サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

経団連 落日の財界総本山(新潮新書)
経団連 落日の財界総本山(新潮新書) 経団連 落日の財界総本山(新潮新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/16
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮新書
  • サイズ:18cm/223p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-610570-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

経団連 落日の財界総本山 (新潮新書)

著者 安西 巧 (著)

新興企業はそっぽを向き、中核の老舗企業群も余裕を失う中、財界総本山・経団連に明日はあるのか。歴代トップの足跡をたどりながら、経団連ひいては財界というものの存在意義を問い直...

もっと見る

経団連 落日の財界総本山 (新潮新書)

778(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

経団連―落日の財界総本山―(新潮新書)

648(税込)

経団連―落日の財界総本山―(新潮新書)

ポイント :6pt / 紙の本より130おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

新興企業はそっぽを向き、中核の老舗企業群も余裕を失う中、財界総本山・経団連に明日はあるのか。歴代トップの足跡をたどりながら、経団連ひいては財界というものの存在意義を問い直す。【「TRC MARC」の商品解説】

新会長選出で、財界は変われるか。会長に2代続けて副会長OBが起用された経団連。新興企業はそっぽを向き、中核の老舗企業群も余裕を失う中、財界総本山に明日はあるのか。一線の経済記者が肉薄。【商品解説】

著者紹介

安西 巧

略歴
〈安西巧〉1959年福岡県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。日本経済新聞編集委員。主に企業取材の第一線で活躍している。著書に「さらば国策産業」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/09/26 17:57

投稿元:ブクログ

一億総中流 経団連の不文律 世話人会 新経済連盟 金丸事件 ゼネコン汚職 ハリー・パークス「日本には商工業者の団体さえない」  

2014/06/18 14:06

投稿元:ブクログ

○日本経済新聞編集委員の安西氏の著作。
○日本経済界のドンとして君臨する歴代の経団連会長の歴史を中心に、経団連が果たしてきた意義と今後の役割などについて分析したもの。
○経団連会長=財界総理と呼ばれたのも今は昔、これほどまでに役割や扱いが変わってきているのだなぁと、素直に勉強になった。オールドエコノミーの集団というのは、まさにそのとおり。会長の条件に製造業出身としているのは、まさに重厚長大のオールド企業の象徴のようだ。
○安倍政権との関係性はもちろんだが、企業集団としての経団連の役割を根本から見直す良い契機だと思う。

2014/11/04 20:57

投稿元:ブクログ

【仕事】経団連: 落日の財界総本山/安西巧/20141103(80/254)
◆きっかけ
・日経広告。仕事上、経団連会館に行くこともあり、また当社も多額の寄付をしていることから関心あり。

◆感想
・副題に「落日の財界総本山」とあるように、財界という言葉自体がもはや死語になりつつある感がある。かつては有力企業を中心に護送船団方式で上手くいってたが、①敵(=労働組合)がいなくなった、②企業の利害が錯綜(液晶TV)、③新興企業はそっぽむき、中核の老舗企業は余裕がない、④人材の枯渇化等々、今後あるのか疑問。
・政界と財界を太く繋いでいた昔はすごかったのだろうなと。
・経団連の会長の歴史的変遷は分かるが、現代の経団連の状況については描写が少ない。

◆引用
・財界は敵を失った。労働界がストライキによる闘争に訴えることはめったになくなった。企業と協調的な労働組合の増加で、財界の緊張感は緩み、賃金や労働時間の長さが外国との経済摩擦の火種になることから敬遠され始めた。トップ人選が難航するようになったことも求心力低下の原因。
・グローバル化が進み、事業拠点の海外移転を加速させていいる時代に、財界団体の名の下に各社の利害を調整して意思統一する試み自体、もはや無理。利害が錯綜している。事業活動が国や業界を超えて、ボーダーレス化進めば、企業の価値観が分裂・多様化するのは避けられない。例)TVメーカは韓国台湾の脅威を強く訴える一方、住友化学、クラレ、日東電工など素材メーカは韓台を相手に液晶パネル関連で利益を稼いでいる構図。
・組織の求心力を高めるには人事が有効。支持率低下になやむ政権が内閣改造をするのは、それが忠誠心を引き出す常套手段故。
・時の政府と対話ができない経団連は要らない。
・経済界の代表というより、オールドエコノミーの集まり。
・政治献金は、政府与党に見返りを求めれば贈賄 になり、見返りを求めなければ経営者として背任行為にあたる。というジレンマがつきまとう。
・経団連は従来の財界団体ではなく、シンクタンクとして生きる道を探るべき?民僚?しかし、コンサルで十分 。
・戦前の財界:商法会議所は明治政府が設立を催促。戦後はGHQ。
・経団連会長に期待されるのは、政界への影響力。
・サロンではない、履歴団体の性格を強くすべき。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む