サイト内検索

詳細検索

全品ポイント2倍(~8/31)

ミラージュの罠(C★NOVELS FANTASIA)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 25件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

ミラージュの罠 (C・NOVELS Fantasia クラッシュ・ブレイズ)

著者 茅田 砂胡 (著)

「きみはいったい何なんだ?」慣れているように見えた。銃の扱いも、暴力も、あの異様な状況にも。少年はダグラスを見つめて微笑した。「賭けをしようか。この連中の仲間がまたダグラ...

もっと見る

ミラージュの罠 (C・NOVELS Fantasia クラッシュ・ブレイズ)

972(税込)

クラッシュ・ブレイズ - ミラージュの罠

648(税込)

クラッシュ・ブレイズ - ミラージュの罠

ポイント :6pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「ミラージュの罠」が含まれるセット商品

商品説明

「きみはいったい何なんだ?」慣れているように見えた。銃の扱いも、暴力も、あの異様な状況にも。少年はダグラスを見つめて微笑した。「賭けをしようか。この連中の仲間がまたダグラスを誘拐しにやって来る」心底ぞっとした。悪夢がやっと終わったのに、すかさず次の悪夢を強引に見せられている。そんな気分がする。「だったらなおさら警察に…!」「保護を求める?却下。それだと、また狙われるっていう賭けが成立しなくなる」開いた口がふさがらない。それが仮にも誘拐されそうになった被害者に言う台詞か。リィのことを「モンドリアン」と呼ぶ少年は何者かに狙われていた。しかもその奇妙な事件はまだ終わっていない。むしろここからが始まりだった。【「BOOK」データベースの商品解説】

「きみはいったい何なんだ?」 慣れているように見えた。銃の扱いも、暴力も、あの異様な状況にも-。リィのことを「モンドリアン」と呼ぶ少年は何者かに狙われていた。その奇妙な事件はここからが始まりだった。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

茅田 砂胡

略歴
〈茅田砂胡〉デルフィニアシリーズで小説デビュー。著書に「王女グリンダ」「暁の天使たち」「レディ・ガンナー」シリーズなど。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー25件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

「目指せ一般市民」はそろそろあきらめたらどうだろう。

2007/08/12 11:24

11人中、11人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アルテミス - この投稿者のレビュー一覧を見る

『デルフィニアの姫将軍』以来、「王女グリンダ」「デルフィニア戦記」「スカーレット・ウィザード」「暁の天使たち」そして現在の「クラッシュ・ブレイズ」とシリーズ名を変えながら続いてきた一連のシリーズ。
 40冊以上に渡って続いてきたのは、作品にそれだけのパワーがあり、また、それが読者に支持されてきたからだろう。
 だが、15年も読み続けてきたファンとしては、「クラッシュ・ブレイズ」となって以降の作品の停滞に残念でならない。
 
 それ以前のシリーズには、大団円に向かうべき流れがあった。
 「デルフィニア」では大華三国平定。
 「スカーレット」はクーア財閥の掌握。
 「暁の」ではキャラクター全員の復活。
 しかし、「ブレイズ」にはそれがない。
 
 最大の原因は、リィと、そして著者が「目指せ一般市民」にこだわっていることにある。
 キャラクターのパワーが命のキャラクター小説で、主人公が一般市民となって埋没していく大団円などありえないだろう。
 人の情緒の変転を深く描き出す純文学作品ならありえてもだ。
 
 結果、悪人たちが主人公たちにちょっかいを出しては撃退されるというパターンの繰り返しとなる。
 私が今のところ「ブレイズ」でもっとも面白いと思っているのは『ヴェロニカの嵐』なのだが、これが面白いのは、リィが誘拐犯と対決する話ではなく、無人惑星に置きざりにされた学生達の中でリィが久々にリーダーシップを発揮する話であることにある。
 
 「目指せ一般市民」はそろそろあきらめたらどうだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ワンパターンには飽き飽き

2007/07/29 13:39

8人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

ワケの分からない理由で一人の少年の暗殺を命じられたプロの工作員達が、悪行超人にいい様にメタメタにされ失敗を繰り返す不条理コメディです(断言)
もうキャラクターそのものが不条理ですけどね
無茶するキャラであっても無謀無策なキャラではなかったはずなのに・・
人間の枠を超えた超人達の一般人いじめはもう面白くもなんともないです

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/07/25 23:58

投稿元:ブクログ

モンドリアンと呼びかけられたリィ。そこに立っていたのは、以前ある事件でツァイスにいたときの友人ダグラスだった。しかし何故か彼は、物騒な連中に拉致されそうになったり、毒を盛られそうになったりしている。彼の祖国ダルチェフの国家秘密に関わるようだ。彼らは山へ向かったが、案の定一泊の野営の筈が、次から次へと問題発生。ダルチェフの特殊部隊とリィたちが衝突する!ダグラスの知ってしまったこととは一体!?

2007/07/28 00:08

投稿元:ブクログ

相変わらずリィたちが強い。慣れたけど。個人的には、リィたちが出てくる話としては久し振りに面白かったかと。完璧な普通の人が1人混ざっていたからかもしれない。

2007/10/27 12:05

投稿元:ブクログ

面白かったのですが、目新しさには欠ける内容。やや今までの展開を寄せ集めた感があったので。ファロット好きなので、後半はニンマリしつつ読んでました(笑)

2009/11/17 19:54

投稿元:ブクログ

前作に続いて女王と海賊のお話かと思えば…まさかの学園もの!

