サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 小説図書館の主 塔の下のライブラリアン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

小説図書館の主 塔の下のライブラリアン

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/20
  • 出版社: 朝日新聞出版
  • サイズ:19cm/237p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-02-251169-0
  • 国内送料無料

紙の本

小説図書館の主 塔の下のライブラリアン

著者 篠原 ウミハル (原作・イラスト),真堂 樹 (著)

とある冬の日、タチアオイ図書館でいつものように和む皆のところに、黒服姿の小手川オーナーが姿をあらわした。宮本は彼女から、図書館がいまの場所に建てられたいきさつを聞くことに...

もっと見る

小説図書館の主 塔の下のライブラリアン

1,080(税込)

ポイント :10pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

とある冬の日、タチアオイ図書館でいつものように和む皆のところに、黒服姿の小手川オーナーが姿をあらわした。宮本は彼女から、図書館がいまの場所に建てられたいきさつを聞くことになる―オリジナルストーリーで明かされる、「タチアオイ児童図書館」設立秘話―無愛想だけど、一流の青年司書ととっておきの一冊。【「BOOK」データベースの商品解説】

無愛想だが仕事は一流の、私設「タチアオイ児童図書館」の名物司書・御子柴のもとへ癒やしの一冊を求める人々が訪れる…。オリジナルストーリーで明かされる、「タチアオイ児童図書館」設立秘話。漫画「図書館の主」の小説化。【「TRC MARC」の商品解説】

【文学/日本文学小説】書店員さん絶賛の人気コミック『図書館の主』が遂に小説化!!小説を担当するのは、『四龍島シリーズ』の真堂樹。無愛想だが仕事は一流の、私設「タチアオイ児童図書館」の名物司書・ご御子柴のもとへ癒しの一冊を求める人々が訪れる……。【商品解説】

収録作品一覧

塔の下のライブラリアン 9−94
司書が水着に着替えたら 95−123
さるかにさくせん 125−229

著者紹介

篠原 ウミハル

略歴
〈真堂樹〉図書館司書として働く傍ら、「春王冥府」でコバルト・ノベル大賞を受賞。コバルト文庫より「龍は微睡む」でデビュー。作品に四龍島シリーズ、猫人夜警隊シリーズなど。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価3.7

評価内訳

2014/09/02 14:25

投稿元:ブクログ

2014.09.02
最初の話だけ読み終わりました。
図書館ができる前のお話。
-------------------
2014.09.04
2話読了。
まさかのオチに思わず笑ってしまった。
-------------------
2014.09.16
読了。
さるかに、面白かったです。
私は集中力が無くて本を一気に読めないのですが、今日は久しぶりに読書に集中していました。
漫画とは違う魅力があって、とても良かったです。

2015/07/13 18:16

投稿元:ブクログ

2015.7.13
次は原作漫画を読みたいな。
児童図書館に若い男性司書(キノコみたいな風貌)って結構気になります。
ノベライズから入ると、原作漫画はどんな感じになるのかも楽しみ

2014/07/22 14:40

投稿元:ブクログ

3つの短編で構成されているんだけど、最後のお話は、いい話のはずなのに、2人組の少年たちの登場により、完全にギャグになってしまっている。

2014/06/29 01:07

投稿元:ブクログ

御子柴理想だわーと言ったら驚かれたのを思い出した。
ちがわい!理想の男性ではなく、理想の司書!
児童書に詳しくて子供にぶっきらぼうだけど好かれる←ココ。
現在似ているのは髪型と眼鏡だけ。しょぼん。
漫画は手放したので、小説で読めてシヤワセ。
また出して欲しい。

2014/08/26 22:44

投稿元:ブクログ

図書館を作るまで、作った後、常連さん達な短編集。

元ネタは漫画のようです。
そちらを読んだ方がさらに面白い?
1巻だけ読んだ事がありますが、それだけでも
どういう人間関係なのかはよく分かります。
これだけでも大丈夫ですがw

しかし私立図書館を建てた土地の持ち主が
戦った事がある相手とは…案外やりにくい?
そこが欲しいというのに、この態度。
確かにそうとは見えないw
下手に出ていたら、それはそれで偽物かと。

短い2話目は…何だかお腹がすくような内容。
食べ物がひょいひょい出てきます。
時間帯を考えて読まなければいけない状態です。
結論としては、料理がうまいのはよい事です?w
自尊心、そんなものはどうでいいのです。
美味しい料理の前には…!!

