所詮、借り物だ』というくだり。この点に関して、2人は殆ど同じことを言っているように思う。

2015/11/21 17:59

投稿元:ブクログ

私は人生のある時期、中島らもばかり読んでいた時があって、その時は見知らぬ土地で慣れない奴らと一緒だったという事もあって、この中島らもに逃避していたのだと思う。抜けきらないパンク感、しかし、周りと上手くやるには、抜かなければいけない反抗心。思えば、当時の心境にぴったりだった。自分もならずものに憧れ、しかし、悪ぶるだけで達せず、ただなれずものだったに違いない。

そんならもさんも、もう居ない。自分ももはや、その時のパンク感をなれずものとして、生きている。

2015/01/22 21:52

投稿元:ブクログ

ロックは音楽の種類じゃなくて、精神状態、ってところに激しく共感した。昔から、らもさんの本のエッジの効いた表現が大好きで、端から読んでたけれど、亡くなってからもう10年もたつんだなあ……。

3 件中 1 件~ 3 件を表示