ある日の放課後、リィが街中で偶然にも再会したのは…以前(ソフィアの正餐会)偽名を使って転入していた聖トマス学園の監督生ザック・ダグラスだった。
短期留学で近隣の大学にやって来たというダグラス―何故だか怪しい連中に狙われているようで…目前で誘拐まがいの出来事に巻き込まれ、リィ以下ルゥ、シェラのいつものメンバーが黙っている筈もなく…。
次々に現れる刺客からダグラスを守り、真相を知る為、罠を仕掛けるが…!

罠を張るのに登山キャンプはともかく…刺客がお粗末スギかと★
オマケに特殊部隊投入してまでダグラスを狙ったのが…そんな原因かよ~てな感じで★
少~しだけだけれどレティシアとヴァンツァーが鉛玉で参戦!したのは嬉しかった♪
芝居っ気たっぷりなレティシアが
近作では王妃も連邦大学の魔物も女王も強すぎて…なのでファロット一族の技で勝負!が面白く感じるョ☆それでも反則的に強いケド

秋にはデル戦外伝の載ったC★NOVELSアンソロジー集が出るのか~このレーベルの他作品知らないケド…デル戦外伝なら買っちゃうなぁ

20070729

2007/08/08 21:26

投稿元:ブクログ

前回出番の無かった金銀黒の3人組のお話です。『ソフィアの正餐会』のアノ人が再登場。最後にゾンビ2人も出てきます。…以上レビュー終わり!(笑)

2007/08/22 22:13

投稿元:ブクログ

「きみはいったい何なんだ?」慣れているように見えた。銃の扱いも、暴力も、あの異様な状況にも。少年はダグラスを見つめて微笑した。「賭けをしようか。この連中の仲間がまたダグラスを誘拐しにやって来る」心底ぞっとした。悪夢がやっと終わったのに、すかさず次の悪夢を強引に見せられている。そんな気分がする。「だったらなおさら警察に…!」「保護を求める?却下。それだと、また狙われるっていう賭けが成立しなくなる」開いた口がふさがらない。それが仮にも誘拐されそうになった被害者に言う台詞か。リィのことを「モンドリアン」と呼ぶ少年は何者かに狙われていた。しかもその奇妙な事件はまだ終わっていない。むしろここからが始まりだった。
私の好きな著者さんの最新作です。ん〜・・・でも今回のはあんまりハマれなかったかな〜?私は怪獣夫婦や「黒い太陽」と「新月」のやりとりなんかが好きなので、出番が少なくて残念でした。

2007/08/02 19:57

投稿元:ブクログ

怪物夫婦が見たかったけど、この展開で出てくるのは無理があるのか……。

シェラがいい味出してるなぁとか思うこの頃。
主要キャラが強いのは好きなんだけど、敵が全く歯が立たない展開は少しなぁ。
もう少し骨のある相手との攻防が見たいです。
まぁリィたちがすごすぎるからしょうがないけど。

2007/07/30 19:14

投稿元:ブクログ

もうそろそろマンネリ化。
怪獣夫婦を無理に出さなかったのは良いとしても、私が好きな茅田作品はもっとストーリーのしっかりした長編なので。

キャラはみんな好きといえば好きなんだけど、毎度毎度主要キャラが「すごいんだぞ」という点を強調されて飽きてきます。
脇役で主要キャラの異様さというか普通と違うところに気付いたり悟ったり驚かないような人間はいないんですか。

とにかく話自体がいまいち面白くない。

2007/08/13 19:16

投稿元:ブクログ

金銀黒三人の話。前作とのバランスか。しかし、なんとも…この作者はしっかりした長編が面白いと思うのだけれど。マンネリとまでは行かないが、この内容ならば、金銀黒天使たちで書かなくてはいいのでは?新シリーズでも書いてみてはどうか。といいたくなる。まあ、超人性を考えたらこの面子でしか出来ないのかも知れないが。このシリーズで書きたい伏線を張る話とも思えない。キャラクターに愛着がある分、残念。作者予告「がんばれ、ブライズくん」は純粋に楽しみ。(2007/08/12)

2007/10/27 17:07

投稿元:ブクログ

2007.10.24。ダグラス再登場。 ファロットメインのお話が読みたいです。なんというか、リィがいるとどうしてもシェラが影に徹するので切ない。シェラとレティシアとヴァンツァーの活躍が恋しいです。

2007/11/13 16:23

投稿元:ブクログ

【クラッシュ・ブレイズ 8作目】「きみはいったい何なんだ?」惑星ツァイスから来た短期留学生ダグラスは、リィに、何度もその問いを繰り返すことになる。故国の特殊部隊に命を狙われ、追い回されながらも――ソフィアの正餐会のダグラスが再び登場!!

2014/08/20 12:54

投稿元:ブクログ

図書館で。
作者さんはダグラスが気に入っただけじゃないの?と勘繰りたくなる内容。(まあそれを言ったらこのシリーズ事態、お気に入りキャラを集めてる作者の趣味シリーズみたいなもんだと個人的には思いますが)
ぶっちゃけオチまで読んでそんなことのために特殊部隊を二つもかりだしたわけ?とか疑問に思います。これは無いわ~と個人的には思いました。

2008/05/12 20:32

投稿元:ブクログ

リイたちのすごさは相変わらず。今回は短期留学生ダグラスに対する執拗な攻撃をかわす。
ダグラス自身は機密事項を知ったことに気づいていない。偶発的な死として処理しようとする蜃気楼と荒事専門の不死鳥部隊を投入しても、リイたちの守りがあるので、当たり前だが、歯が立たない。事件は明るみに出て結果的にダグラスの身は安全となった。

お約束のリイたちのすごさが、訓練を積んだ部隊の前でも圧倒的すぎるので、あの手この手で責められても読者としては全然どきどきできないのが残念。


作成日時 2007年07月31日 02:11