詳細検索
注目のキーワード:
池井戸潤
百田尚樹
有川浩
アンと青春
ガソリン生活
精霊の守り人
真夜中のパン屋さん
幸せになる勇気
ONE PIECE
鬼灯の冷徹

暮らし実用&児童書絵本ポイント3倍(エントリー)(0520-29)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 文庫
  4. 星界の紋章 1 帝国の王女

星界の紋章 1 帝国の王女(ハヤカワ文庫 JA)

  • 発行年月:1996.4
  • 出版社:早川書房
  • レーベル:ハヤカワ文庫 JA
  • サイズ:16cm/269p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-030547-5

文庫 読割50

  • 国内送料無料

読割50とは?

紙書籍を購入すると同一の電子書籍が50%OFF!

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。

購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

読割50または読割50のアイコンがついている商品が対象です。
一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • 書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しくみる

星界の紋章 1 帝国の王女 (ハヤカワ文庫 JA)

森岡 浩之 (著)

紙書籍

626 ポイント:5pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

電子書籍

475(4pt) 星界の紋章 1―帝国の王女―

紙書籍より:151円おトク

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

【星雲賞日本長編部門(第28回)】【「TRC MARC」の商品解説】

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

ユーザーレビュー

全体の評価 4.3
4.3
評価内訳 全て(36件)
★★★★★(14件)
★★★★☆(14件)
★★★☆☆(8件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

電子書籍 思い出の

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2014/02/22 23:38

評価5 投稿者:芦屋 - この投稿者のレビュー一覧を見る

高校生の頃に読んだ思い出深いSF小説です。
今こうして電子書籍で読むことが出来る事が当時からすればSFのようなお話かもしれませんね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

何度読んでもおもしろい冒険譚

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2004/03/07 22:19

評価4 投稿者:さくら姫 - この投稿者のレビュー一覧を見る

あまりにも有名になったこのスペース・オペラ。平凡?だったはずの少年とちょっと変わった王女様との出会いを端に発した数奇な運命。地に脚ついたシンデレラ・ストーリー? 宇宙を駆け巡る冒険譚。読み返しても読み返してもまたおもしろくてまた読んでしまいます!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

星の世界へ・・・

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/12/22 14:47

評価4 投稿者:huzan - この投稿者のレビュー一覧を見る

初めて読んだときに、美しい異星人がいるのかと衝撃を覚えました。独特の言語、世界観に引き込まれるように読みすすめてしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価3 投稿元:ブクログ

2004/09/29 23:15

一番はじめに星界を意識したのは、やっぱりWOWOWですかね。アニメ。そして、赤井さんの絵。
でも、読んでみたら面白かった。

評価4 投稿元:ブクログ

2007/03/16 14:51

緻密な設定が魅力的な大作スペースオペラの初巻.
星間移民から何世代もの時を経て、既に移民が移民ということを意識しなくなった時代。
(いろんな意味で)長く壮大な物語が始まる

評価5 投稿元:ブクログ

2005/05/10 16:50

星界の紋章3部作。星界の戦旗は著者によると本編らしいので、この3冊は序章という位置付けです。ですが、序章というには充実した内容。1巻を友人に紹介されて読んだとき、その世界観の設定の完成度の高さに関心しました。別のロジックで考えれば、その考え方も成立するなあという価値観(=○○子操作の可否)は興味深かったです。もちろん話としてもとても面白いですよ。

評価3 投稿元:ブクログ

2006/02/10 17:24

アークの設定がいい。空間種族である必然性と異種族性がはっきりしていてわかりやすいです。それがゆえに翻弄される主人公に共感できます。しかし主役は不幸の嵐だな。

評価4 投稿元:ブクログ

2005/11/22 00:36

ジントの暮らしていた惑星マーティンが、突如としてアーヴの侵略を受けた。望まずにアーヴとなるべく定められたジントは数年後、帝国軍人になるため主計修技館への入学を希望するが、そのために乗った艦が戦闘に巻き込まれてしまう。ジントとラフィールの出会う巻。私はアニメを少し見たのでこの辺の話はだいだい知っているけれど、それでも読む甲斐はあると思う。ただ、帝国軍の階級や、いたるところに振られているルビにはまだ馴染めないところもあったり。

評価5 投稿元:ブクログ

2005/12/19 00:03

いわゆるSFでスペースオペラ。期せずして銀河最大の帝国の貴族となった青年ジントと、帝国王女ラフィールが主人公。ジントとラフィールの触れ合いを軸に、銀河全土を巻き込む大戦争を描いています。言語までも綿密に作り込まれた世界観やひねりの利いた文体など全体的に隙がなく安心して楽しめる作品だと思います。発刊ペースが遅いのが難点ですが、今後も大いに期待したいところです。

評価5 投稿元:ブクログ

2006/09/30 10:09

○回目の再読。やっぱり星界はよかですよー。
細かく作られた設定、キャラクター達、どれをとっても一品だと思う。

評価4 投稿元:ブクログ

2006/02/11 13:57

筆者は森岡浩之。
遠い未来、人類が惑星移住をしてからのお話。
主人公ジントは、惑星マーティンに住んでいた。
ある日突然やってきた侵略者、アーヴの強力な軍事力の前に、惑星政府主席―ジントの父―は、アーヴとある取引をする。
その結果、ジントはアーヴ帝国の貴族となり、ジントは、アーヴとして生きていくこととなる…。
本格SF。
平面宇宙など、独特の設定が多いが、個々のキャラクターもそれぞれが魅力的なのは珍しい。
この手のSFは、総じて世界観を演出するために、キャラクターが薄くなりがちなのに、これはキャラクターが立っているのだ。

評価5 投稿元:ブクログ

2006/04/09 17:29

最初にアニメから入ってしまったのですけど、やっぱり原作のコチらの方が楽しく読めました。3巻ブっ続けで読んだので肩凝りが…(笑)主人公のジントの、なんともイマドキの子らしい性格が、見ていて興味をひきます。そしてラフィール様は可愛い!「許すがよい!」には笑わせてもらいました。アーブには素敵な人がいっぱいですね。

評価5 投稿元:ブクログ

2007/03/14 00:29

緻密で独特な世界設定を持つスペースオペラであり、登場人物たちの魅力を前面に出したライトノベルでもあり、少年と少女が旅を通じて成長していくロードムービーでもあり。一言では表現できない素晴らしさを持つ星界シリーズの第1作目はジントとラフィールの旅立ちと出会い編といったところか。あの名台詞はこの巻にあり!

評価5 投稿元:ブクログ

2006/08/21 03:29

出会いは中学生の頃です。
この本は世界観が難しく、さらに独自の言語を作者が作り出しているので中学生の僕にはわかりづらかったです。漢字は難しくても振り仮名がないので苦労しました。
ここで蹂躙を学びました。

評価4 投稿元:ブクログ

2006/10/04 01:02

世界観と文章が面白い。読み進むうちにどんどんと引き込まれていきます。宇宙やSFが好きな人は必見です。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.