そして最後…一応犯罪もの?
最初に出てきた事件がフラグかと思いきや
ひっかけ…ひっかけ?
酒は呑んでも呑まれるな。
確実に、そんな最後w

2016/07/15 22:06

投稿元:ブクログ

町はずれの小さな公園の中に、ひっそりと佇む建物。欧米風のレトロな建物は、古びてはいるが傷んでいる様子はない。
未知なる世界への入り口『タチアオイ児童図書館』。
篠原ウミハルの漫画を原作とした、私設図書館の偏屈司書と、ここに惹かれた人達の心暖まる物語。


図書館とか本屋さんとかが舞台になっている本に、ついつい手が伸びてしまうんだよね。
読んだ事がある本が出てくれば嬉しいし、知らない本に興味が湧くこともある。なにより、本好きな人に会えるのが楽しい。
良いなあ、私設図書館。司書さんとか図書室の先生とかに憧れてた身としては、非常に羨ましいぞ。
私も『御子柴』のように、ポンポンとお勧めの本を選び出せるだけの知識が欲しい。そんでもって、読み終わったら、どんなことでもいいから話をしたい。きっとその方が、読書感想文なんぞを書かせるよりも、本を読む楽しさを感じてもらえると思うから。
あ、感想は、可もなく不可もなく。導入本としては丁度いいかも。

2014/05/30 16:26

投稿元:ブクログ

3つの中編より。コミックの世界がそのままノベライズされていて、いつも楽しんでいる雰囲気で楽しむことができました。
普段のコミックよりも、児童書や絵本の登場冊数が多く、またあらすじまで詳しく触れてるような気がします。ノベライズ作家さんの考えで、全く違和感はないのですが、このコミックの素となるタチアオイ児童図書館の成り立ちは、コミックの原作者のものを読みたかったと思います。しかも...出てくる司書さんのマナーを疑ってしまった。そして、2編目の蔵書点検を水着ではさすがにないでしょと笑ってしまいました。

2014/09/08 15:17

投稿元:ブクログ

コミック版の前日譚、番外編的な一冊。
こちらからコミック版へ行く人はいるのかな?
楽しめましたが、コミック版ありきの話ですね。

2014/07/16 14:14

投稿元:ブクログ

コミックの世界を補充するかのようなノベライズ。
タチアオイ図書館のなりたちは興味深かったが、コミックの出来が良い分、こっちはウスいなぁと感じてしまう。

2014/12/25 09:49

投稿元:ブクログ

眠っている時の様に心地よい呼吸ができる場所だな。
…と、感じる最高の瞬間がある。
人によって
その場所はそれぞれ異なるものの
(もうここ以外に自分の生きる場所はない。)
と、強く信じた者だけが
その場所での『主』になる。

今日も、本が大好きで
『タイアオイ児童図書館』の扉を叩く人はたくさんやってくる。
いつも無愛想で変なヘアスタイルをしているが、
『主』が今日も、(あ、いるいる♪)
カウンターにいる。
読み聞かせをしている。
本の整理をしている。

その姿を見ると、不思議な安堵感がある。
ぎっしり本棚に並んだこの本の全てを知り尽くしている
<主>が此処を守る騎士な活躍は、
BGMにもなっている名作の盛り上がりも相俟って、
とても楽しかった。


   

2015/12/15 10:03

投稿元:ブクログ

好きな漫画のノベライズ。物語そのものは、原作を知らなくても楽しめ、知っているとより楽しい、という方向なのだが、キャラの紹介や物語の前提の説明が、原作未読者に優しくなかったのが残念。紙数がないのかもしれないが、そこがきちんしていれば小説単体としての完成度として高まっていただろうに、と思うと惜しい。とはいえ、小説ならではの描かれかた、特に書き込まれた児童書の変遷は面白く、昔話や絵本にも色んな歴史があり今がある、と知れる。いつか有名作の読み比べをしたいと思えた。

2016/11/13 21:00

投稿元:ブクログ

第1話じーんとした。
本が大好きだから、わたしもこんな図書館が近くにあったらよかったなぁと思った。
みんなの憩いの場になれる場所、
笑顔とぬくもりが溢れる場所。
藍ちゃんも将来あそこで読んでいるんだろうか。

2014/09/16 09:47

投稿元:ブクログ

タチアオイ児童図書館のお話。
ちょっと無愛想だけど、御子柴のような司書に憧れる。
児童室に来ていた子供たちを思い出す。
また司書の仕事、したいな。

2014/05/01 08:40

投稿元:ブクログ

真堂樹による漫画『図書館の主』のノベライズ。

第1話「塔の下のライブラリアン」
・『英雄ペルセウスの冒険』
・『ピーターラビットの冒険』(ビアトリクス・ポター)
・『ライオンと魔女』(C・S・ルイス)
・『ラプンツェル』
・『白雪姫』
・『かぐや姫』
・『バベルの図書館』(ボルヘス)
・『シンデレラ』
第2話「司書が水着に着替えたら」
第3話「さるかにさくせん」
・『シャーロック・ホームズ』(コナン・ドイル)
・『さるかにがっせん』
・『三びきのやぎのがらがらどん』
・『ジオジオのかんむり』(岸田衿子、中谷千代子)
・『おしゃべりなたまごやき』(寺村輝夫、長新太)
・『かいじゅうたちのいるところ』(センダック)
・『ちいさいおうち』(バージニア・リー・バートン)
・『まちのねずみといなかのねずみ』
・『いないいないばあ』(松谷みよ子)
・『ちいさなうさこちゃん』(ブルーナ)

2015/02/26 16:42

投稿元:ブクログ

マンガから入って読んだけど、変わらない感じ。
でも、まぁ、面白いかな。
あまり頭にフィットしていないのがわかった。